スポンサーリンク

会社をクビに!能力不足の前兆はあったのか?その後の○得情報有!?

スポンサーリンク

突然会社をクビになってしまった!

生活がかかっている仕事ですから、もちろん困りますよね。

会社側、社員の双方が納得しての退職が一番望ましいです!

納得出来ない突然のクビは訴えることが出来るのか?

法的に違法でないとしたらいい結果を収めるための情報をお伝えします!


スポンサーリンク

【突然会社をクビにされた!どのような場合に違法にならずに訴えられるのか?】

会社が従業員を解雇する場合は、必ず何かしらの理由があります。

どのような場合に不当な解雇として訴えを起こせるのか、まず解雇の種類についてみていきます!

労働基準法や、労働契約法に基づく解雇を「普通解雇」といいます。

法に基づく条件や、誰からみても理にかなっている納得出来るの理由での解雇です。

次に、会社にとって不利益になるような行為や犯罪行為、

パワハラなどが原因でさせる解雇が「懲戒(ちょうかい)解雇」です。

懲戒解雇になる場合は、会社に大きな迷惑をかけた時がほとんどなので、

即解雇になる可能性があります。

最後に、会社が経営を続けるために従業員を解雇する事を「整理解雇」といいます。

いわゆるリストラです。

会社が様々な対策をとったけども、

経営が厳しい状況になると最終手段としてリストラが行われます。

これらの3つの理由でのどれかで解雇されたのだとしたら、

法には触れないことが多いです!

では、不当な解雇とはどのような場合があるのか、

いくつか例をあげてみます!

・労働組合に入っていたためにリストラの対象にされた

・経営不振が理由でリストラされたのに役員の報酬はそのままだった

・妊娠したら解雇された

・業務上で発症した病気が理由での解雇

・通院で月に何度か休んだら解雇された

・会社に意見を出したら解雇された

・学歴を理由に解雇された

・外国人であることを理由に解雇された

会社の経営不振が元々の原因だったり、

自身の体調不良や業務中の態度、

能力が理由での解雇が多いようです。

ですが、不当解雇かどうかを判断するのはその状況によるので、

弁護士さんに相談してください!


【不当な解雇で会社を訴えたい!どのような訴えになるのか?勝利するために必要なものとは?!】

では、いざ裁判にとなると、いったいどのような内容になるのかを解説していきます!

会社を訴えるには、2つの選択肢があります。

ひとつは、解雇の無効を訴える方法です。

一番オーソドックスな方法です!

この訴えが認められれば、会社からそれまでの賃金が支払われます。

例えば、判決までに1年かかったのであれば、

1年分の賃金が会社から支払われるという事です!

ですが実際には、

判決が出る前に復職はしないということを条件に金銭で和解するパターンが多いです。

もうひとつは、解雇の無効は訴えず、慰謝料などの金銭を要求する訴えです。

すでに再就職をしていて、

解雇の無効を訴えるのにあまりふさわしくない時にこの方法で会社を訴えます。

あくまで慰謝料として請求するので、最初のパターンよりも請求額は小さくなります。

状況によって弁護士さんがどのような方法でいくかを決めてくれると思うので、

相談してください♪

そして不当解雇として会社を訴えるのにあった方が有利になるものがあります!

それが「解雇理由証明書」です。

口頭での理由説明の場合でも必ず会社に請求してください!

不当解雇を証明する立派な証拠になります!

突然の事で頭が真っ白になるかもしれませんが、

必ず書面での証明をもらうようにしてください!

【まとめ】

会社はそんな簡単に従業員を解雇する事が出来ません。

おかしいと感じたり、誰からみても理由がおかしいという解雇をされた場合は、

必要書類を持って弁護士事務所へ!

ひとりで悩まず専門家に相談して、気持ちよく次の仕事に臨めるようにしましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました