スポンサーリンク

便秘で腰痛が出ない方法やその原因!あらゆる可能性を解説!

スポンサーリンク
便秘
スポンサーリンク

便秘と腹痛と腰痛、一見まったく別の症状に思えますが、

実は完全に別物というわけではないんです!

腸は実は背中の方にあるので、

腸に何かあると腰痛として症状が出てくることもあるんです。

また、腸はお腹の中を一周するようにある為、

痛む場所によっても考えられる病は変わります!

あらゆる可能性を解説していきます!


スポンサーリンク

【便秘、腹痛、腰痛の関係性!痛む場所は右?それとも左?】

お腹の痛みは便秘のように単純なものから怖い病気までさまざまです。

特に女性だと婦人科系の病気の心配も出てくるのでとても不安ですよね(><)

痛みが出ている場合は、その痛む場所によって何が原因なのか変わってきます!

右側の腹部が痛む場合は、腸疾患、尿路疾患、婦人科疾患が多いです。

腸疾患では、虫垂炎、大腸炎、過敏性腸症候群、炎症性腸疾患、胆のう炎、膵炎など。

尿路疾患は、尿路結石、尿路感染症など。

婦人科疾患は、子宮外妊娠、子宮内膜症、子宮筋腫、卵巣腫瘍など。

その他にも、動脈解離や動脈瘤破裂などでも右下の、腹部に痛みが出る場合があります。

左側に痛みが出る場合は、便秘症が多いです。

お腹の左側には、S状結腸と呼ばれるものがあります。

大腸の終わりの方です!

排便が上手く行われていないとこの部分に痛みが出てしまいます。

それと同時に、お腹が便により圧迫され、血行不良になるため腰痛の原因にもなります。

便秘にならないために、水分をしっかりとる、

バランスのいい食事、特に食物繊維を摂るようにしましょう!

便秘の人は便を送り出す腸の動き、

「蠕動運動(ぜんどう運動)」が弱いと言われています。

蠕動運動を促すためにも、お腹をマッサージしてあげると効果的ですよ♪

時計回りに刺激してあげてください!


【便秘で腰が痛い時は要注意?!これらの症状に潜む怖い病気とは…?】

便秘や腰の痛みを伴う病気で気をつけないといけないのが、大腸がんです。

大腸がんは、
早い段階で治療することが出来れば90%以上の確率で治ると言われています!

早期発見が重要ですね!

大腸がんの症状として典型的なものは血便です。

ですが、
その他にも便が細切れたり便の表面に粘液が付く、便秘と下痢を繰り返すなどあります。

また、便が大腸を移動する時にがん部分を圧迫したり、

狭くなった腸管を通るため腰からお尻にかけて痛みも出ます。

いつもと違うと思ったら必ず病院を受診しましょう!

早期発見が大事な大腸がんですが、症状が出にくい場合もあります。

大腸がんの右側に出来たがんは症状が現れにくいと言われています。

大腸の右側には上行結腸、盲腸などがありますが、ここを通る便はまだ軟らかい状態です。

そのため、がんがあってもあまり圧迫されず、痛みが出ないことが多いです。

血便、便秘や下痢、腰が痛い、などの代表的な初期症状が現れていなくても、

定期的な検査をするようにしましょう!

特に40歳を過ぎたあたりからは年に1回は行うようにしましょう!

食の欧米化により、近年大腸がんは罹患率トップのがんです。

それだけ多くの人に可能性があるので気をつけてください!


【まとめ】

腰とお腹、別のようで関わりがあります!

お腹の病気で腰に症状が出るなんてびっくりしたのではないですか?(・o・)

食べた栄養を吸収して毒素排出を促してくれる大事な腸。

しっかり腸のためになることをしてあげないとだめですね(><)

私は小さい頃から便秘症なのでかなりの負担をかけていると思います(^^;

女性には便秘の人が多いので私だけじゃないはずです。

まずは便秘を治して腸内細菌を増やすなどして腸にいいことが出来るように頑張りましょう!

便秘
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。

コメント

タイトルとURLをコピーしました