スポンサーリンク

麦わら帽子、ゴムの付け方、作り方、100均でok!修理もできちゃう記事!

スポンサーリンク

麦わら帽子は夏の風物詩といえるくらい、

夏によく見かけますよね!

私も夏になると麦わら帽子を被って散歩に出かけます♪

麦わら帽子は子供から大人まで人気のあるアイテムですよね。

特に、お子様の麦わら帽子をかぶった姿はとても可愛いですよね^^

その反面、お子様は、元気よく活動するため、

帽子が飛んでしまったり、

帽子を追いかけて危険な目に合わないか心配です。

また、大人でも帽子が飛ぶのは煩わしいものです。

そんな時、
麦わら帽子にゴムを着けられたらいいのにって思いますよね。

そこで、麦わら帽子のゴムの付け方を教えます!

また、麦わら帽子の作り方や修理についてもお伝えしていきます。


スポンサーリンク

麦わら帽子のゴムの付け方


麦わら帽子に限らずですが、帽子の内側には、

おでこのあたりで一周した布やテープがが縫い付けてあります。

それを「すべり」や「ビンガワ」と呼んでいます。

すべりやビンカワは、汗を吸い取ったり、

帽子の型を崩さないようにする役割があります。

麦わら帽子にゴムを付ける時に、

すべりやビンカワを使って付けていきます。

それでは作り方をご説明します。

麦わら帽子を被った時に、

内側の耳前あたりか、耳の真上から少し前あたりに、

しるしを付けましょう。


ゴムを少しだけ長めにカットしておきます。

しるしをつけた場所にある、
すべり又はビンカワの糸を、ゴムの幅程度にほどいていきます。


糸をほどいたら、隙間にゴムを通していきます。

ほどいた糸の場所を再び縫っていきます。

これで、麦わら帽子にゴムを付けることが出来ます!

また、すべり又はビンカワに小さなボタンをつけて、

そこにゴムを結びつける方法もあります!


麦わら帽子にゴムを付けることで、

お子様が安心してかぶれるようになれるといいですね^^


自分だけの麦わら帽子の作り方!100均で作れる帽子をご紹介

麦わら帽子は、日陰を作ってくれたり、

軽いので疲れにくく非常に便利ですよね。

麦わら帽子を作ってみたいけど、難しそう。

みんなと同じ麦わら帽子は被りたくない。

麦わら帽子は買ったら高そう・・・。

買おうか迷ったり、作るとなると億劫になりますよね。

そこで、自分だけのオリジナル麦わら帽子の作り方を教えます!


しかも、100均ですべてアイテムが揃います!

まず、本体の麦わら帽子ですが、

100均でも売ってるんです。

これだけでもかなりお得感がありますよね。


次に、麦わら帽子につける飾りです。


飾りはレースや、リボン、飾りボタンなど

たくさんの種類が売っているので、

お好みの素材を選びましょう。

そして、ゴムが必要な方はゴムを買いましょう。

素材によっては、瞬間接着剤も必要になるので、
100均で揃えちゃいましょう♪


材料を揃えたら、帽子の周りに飾っていくだけです。

すごく簡単ですし、
オリジナルの麦わら帽子が出来るのでとってもオシャレですよね^^


「可愛い麦わら帽子だね!どこで買ったの?」

なんて言われちゃうかもしれませんね^^


麦わら帽子の修理方法

お子様が麦わら帽子を使っていると、

どうしても痛みやすいかと思います。


穴が開いたり、
傷ができると麦わら帽子を修理に出したいところですが、

お金がかかってしまいますよね。

実は、麦わら帽子は、自分で簡単に修理することができるんです。

そこで、麦わら帽子の修理方法をお教えします!

まずは、麦わら帽子が破れた場合。

麦わら帽子と似た色の糸を用意します。



少し破れた場所の遠い場所から縫い始めましょう。

そして、穴や破れた箇所を塞いでいけばOKです♪

また、布製ボンドや、アップリケを使うのもおすすめです。

続いて、型崩れしてしまった麦わら帽子です。

長年使っているとどうしてもハリがなくなりますよね。

そんな時は、スチームアイロンの蒸気を使いましょう。


スチームアイロンを温める


スチームアイロンの蒸気を帽子に当て、しめらせます。


帽子がやわらかくなったら形を整えましょう


タオルや新聞紙を帽子の内側に詰めて、形成します。


形が崩れないように置いて乾燥させます。

これである程度の麦わら帽子の型崩れは防げます!

ここで注意したいのは、麦わら帽子の素材です。

帽子の素材にはペーパー素材で作られているものがあるので、
必ず品質を確認してくださいね^^


最後に、麦わら帽子のツバなどがほつれた場合です。

どうしても、麦わら帽子のツバのはじが擦れてしまい、

ほつれてしまうことがありますよね。


そんな時は、リメイクする感覚で
バイアステープをぐるっと一周縫ってしまってもOKです。

また、少しのほつれであれば
木工用ボンドを隠すようにつけると目立たなくなりますよ^^

麦わら帽子をいつまでも使えるように、ぜひやってみてくださいね^^


まとめ

今回は、麦わら帽子のゴムの付け方、

自分だけの麦わら帽子の作り方、

麦わら帽子の修理方法をお伝えしました。


麦わら帽子は、

ひと手間加えることでとても使いやすくなることが分かりましたよね。


また、オリジナルの麦わら帽子が作れることも発見できましたね。



麦わら帽子を持っている人も持っていない人も、

今年は麦わら帽子をかぶって楽しい夏を過ごせるといいですね^^

タイトルとURLをコピーしました