スポンサーリンク

元整体師発!捻挫は整体効果を期待できる?即答します!

スポンサーリンク

結論を先に記しますが、

捻挫をしてすぐに整体に行くのは、やめてください。

捻挫の痛みが引いてから、整体に通うようにしましょう。

なぜ、すぐに治療できないのかと言うと、

損傷したばかりの靭帯は、修復しようとしているので、

その間に、外部から圧力を掛けてしまうと、

悪化してしまう恐れが、あるからです。

その為、
痛みが引いて、接骨院や整形外科などで、

レントゲンをとり、捻挫の状況をみてから整体に通うようにしましょう。

捻挫は痛みが引いてからが重要になります。

怪我が治ったあとに、関節が固くなって、

可動が悪くなり、捻挫を再発しやすくなってしまいます。

その為に、治ったあとに整体に通う必要があります。

そもそもまず、
なぜ捻挫になるのかと言うと、

スポーツや日常生活にて、足首、手首、指など

関節をひねってしまう事によってなってしまいます。

1番捻挫になりやすいのは、足首が1番多いです。

たとえば、階段を降りた時、段差を踏み外した時、

つまずいた時などに捻挫をしてしまいます。

また、
O脚、がに股、内股、X脚の方も捻挫をしやすい傾向があるので、
注意しましょう。

捻挫になった時はまず、安静にして湿布を貼ったり、

アイシング、テーピングシます。

これらをして、痛みが引いたら整体に通います。

施術としては、圧迫がメインになるかと思います。

圧迫をすると、緊張していた筋肉が緩み、

血行がよくなり、腫れを引かせる効果があります。

痛みも緩和されるでしょう。

たかが捻挫とあまくみては、いけません。

患部を、放置してしまうと、瘢痕化(はんこんか)する可能性があります。

瘢痕化は、患部が固まってしまう状態で、

筋肉の緊張を引き起こし、筋緊張により

また、新たな痛みを引き起こす場合もあります。

捻挫は、重大な怪我に繋がったりする場合もあり、

きちんとした治療をしないと傷跡が残り、

患部が硬く固まり柔軟性なく、動かすだけで、痛みがでたりします。

ここまでいってしまうと、手術する以外に方法はありません。

そのような事にならないためにも

適切な治療を受けて、リハビリをしましょう。


スポンサーリンク

捻挫で通院の効果は?

捻挫の場合も、1度の治療で完治しません。

重要なのは、やはり何度も通う事が大切です。

1回やり方をみて、自分でもできると思って通うのを、

やめてしまってはだめです。

間違った方法でやってしまうと、患部を悪化させてしまう恐れがあります。

整体師の方は、動かすタイミングなどハッキリわかっているので、

必ず、通院するようにしましょう。

通院期間は、人それぞれになりますが、

大体4回から6回が目安となります。

最初は、
週に1回から始まり、徐々に回数を減らしていく形になります。

通う事によって、次捻挫した場合の応急処置の仕方も、

教えて貰う事ができます。

通うことにメリットは沢山あり、デメリットはすくないです。

メリットは、患部の治療を適切にできる。

次、捻挫になった場合の適切な応急処置を教えて貰える事です。

デメリットとしては、通わなくてはならい事ですね。

期間は短いものの、途中でやめてはならない事です。

料金は、場所にもよりますが矯正よりは高くないです。

捻挫の場合、
健康保険適用になる場合がほとんどなので初診料以外は安く済みます。

整体師を探す場合は、

ネットで調べ口コミが沢山ある所をおすすめいたします。

通うのは、本当に大変ですが、癖にならないようにするためですから、

きちんと通う時間を作りましょうね。


捻挫は整体を継続した方がいいの?

通院と一緒で、継続が大切です。

1回では、治らないので継続して通いましょう。

圧迫治療を、何回か行い、マッサージをしたりとします。

1回だけでやめてしまっては、上記に書いたように癖ついてしまいます。

捻挫は、靭帯を痛めている状態なので、安静にし適切な治療しましょう。

継続期間としては、1ヶ月から2ヶ月ぐらい通う必要があります。

回数でいえば、4回から6回です。

長く感じる方も多いですが、捻挫を治すためには、必要な期間になります。

回数は多いですが、癖づかないためにも必要な回数になります。

途中で諦めないように、きちんと通う事、ただし無理の無いようにしましょうね。

早く治すためにも、治療中は整体師が大丈夫と言われるまで、

絶対に安静にしましょう。

スポーツなどしては、いけません。

悪化させてしまう恐れがあります。


まとめ

捻挫は、生きていたら、必ず1度はなります。

躓いたり、くねってしまったりと、日常生活には付き物ですよね。

スポーツをしていれば、必ずなるでしょう。

私も、何度捻挫したかわらないくらいです。

私は、治療せずで癖づいてます。

捻挫を甘く見た結果です。

捻挫は、甘く見がちですが、

きちんと治療しないと本当に大変です。

ちょっとした躓きでもすぐに、捻挫してしまいます。

そうならないためにも、適切な治療を行い、

捻挫しにくい身体作りをしましょう。

適切な治療をすれば、つまづいて捻挫になる事もすくなくなるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました