スポンサーリンク

爪がでこぼこ!ネイルで綺麗にならない!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

爪がでこぼこで、ネイルできない! その原因とは?

内的要因


爪の下には、細い毛細血管が集まっています。


そこは、心臓から流れる血液の折り返し地点なのです。

折り返し地点で、血液の流れが滞ります。


すると、栄養や老廃物の運搬がスムーズにできなくなります。

必要な栄養分が、運ばれなくなり、爪がでこぼこになるのです。


外的要因


日常的生活での指先の酷使・指先の乾燥。


その結果、爪の健康状態が悪くなり、爪がでこぼこになるのです。


病気


内的要因・外的要因以外として挙げられるのは、病気です。


そこで、爪がでこぼこになる代表的な病気を紹介します。


乾癬(かんせん)

症状として、爪に点状の凹みができます。


そして、でこぼこになります。

発症の原因として、遺伝的要因。


不規則な生活・食事・ストレス・感染症の影響。



カンジダ性慢性爪郭炎(そうかくえん)

爪の根本と皮膚の隙間に、カビの一種「カンジダ」が侵入して起こります。

「カンジダ」は、湿気を好むため、水仕事の多い人がかかりやすいです。


爪の根本に隙間ができたら、保湿をして絆創膏を張りましょう。

※早めに、皮膚科での受診をお勧めします。



爪下腫瘍(そうかしゅよう)

爪の根本に膨らんだ青い変色ができます。


その影響で、爪がでこぼこになります。

膨らみを押さえると、爪から腕が激しく痛み。


冷水をかけると、さらに、痛みが激しくなります。

治療法として、手術での腫瘍の摘出です。

そのため、早めに皮膚科での受診をお勧めします。

次に、爪がでこぼこしている時のネイルのやり方を紹介します。



スポンサーリンク

爪がでこぼこしている時のネイルのコツとは?

ジェットネイルとは?


ゲル状の樹脂を硬化させて形成するネイル。


ネイルを塗った後、ライトで照射して硬化させます。

ジェルネイルは、透明度が高く見た目が美しいです。


さらに、発色が良いので、綺麗に仕上がります。

※固まる前のジェルは、凹凸がなくなるようにいきわたります。


そのため、様子を見ながらジェルを足してください。


スポンジファイルで削る


スポンジファイルでサンディングして、大きなでこぼこを平たくします。


でこぼこを少しでも減らして、ジェルで滑らかにしやすくしてください。

この時、削りすぎると、爪が薄くなってしまいます。


爪の薄い方は、特に注意してください。



ベースジェルを二度塗りする。


ジェルの土台を滑らかにするため、ベースジェルを二度塗り。


爪のでこぼこで凹んでいる部分は、ジェルで埋めてください。


ベースジェルを塗った後、横からチェックをする。


ベースジェルを塗った後、爪を横から見てください。


爪のでこぼこが、埋められているかのチェックです。


でこぼこが埋まっていたら、直ぐにライトで硬化してください。

セルフレベリングを待つと爪の形に沿って、またでこぼこになります。

※ライトに入れるタイミングは、非常に重要なのです。


でこぼこをデザインで目立たなくするコツ。


でこぼこが目立たなくデザインとして、ラメのグラデーションがあります。

ラメのキラキラ。


色彩の変化。


これで、多少の凹みなら目立たなくなります。

その他の方法。


指ごとに、違うデザインにして、目立たなくする。


自爪のような色彩やマットな仕上がりのジェルを使う。


次に、でこぼこした爪のケア3選を紹介します。

爪がでこぼこで、ネイルできない! そんな爪のケア3選

保湿


キューティクルオイル」での爪の保湿ケアをおすすめします。


ネイリストの方も、保湿ケアに「キューティクルオイル」を使っていますよ。

「キューティクルオイル」は、甘皮部分を保湿できます。


その結果、爪母を健康にして、爪のでこぼこがケアできるのです。

「キューティクルオイル」を爪に塗った後。


軽くマッサージをしてください。

その結果、血行が良くなり、栄養も浸透します。



栄養管理


栄養不足が原因で、爪がでこぼこになることもあります。


必要な栄養素は、たんぱく質・ビタミンA・B2・E・鉄です。


この5つの栄養素について紹介します。

たんぱく質

爪の主成分は、たんぱく質の一種で、「ケラチン」。


ケラチンは、18種類のアミノ酸から構成しています。


バランス良くさまざまな食品からたんぱく質を摂ってください。

肉類・魚介類・卵・大豆・乳製品に多く含まれています。

ビタミンA

ビタミンAは、爪を作る時に必要な栄養素「メチオニン」を含んでいます。

モロヘイヤ・ニンジン・ほうれん草・パセリ等に多く含まれる。


ビタミンB2

ビタミンB2が不足することで、皮膚や粘膜に炎症が起こりやすくなります。


その結果、爪が割れやすくなるのです。

レバー・卵・豆類・乳製品・葉菜類などに、多く含まれます。


ビタミンE

ビタミンEの抗酸化作用で、血行が良くなります。


つまり、潤いのある爪を作るために、欠かせない栄養素。

ナッツ類・魚介類・胡麻等に多く含まれます。

※ナッツ類には、「メチオニン」も多く含まれます。



爪の表面がでこぼこになる原因の一つに、鉄分不足があります。


また、貧血による症状でも、爪がでこぼこになるのです。

肉類・魚介類・豆類・海藻類に多く含まれます。


生活習慣


爪は、健康のバロメーターと言われています。


爪のでこぼこを改善するための生活習慣ケアを紹介します。

ストレス

爪はストレスと深く関係しているのです。

日常生活で、ストレスを感じない人はいません。


軽い運動やショッピングで、ストレスの解消をしましょう。

上手にガス抜きをして、ストレスを和らげてください。



 
水回りの家事

食器洗いなどの水回りの家事。


素手で行うと、指や爪の乾燥に繋がります。


さらに、お湯を使うと、肌も爪も乾燥します。

水回りの家事をする時は、ゴム手袋を使用してください。


睡眠

爪は寝ている間に作られます。


睡眠不足や質の悪い睡眠は、でこぼこな爪の原因。

生活リズムを整え、同じ時間に睡眠時間を取ってください。

※睡眠の質を上げるコツとして、就寝3時間前には、食事を済ませることです。

爪のでこぼこが、ジェルネイルで改善したという動画があります。


参考になると思うので、良かったらご覧になってください。

https://youtu.be/wYpqgsTKnA0

爪がでこぼこで、ネイルできない~まとめ

でこぼこな爪へのネイルのやり方を紹介しました。


ジェットネイルを使うなど、さまざまなやり方あります。

上手にネイルをできない場合は、ネイリストに相談してもいいです。

綺麗にネイルをするやり方は、たくさんありますよ。

あきらめないで、自分なりのやり方を見つけてください!




スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました