スポンサーリンク

声帯ポリープの症状チェック方法!咳や痛みが続いたら手術!費用は?

スポンサーリンク

のどの調子が悪い時、ただの風邪が長引いているだけと思いきや、

病気が潜んでいるかも。

声帯ポリープもそのひとつです!

声が出しにくかったり枯れたりしているようなら可能性があります。

声帯ポリープとは一体どんな病気なのか?

どんな症状があるのか?

どんな人がなりやすいのか?

治療方法は?

自然治癒はするの?

声帯ポリープに関する疑問にお答えします!


スポンサーリンク

【声帯ポリープが出来る原因とは?咳のしすぎでもなるって本当?】

まず、声帯ポリープとはどんな病気なのか、そこから解説していきます!

声の出しすぎや咳が長く残ることが原因で声帯に炎症が起こります。

その結果、声帯の縁に小さいコブが出来てしまいます。

これが声帯ポリープです!

症状は初期の段階では、喉の奥の違和感として現れます。

奥に何か詰まっているような感じや、イガイガする感じがあります。

症状が進んでくると、声が出しにくくなりかすれ声になっていきます。

ポリープが大きくなると、呼吸困難になる可能性もあります。

のどをよく使う仕事をしている人に多く発症します。

例えば、教師や歌手、政治家などです。

接客業の方ももしかしたらなりやすいかもしれないですね。

趣味がスポーツ観戦やカラオケなどの方も、

のどをよく使っていることになるので注意が必要です!(><)

声帯ポリープを発症した場合は、まず声を出さずに安静にしていることが求められます!

のどを使わないようにすれば自然と治るかもしれないですね(^^♪

発症したばかりの場合は、病院でも「保存療法」と言って、

声を出さず声帯への刺激を減らす治療をします。

同時に炎症を抑える薬なども服用します!

それでも治らない場合は、手術で取り除きます。

全身麻酔での手術のようですが、のどを切る必要はないです(^^)

声帯ポリープのざっくりとした説明をしてきました!

今度は治療方法についても詳しくみていきましょう!


【声帯ポリープの切除手術をするとしたら費用はどれくらい?入院は必要なの?】

では、声帯ポリープを治療する際の手術について詳しくお話していきます!

手術となると、かなり大掛かりで費用も時間もかかるイメージですよね。

ポリープ切除の手術の場合の費用は病院にもよるとは思いますが、7万円〜8万円です!

入院期間はだいたいは約1週間のですが、早いところでは1泊2日での治療も可能です。

ですか、手術後は約5日間は声帯を使わないよう沈黙期間を設けます。

この時に声を出して声帯を使ってしまうと、

また炎症を起こし以前より悪化してしまうこともあります。

入院期間が短い病院でも同じです。

自宅に帰ってから患者さん自身に気をつけて生活をしてもらうことで、

入院期間を短くしています。

この沈黙期間がとにかく重要のなので、必ず守ってください!

全身麻酔での手術となると、少し不安を覚えるとは思います。

ですが、
手術自体はそんなに難しい手術ではなく失敗はほとんどないようなので

安心してください(^^)

また、再発防止のために音声治療も行う病院もあります!

のどに負担のかからない声の出し方などを教えてくれます♪

治したら再発させない事が大事になってきます!

しっかり改善してのどに負担のかからない声の出し方を心掛けましょう(^^♪


【まとめ】

何となく声帯ポリープは知ってはいたけどそこまでは知らなかったという方、

多いのではないですか?

手術をするにしても全身麻酔です(><)

私も接客業をしていてよく声を出しているので、

無理な発声をしないなど気をつけていかないとなと思いました!

みなさんものどの調子が悪い時は声を出しすぎないようにするなど、

気をつけてみてくださいね(^^♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました