スポンサーリンク

知っておこう!産後の骨盤矯正は生理が再開してから?

スポンサーリンク

妊娠や出産を経験した女性が、必ずと言って良いほど直面する問題。

そう、「骨盤の広がり」です。

広がった骨盤が産後きちんと元通りに戻らないと、

思わぬ体のトラブルを引き起こしてしまう危険性があります。

赤ちゃんが生まれて、慣れない子育ての毎日に、

余計な体のトラブルまで抱え込んでしまわないよう、

今日は産後の骨盤矯正について見ていきましょう!


スポンサーリンク

妊娠・出産で骨盤が開きやすくなる?

妊娠すると、出産に向けた準備として、

徐々に骨盤が開きやすい体に変化していくことをご存知でしょうか?

出産のときに、赤ちゃんが産道を通って出てくることで、

骨盤が開く、というのは安易に想像がつきますが、

骨盤の緩みというのは、出産前後にだけ起こるものではないんです。

妊娠3~4カ月頃から産後数日まで、「リラキシン」というホルモンが分泌されます。

これは骨盤周りの靭帯や関節、筋肉を緩める作用があり、

出産に向けて徐々に、赤ちゃんの通り道を整備する役割を担っています。

このリラキシンの作用が働く中で、

日々成長する赤ちゃんの体重を支える骨盤には、さらなる負担が掛かり、

本来骨盤を支える働きのある「骨盤底筋」にも負荷が掛かってしまい、

この筋肉も弱っていきます。

緩んだ骨盤周りに、弱った骨盤底筋など、様々な作用が相まって、

産後の骨盤戻りを悪くしてしまう状況を作り出してしまうんです。

通常であれば、骨盤は産後徐々に元に戻っていきますが、

産後息つく暇もなく始まる子育てによって、

毎日安静にしていることは、なかなか厳しいのが実情・・・

無理な体勢や長時間の抱っこ、授乳、その合間をぬって行う家事など、

産後弱った体に、回復の猶予を与えられない日々が続きますよね。

こうして骨盤がきっちり元通りに戻らないままでいると、

様々な産後トラブルを引き起こす危険性があるんです。


骨盤が戻らないとどうなるの?

「産後だんだん戻るんでしょ?とりあえず様子を見よう。」

「なんだか腰が痛いけど、自分に割いてる時間なんてない!」

そう思って、自分の体の不調を後回しにしているママさんが、

世の中にはとても多いようです。

しかし産後開いてしまった骨盤を放っておくと、

そのまま関節が固まってきてしまい、

どんどん元に戻りにくい状況に陥ってしまいます。

それでは骨盤が戻っていないと、どんな症状が出てくるのでしょうか?


① 腰痛

  産後の症状として最も多いのが腰痛。

  リラキシンによって緩んだ骨盤は、産前と同じように、

きちんと体を支えることができません。

  また、赤ちゃんの成長とともにお腹が前に出ることで、

  腰が自然と後ろに傾き、「反り腰」の状態を作ってしまいます。

  姿勢が悪くなることで、さらに腰に負担が掛かり、

腰痛を引き起こすことは明白ですね。


② 恥骨痛

  こちらも①同様、緩んだ骨盤の影響で起こり得る症状です。

  足を前に出すと、おへその辺りに痛みが走ります。

  不安定な骨盤により、内ももの筋肉が固くなってしまうことも、

  この恥骨痛を引き起こす原因となります。


③ 関節痛

  無理な体勢での抱っこや家事に加え、

  ホルモンバランスの変化や授乳によるカルシウム不足などで起こる症状。

  生理が再開すると、ホルモンバランスも整うので、解消されていきます。


④ 便秘

  骨盤底筋が弱ることに加え、出産による傷口の影響でいきめない、

  授乳により水分不足になることなど、

  産後は便秘を引き起こしやすい条件が複数重なってしまいます。


  
⑤ 尿漏れ

  産後の尿漏れは、「腹圧性尿失禁」と呼ばれるタイプで、

  くしゃみや咳など、腹筋に力を入れた時に起きるものです。

  産後で骨盤底筋が弱ると、内臓が下がってしまい、膀胱を圧迫した結果、

  尿道口を閉めることができなくなって起こってしまいます。


⑥ 冷え性

  骨盤が歪んだり、広がったりしたままだと、全身の血流が悪くなり、冷え性につながります。

  これに加え、不規則な睡眠習慣による自律神経の乱れも相まって、

  冷え性を助長する環境が整いやすいのが実情です。



⑦ 肩こり

  毎日複数回の授乳、長時間の抱っこなど、無理な体勢が続く産後。

  知らぬ間に肩こりが悪化していることも少なくありません。

  また、これに骨盤の歪みが影響して、肩こりをひどくさせるケースも散見されます。


 代謝の低下

  産後の代謝低下の理由は様々ですが、

  骨盤周りの筋肉が緩んだことやホルモンバランスの影響で、

子宮を守ろうと脂肪がつきやすくなります。

  また、骨盤が正常な位置にないと、全身の血流が悪くなり、冷え性を引き起こします。

  これにより血がうまく回っていない筋肉では、

  消費エネルギーが少なくなり、結果、太りやすい体になってしまうのです。


産後の骨盤矯正はいつから?

プロの手を借りた骨盤矯正は、一般的に「産後1ヵ月以降」が目安となります。

産後約6~8週間は、「産褥期(さんじょくき)」と呼ばれる期間に当たり、

体が妊娠前の状態に戻ろうとする期間です。

子宮が徐々に小さくなり、ホルモンバランスも正常な状態に戻っていきますので、

この期間は、体を安静にすることが大切になります。

産後1ヵ月の時期に、赤ちゃんと一緒に1ヵ月検診があるかと思いますので、

その時に特に問題がなければ、骨盤矯正をスタートできると思って良いです。

ただし、帝王切開で出産した場合は、2カ月以降が目安となりますので、ご注意ください。

骨盤矯正の効果が出やすい期間としては、産後「1ヵ月~6カ月」の間。

産後半年間は、まだ骨盤が柔らかい状態にあり、動きやすいためです。

早期からきちんと矯正を始めることで、妊娠前よりも骨盤を締まった状態に戻すことも可能です。

「それじゃあ、産後半年を過ぎると、元には戻らないの?」という疑問ですが、ご安心ください。

早期スタートの方よりは、回数と時間が掛かりますが、

徐々に元通りに戻していくことは、もちろん可能です。

その一方で、自力で始められる「骨盤ベルト」。

プロの手を借りるのと比べて、こちらは手軽、かつ日常的にできる骨盤ケアになります。

現在は各社から様々な骨盤ベルトが発売されており、

デザインやカラーバリエーションに富んだラインナップで、

おしゃれに着用できるものも増えてきています。

このベルトについては、腰痛対策として、妊娠初期から使用が可能で、

産後の骨盤矯正のためには、産後2~3カ月まで着用する人が多いようです。

広がった骨盤を元通りに戻すサポートをしてくれるのはもちろん、

産後トラブルの代表格でもある腰痛の防止・緩和にも役立ちます。

時間的にも費用的にも、頻繁にプロのケアは受けられない・・・

そんな時には、骨盤ベルトをきちんと使用することで、自分ケアを行っていきましょう。


まとめ

いかがでしたか?

妊娠してから出産を終えるまで、女性の体に掛かる負担は計り知れないもの。

中でも、体の要である「腰=骨盤」は、出産によって一番大きな影響が及ぶ箇所。

ここがきちんと正常に戻らないと、

日々たくさんの不調を抱えながら、慣れない子育てをしなくてはならなくなります。

もちろん時間もお金も限りがあることではありますが、

心身の健康のために、産後できる範囲から骨盤矯正を取り入れたいですね。

お子さまとともに健やかな毎日を送るために、この記事が少しでもお役に立ちましたら幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました