スポンサーリンク

腹痛が続く原因不明!要注意!女性特有の病気とは!?

スポンサーリンク

あなたは、
原因不明の腹痛が続く…なんて事はないですか?

ただのおなかの不調ならいいに越したことはないとは思います。

ですが女性の場合は油断ならない事もあります(><)

えっ?女性特有の病気って?

婦人科系の病気の可能性が気になるところですよね…

婦人科系の病気でも腹痛、主に下腹部で痛みを伴うものがあります。

大きな病気になると不妊に繋がるような病気や、

妊娠が望めなくなるような病気まであります。

もっと早くに気付いていればよかった…

と後悔することのないように、様々な病気の特徴をお勉強しておきましょう!


スポンサーリンク

【腹痛が続くけど下痢はなし!これってもしや?おなかの病気?】

腹痛には様々な原因があります。

その中でも胃腸に問題がある場合は、

腹痛と共に下痢や嘔吐の症状が出る場合がほとんどです。

ノロウイルスや食中毒がその例ですね!

おなかの中に細菌やウイルスが入ると、体は自然とそれらを外に出そうとします。

その結果、下痢や嘔吐をします。

要するに下痢、嘔吐は人間に備わっている生体防衛反応です!

無理に止めるのは良くないので、有害な異物を出し切るようにしましょう!

では腹痛は続くけど下痢はなし、

という場合はどういった可能性があるのか考えてみましょう。

ありがちなのが、蠕動痛(ぜんどうつう)や腸管からくるの痛みです。

腸の動きが活発になりすぎたり、

ガスや便がたまってしまうと、腹痛が出る場合があります。

改善がなされないと、痛みは続きます。

特に左下のおなかの痛みは、腸からの痛みであることがよくあり、

整腸剤や漢方で症状が和らぎます。

特に女性は便秘になりやすい人が多いので便秘で痛むケースが多いです。

自分は便秘だという方は便秘薬に頼ったり、

おなかの中の善玉菌を増やすようにしましょう!

私もたまに便秘薬に頼りますが、刺激の少ないものもあり、抵抗なく使えますよ♪


【腹痛が続くと危険!女性ならではの病気とは?】

では次に,
女性が気をつけなくてはいけない病気についてです。

通常の生理痛や、PMS(月経前症候群)などで起こる腹痛は様子をみてください!

生理時や生理前は特に気持ちが不安定になりがちですが、

気にしすぎると気が病んでしまいます!

ゆっくり過ごしたり好きなことをしてリラックスした気持ちで過ごしてください♪

また、排卵期にも排卵痛といって痛みを伴うことがあります。

これらは特に気にすることのない痛みなので無理せず過ごしてください!

ですが、あまりに痛みが酷いようなら婦人科で診てもらうことをおすすめします!

気をつけなくてはいけないのが次にあげる病気です。

○子宮筋腫

子宮筋腫は、子宮に良性の腫瘍ができる病気です。

主な症状として強い生理痛や月経量の増加があげられます。

筋腫が大きくなってくると、

子宮周囲の臓器を圧迫するため月経期間以外でも腹痛が出ます。


○子宮内膜症

子宮内膜症は、子宮内膜や似た組織が、子宮以外の場所にできて増殖してしまう病気です。

その組織が炎症を起こし、激しい痛みになります。

主な症状は生理の度に生理痛がひどくなったり、生理以外の時でも腹痛があります。

また排便時や性交時にも痛みが出る場合があります。


○卵巣腫瘍

卵巣腫瘍は、卵巣に腫瘍ができ、卵巣が大きく腫れてしまう病気です。

これも生理とは関係のない時に腹痛が起こります。

これら以外にも、クラミジアなどの性感染症でも腹痛を伴います。

放置すると取り返しのつかないことになりかねない婦人科系の病気。

激しい腹痛があったり、腹痛が続くようなら病院を受診しましょう!

恥ずかしい気持ちもあるとは思いますが、相手はお医者さんなので大丈夫です!

不安な毎日を過ごすより、一時の恥ずかしさを我慢する方がよっぽど楽ですよ(^^♪


【まとめ】

主に女性特有の病気についてお話してきました!

子供を産むという女性だけに与えられた特別な役目。

ですが,
その機能を脅かしかねない病気がたくさんありますね(><)

ただの腹痛だとは思わずに異変を感じたらきちんと病院にいきましょう♪

小さな異変も見逃さず、体からのサインに気付いてあげる事こそが、

自分の未来を助けることに繋がります!

定期的な検診もお忘れなく♪

私も改めて自分の体と向き合うためにも検診に行ってこようと思います!(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました