スポンサーリンク

縮毛矯正の失敗例!これでチリチリうねりを改善しよう!?

スポンサーリンク
縮毛矯正
スポンサーリンク



実は縮毛矯正はすごく難しい技術です。


その為、
まれに失敗されちゃった、ということもあります(><)


切れ毛だったりチリチリうねりになったりと様々です。


縮毛矯正を失敗すると髪の毛はどうなるのか?


解説していきます!


スポンサーリンク

縮毛矯正の失敗なのか?!チリチリうねりがまだ残っているような気がする…



縮毛矯正の失敗はいろいろな原因があります。


切れ毛やジリジリになる場合は、過剰なダメージが原因です(´・ ・`)


最初の薬が強すぎたり、薬が流しきれず残っていたり、

過度にアイロンの熱が加わったりです。


元々の髪の毛の状態も良くないと失敗に繋がってしまいます。


なるべく普段から出来るケアを心がけましょう!


失敗しないために、前回の縮毛矯正はいつなのか、カラーの履歴などなと、

細かく伝えるのも大事ですよ♪


基本的に髪の毛は一度傷んでしまうと元には戻りません!


髪のダメージとは、ダメージホールと呼ばれる穴が空いてしまい、

そこから中の成分が流れることで起こります。


特に縮毛矯正は最初につける薬で髪の毛を軟らかい状態にしてしまいます。


これを「軟化(なんか)」と呼びますが、この状態の髪は非常にデリケートな状態です。


でもこの軟化が縮毛矯正では重要と言われています!


軟化がしっかりしていないとくせが伸びきらなくなってしまいます(><)


そのデリケートな状態の髪に200度近い温度のアイロンで力を入れてくせを伸ばしていきます!


とーーーっても傷みそうですよね(^^;


薬剤、熱、摩擦といった代表的なダメージの原因が3つも揃っているのでダメージしやすい施術なんです!


なので、あまりこまめにやり過ぎないようにしてください!


続いての失敗はうねりが残っている場合です。


くせが強かったり、髪の毛が丈夫な方だとなかなか薬が効かずに、

チリチリうねりが残ることがあります(><)


薬の強さが弱かったり、アイロンの熱入れが甘かったりが原因です。


ですがこの場合、

たいていの美容室ではやり直しをしてくれるはずですので問い合わせてみてください♪


これも縮毛矯正の失敗になるのか…?くせは伸びたけどぺったりでボリュームがない!




くせが伸びないのも嫌ですが、逆の場合も実はあります。


ボリュームがなくなりすぎてぺったりしてしまう失敗です。


縮毛矯正はくせを伸ばすのと同時にボリュームも落ち着かせてくれるのがいいところです♪


ですが、薬の効き具合やアイロンの入れ方などでぺったんこになってしまうこともあります(><)


毛先も真っ直ぐで針金みたいな仕上がりになります…

真っ直ぐ具合が気になる方は毛先をコテで少し巻いてあげると自然になりますよ(^^♪


全体をもう少し自然な感じで縮毛矯正したい方は、

美容師さんに相談すれば改善してくれると思います!


また、最近はダメージも少なく自然な感じでくせを伸ばせる、

最新の縮毛矯正剤も出てきています!


ほとんどのお店が「ノンアルカリ縮毛矯正」というような名前で打ち出していると思うので、

探してみてください♪


今までの縮毛矯正剤とは全然違うのでとってもおすすめです!


きっとノンアルカリ以外では出来なくなると思いますよ(^^)


まとめ

くせのある方からしたら縮毛矯正をやらないなんて考えられないですよね(^^;


なるべく縮毛矯正を続けていけるように、ヘアケアを心がけましょう!


アミノ酸系のシャンプーなど、ダメージケアをしてくれるシャンプーを使う。


髪を濡れたまま放置せず、すぐに乾かす。


セルフカラーはしない。


摩擦を軽減するために流さないトリートメントをつける。


などなど、自分でも出来るヘアケアは実はたくさんあります!


出来るケアをしっかりして、やりたい施術を出来るようにしましょう♪

縮毛矯正
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。

コメント

タイトルとURLをコピーしました