スポンサーリンク

コーヒー豆のドリップは量に拘れ!おすすめ一杯の量はこれだ!

スポンサーリンク
コーヒー
スポンサーリンク

お家で本格的なコーヒーを淹れたことはありますか?

私はまだないですが、興味はあります!

好みのブレンドにしたり好きな濃さで飲めたりと楽しそうですよね♪

どうやらコーヒーにとって大事なのは豆の量のようです!

好みの豆を見つけたらあとは挽いて淹れるだけと思いきや、

量にもこだわるとよりお好みのコーヒーを淹れることができます!(・o・)

そこで今回は適切なコーヒー豆の量をご紹介します!

マグカップでたくさん飲みたい!という方のためにも、

コーヒーカップではなくマグカップで淹れる際の豆の量も一緒にご紹介します(^^)


スポンサーリンク

【美味しいコーヒーを淹れたい!豆の量は一杯あたりどのぐらい?】

まずは豆の量をお伝えする前に、マグカップに一体どのぐらいの量が入るのかをお話します!

通常のコーヒーカップは約120〜130ccです。

そしてマグカップは240〜260ccとほぼ倍近くの量が入ります。

やっぱり大きいです(^^;

たくさん飲みたいという方はマグカップで飲むのがいいですね!

続いて豆の量です。

通常のコーヒーカップの場合は約10gが標準的な量になります。

単純に入る量が倍なので、倍の20gを使ったらいいんじゃ…と普通は思いますよね!

しかしコーヒーはそんな単純なものではないんです!(><)

豆を挽いて粉でドリップしますが、その際粉の量が多いほど、

高く盛られるような感じになりますよね?

そうすると、お湯を注いだ時の粉の層が厚くなるために味が濃くなるんです。

コーヒーの濃さは、お湯とコーヒーの粉が触れている時間の長さで決まるのです!

以上のことをふまえると、

マグカップでコーヒーを飲む場合は、

2グラムほど減らした18gにするとほどよい味わいになります♪

多くの量を淹れる場合は少し少ないぐらいがちょうどいいんです!

コーヒーって奥が深いですね!(・o・)

【自分でコーヒーを淹れる特権!豆の量は気分で変える!】

そんな奥の深いコーヒーですが、やはり豆の量や焙煎の具合で味がかなり変わります!

豆の特徴にもよりますが、

苦味のしっかり効いた深煎りの豆を使用する場合は10gよりやや少なめ、

2gぐらい減らしてもいいかもしれないです(^^)

苦味と酸味がほどよいバランスの中煎りの豆を使う場合は

標準の10gがちょうど良い味が出ます。

苦味が少なく酸味が引き立っていてさっぱりした味わいの浅煎りの豆の場合は、

10gより少し多めでも濃くなり過ぎず美味しく飲めるようです♪

ちなみにコーヒーの香りには、リフレッシュさせてくれる効果があります!

リラックス効果や集中力アップの効果があるため、

仕事を進める手助けをしてくれます(^^♪

確かにコーヒーの香りって何だかホッとするというか心が落ち着く感じがありますよね♪

ちゃんとそういう効果があったんですね!

コーヒーを淹れる作業も、

ひとつひとつ考えてやる作業で香りもあいまって脳がリフレッシュ出来るようです♪

気分転換にとてもいいですね(^O^)

その時の気分に合わせて豆の量や種類、

焙煎具合などを変えて最高のリラックスタイムを自分で作り出せるのがとてもいいですね!

若い時にはなかなか出来ない大人な趣味ですね!(^。^)


【まとめ】

コーヒーは淹れ方や、豆の種類や焙煎具合、挽いた時の粉感、

そして何より飲む人の好みで淹れる時の粉の適量はかなり変わってきます!

こだわる方は抽出の器具にもこだわるようです…!

豆によって香りもまた変わってくるので、まずは好きな味、香りの豆を見つけてみてください♪

その後に好みの量を研究してみてください(^^)

その過程が楽しいですよ!(^O^)

まずは自分の好みを把握してぜひお家で美味しいコーヒーを飲んでください♪

コーヒー
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。

コメント

タイトルとURLをコピーしました