スポンサーリンク

縮毛矯正とカラーは同時にok?おすすめな順番や間隔をプロが教えます。

スポンサーリンク



くせ毛をおさえる縮毛矯正、カラーの幅が広がるブリーチ、

どっちもやりたい!という方はたくさんいると思います!


ですが、どっちも痛むイメージのある施術ですよね。


お客様から、
「どのぐらいのどのぐらいの期間を空ければ出来ますか?」との質問をよくいただきます。


みなさんが思っているその疑問にお答えします!


スポンサーリンク

縮毛矯正とカラーは一緒にできるの?正しい知識をつけましょう!



先に言っておきますと、

縮毛矯正とカラーはどっちかにしておくことをおススメします。


やろうと思えばできるにはできますが、やめた方がいいという事です!


髪の毛は一度痛むと元には戻りません。


髪のダメージとは、カラーやパーマ、縮毛矯正などのケミカルダメージが原因で、

無数の穴が開くことを指します。


この穴から髪の毛の主成分がどんどん流れてしまうことで、

パサつきになったり枝毛、切れ毛になります。


成分が流れるということはもう元には戻らないということです(><)


穴も自然に埋まるものではありません!


髪の毛には血が通っていないので、指の傷が自然と治るような自然治癒力はないのです。


どれだけ期間を空けようと、そのダメージは変わりません(´・ ・`)


特に縮毛矯正とカラーは痛ませる原因トップ2でもあります!


どちらもかなり髪にダメージを与えてしまうので、

縮毛矯正かカラーのどちらかにすることをおすすめします!


「でもトリートメントしっかりやってるけど…?」

という意見もよく聞きます。


トリートメントは確かに髪の毛の補修になりますが、

人工的なものを一時的に入れているに過ぎません!


そのうち流れてしまいます。

トリートメントした方がいいにはいいですが、根本の解決とはまた別です(><)


綺麗な髪を保ちたいのであれば、やめておきましょう!


縮毛矯正の後のパーマはどうなのか?期間を空ければ大丈夫?



カラーがダメならパーマは?と思う方もいると思います!


縮毛矯正の後のパーマは、結果から言うとカラーほど止めたりはしません(^^)


縮毛矯正によって熱処理がされている髪は同じ熱によって、

パーマをかけるデジタルパーマがおすすめです!


普通のパーマだとあまりしっかりかからなかったり、

かかってもすぐに落ちたりしてしまうと思います。


デジタルパーマだとしっかりかかってくれますし、もちもいいのでおススメです!


ですが、少しパサつきは出ると思いますので、ケアはしっかりと行ってくださいね♪


どれだけ期間を空けても、先ほど言った通りダメージは変わりません。


なので同時に施術しても大丈夫です!


ストデジやストカールといった、

縮毛矯正とパーマを一緒にやるメニューを出しているお店もあるぐらいです。


時間はすごくかかってしまいますが、

くせもおさまりつつ毛先には動きを出せるのおススメです♪


何をやるにしてもヘアケアはしっかりと!


ヘアケアで一番大事なのは実はシャンプーです!


サロンシャンプーのようにいいシャンプーはダメージケアをしっかりしてくれます!


髪質や、髪のダメージ具合いなどでピッタリのシャンプーは変わってきます。


ぜひ信頼できる美容師さんに相談して見てください!


きっといいシャンプーを紹介してくれますよ(^^♪


まとめ



今や多くの方がしている縮毛矯正。

かなりダメージに繋がりやすい施術だけに、組み合わせには注意が必要です(><)


しっかり髪のことを分かっている美容師さんなら、

止めたり忠告をしてくれるはずです。


自分のやりたい!だけを優先せずに、ちょっと耳を傾けてみてくださいね♪


現状では難しくても、

これからどんどん薬が良くなって施術によるダメージが減ると思います!

そうしたら縮毛矯正とカラーも一緒にできる日が来るかも知れないですね(^^)



コメント

タイトルとURLをコピーしました