スポンサーリンク

つらい声帯結節!治療や手術してでの治し方!手術費用を大公開!

スポンサーリンク

風邪をこじらせると場合によっては声帯結節というものが出来てしまうことがあります。

風邪の終わりはのどの痛みや咳が残りやすいですよね(><)

咳や無理に声を出すことによって声帯が刺激を受け炎症性のコブが出来てしまいます。

これが声帯結節です。

それしっかり治さないと、声帯結節になってしまいますよ!

声帯結節になった場合、声帯を使わないようにすることでほとんどは治ります。

ですが、
仕事の都合上早く治したい場合などは手術で取り除くことも出来ます!

その場合の費用や、手術するにあたってかかる日数、メリットデメリットなどをお伝えします!


スポンサーリンク

【声帯結節の手術について!失敗のリスクなど不安な面も解説します!】

では、声帯結節の手術について、細かくお話していきます。

声帯結節に限らず、

どんな病気でも基本的には手術するにあたって専門医から説明があると思います(^^)

大前提としてそちらの先生の話をよく聞いてくださいね!

声帯結節手術の大きな目的は、結節の切除です。

声帯は非常に敏感な器官のため、

反射反応を起こさないために全身麻酔で手術を行います。

手術自体はそんなに難しいものではないようなので、

失敗することはほとんどないようです!

安心してください(^^)

病院にもよると思いますが、入院は長くて1週間、最短で1泊2日でも可能です!

費用は保健が適用されて約7万〜8万円あたりです。

手術となるともっと高いイメージでした(^^;

手術自体は難しくないと言っても、術後のケアが非常に大事なようです!

のどの手術は内蔵などの手術と違い、傷口を縫うことが出来ないようです(><)

そのため自然に傷が塞がるのを待たなくてはなりません!

術後は約5日間沈黙を守らないといけないようです。

声を出すということは声帯を動かすということですからね(><)

この時に声を出してしまうと炎症がぶり返してしまう可能性もあります。

術後に喫煙や飲酒をしないことも重要なようです!

声帯結節の手術に限らずそりゃそうだって感じですね(笑)

そして再発防止のために、音声治療も欠かせません!

呼吸法や発声法の改善の治療を受けるみたいですよ(^^)

術後のケアをしっかりやれば元のように声も出せるし、

生活も出来るので安心して大丈夫ですよ!

手術をするメリットとしては確実に治せるということですね!

デメリットをあげるのであれば、

術後は声帯を使わないようにしなくてはならない事かなと思います!

通常の安静にして治していく方法よりも費用もかかってしまいますね。


【声帯結節の手術以外の治し方!薬で治す方法もあるの?】

それでもやっぱり手術は避けたいという方もいると思います!

最初はいきなり手術をすすめられるのではなく、

保存療法や薬での治療をやってみるそうです!

保存療法とは、

単純に声を出さないようにして必要以上な刺激を声帯に与えない治療法です。

薬物療法では、消炎酵素剤(酵素の力で炎症を抑える薬)や、

消炎鎮痛剤、ステロイドなどで炎症を抑えます。

漢方薬を使うこともあります!

保存療法や薬物療法では効果が出るのに時間がかかることが多いようです。

数ヶ月経っても効果が出ないという場合もあります。

すんなり治る場合や、なかなか治らず長引いてしまうこともある声帯結節。

なるべくならないように、声帯に負担のかかる発声や大声を出すなどの行為は控えましょう!

咳をし続けるのも負担になるので風邪はきっちり治してくださいね(^^)


【まとめ】

声帯結節の手術についてお話してきました。

やはり手術となると少し大変ですね(><)

5日間は沈黙期間を設けないといけないわけですから結局仕事も出来なさそうですね。

早く治したい場合などは手術をすすめられることもあるようです。

ですが、
私だったら2〜3日お休みをもらって安静に過ごして治す方法をとるかなと思いました!

みなさんそれぞれ都合はあると思うので、お医者さんと相談して自分に合った治療をしてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました