スポンサーリンク

睡眠時間の理想は?20代の理想睡眠時間! 良質な睡眠方法5選

スポンサーリンク
健康-育児
スポンサーリンク

20代って、仕事やプライベートが忙しく、時間が足りないです。

睡眠時間もとれないので、日中も眠かったりします。


そして、仕事の疲れがなかなか取れなくて、大変です。


どれだけ睡眠時間を取れば、疲れが取れるの?


短時間でも疲れが取れる、良質な睡眠の方法とは?


その2点を、中心にまとめてみました。

理想的な睡眠時間と良質な睡眠方法。


この2点で、日中を快適に過ごせるようになります。



最初に、20代にとっての理想的な睡眠時間と睡眠について紹介します。


スポンサーリンク

睡眠時間、理想的な20代にとっての睡眠とは?

20代の理想的な睡眠時間と睡眠について。


20代の平均的な睡眠時間

20~24歳 7.57時間。


25~29歳 7.44時間。



睡眠時間の特徴として、睡眠時間の減少傾向にあります。

※20代の理想睡眠時間は、8時間と言われています。

睡眠時間的には、少し足りないみたいですね。

ちなみに、年代別、睡眠時間を紹介します。

年を重ねるほど、睡眠時間が少なくても大丈夫みたいですね。

・睡眠の健康効果


では、睡眠がどんな健康効果を、身体に与えるのか?


健康効果について、紹介します。


ただ、しっかりと睡眠状態にならないと、上記のことは起こりません。


ただ、横になっているだけでは、睡眠効果が得られないです。

睡眠には、質の良い睡眠をとることで、心身が、休息されるのです。


良質な睡眠をとるには、どんなやり方があるのか?

それでは、次に良質な睡眠をとる方法を紹介します。


睡眠時間の理想。20代の良質な睡眠時間をとる方法5選。

スマホは、寝る一時間前にやめる。


20代によく見られる睡眠効果を下げる行動。


それは、寝る直前まで、スマホを見ることです。

スマホなどの電子機器からは、ブルーライトと言う青い光が出ています。


人は、この青い光を見ると、「昼間だ」と脳が錯覚をします。



その結果、睡眠ホルモン【メラトニン】が、減少していきます。


そして、睡眠効果が下がり、質の悪い睡眠になります。

眠れないからとスマホを見るとますます眠れなくなります。


特に、暗い寝室では、瞳孔が開くので、ブルーライトが目に入ります。

スマホの使用は、寝る一時間前にやめること。


それが、睡眠効果を上げるポイントです。

アルコールは、寝る3時間前にやめる。


アルコールを飲むと寝つきが良くなります。


しかし、体内でアルコールが分解されると、覚醒効果が起こります。

夜には、トイレに行かないように、ホルモンが働きます。


それが、アルコールの働きで阻害され、何回もトイレに行きます。

覚醒と利尿作用により、睡眠が分担されます。


その結果、睡眠効果を下げてしまうのです。

アルコールを飲むのなら、寝る3時間前までにしましょう。

この量なら、3時間でアルコールを分解できます。


そのため、睡眠効果を下げることが、少なくなります。



起きたら朝日を浴びる。


起きたらすぐに朝日を浴びることも睡眠の質に影響します。

太陽の光には、体内時計を調整する力があります。


起きてから太陽光を浴びると、体内時計がリセットされ、朝だと認識します。

その後、軽い散歩をすると心拍数も血圧も上がります。


そして、スッキリと目覚めます。

太陽光を浴びると15時間後に、睡眠ホルモンが分泌されます。

つまり、朝7時に朝日を浴びます。


すると、夜の10時には、睡眠ホルモンが分泌されます。

夜10時になると、自然と眠ることできます。


もちろん、睡眠効果もあがるのです。


食事は、寝る3時間前に済ませる。


食事をした後は、眠くなることは、よくあります。


しかし、胃腸は、食べ物の消化をするため、働いています。


胃腸が、働いている間は、睡眠効果を下がっています。

食後に、3時間位を開けて、消化させましょう。

お腹が空いて眠れない時、下記のものがいいです。


うどん等の消化の良い食べ物。


果物を少しだけ、食べる。


カフェインの入っていないハーブティー。


ホットミルク等の温かいもの。


ホットミルクに入っているカルシウム。


気持ちを落ち着かせる効果。


睡眠時間をコントロールする効果


この2つの効果があるので、おすすめです。

自分に合った寝具を選ぶ。


睡眠効果を上げる上で、寝心地は、重要です。

自分に合わない寝具を使うこと。


身体への負担が大きくなる。


睡眠の効果が下がる。


肩や首、腰などが痛くなる。


さまざまな悪影響があり、睡眠効果も下がります。

寝具は、吸湿性・法湿性の良いもの。


体形に合ったものを選ぶことです。

店頭で敷布団を、使って試してみる。


または、従業員に聞いてみてください。


科学的な睡眠改善方法【睡眠の質を高める】


と言う動画を用意しました。


睡眠の方法を、分かりやすく説明している動画です。


参考になるので、興味のある方は、ご覧になってください。



https://youtu.be/2itynMRCT6U


睡眠時間の理想 20代~まとめ。

20代の睡眠時間の理想。


睡眠の質の上げる方法。


この2点をまとめてみました。



理想的な睡眠時間は、8時間ですが、睡眠の質も大事。


睡眠の質を上げることで、身体が、しっかりと休まります。

日中、眠くなったりすると、仕事に悪影響を及ぼします。


睡眠不足と仕事のミスは、比例します。

睡眠時間と睡眠の質には、気を付けてください。



そして、スッキリした身体で、快適な生活をしましょう。
 

健康-育児睡眠時間
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました