スポンサーリンク

amazonプライムビデオは得?レンタルの支払い料金方法は安い?

スポンサーリンク
amazonプライムビデオ
スポンサーリンク

amazonでお買い物をするときは

たくさんの支払い方法から自分に合ったものを選ぶことができます。

ですが同じamazonのサービスでも

amazonプライムビデオでレンタルや購入など追加料金を支払うときは

使えない決済サービスがあるってご存知でしたか?


amazonプライムビデオでは

クレジットカード

プリペイドカード


デビットカード


amazonギフト券

が使用できます。

通販では使用できる

d払いなどの携帯決済は使えないのです。

amazonでお買い物をするのには慣れていても

amazonプライムビデオにはあまりなじみがない、

お家時間が増えて初めて使ってみた

という方も多いですよね?


ネット通販は今や当たり前になりましたが

物体のないサービス

しかもレンタルといった契約は

最初はちょっと怖く感じてしまうものです。


またネットを介したサービスは

書いてある通りに進めても

あれ?うまくいかないなぁ?

ということも多いですよね?

この記事では

amazonプライムビデオのシステムや

今お話した支払い方法について詳しくご紹介します。


しっかり確認して

快適なおうち時間を満喫しましょう!


スポンサーリンク

amazonプライムビデオのレンタルと購入の違いは何?料金はホントのところ安いの?

amazonプライムビデオとは

通販サイトamazonの有料会員サービス

amazonプライム

の特典の一つです。


年間3900円で送料無料や翌日配達、会員限定割引などが利用できます。

その中に

今回お話するamazonプライムビデオや

音楽配信、電子書籍などのコンテンツサービスもついてくるのです。


でも注意したいこともあります。

ここでは

パッと見たときに勘違いしそうな

amazonプライムビデオのサービスの詳細を見ていきましょう。


・全てのサービスが3900円/年で使えるわけではない

年間料金3900円を払えば全て見放題というわけではなく

タイトル画像に「prime」というリボンのついたものだけが対象になります。


それ以外の動画は

「レンタル」か「購入」かどちらかで

有料で見ることになります。

primeの動画もずっと無料なのではなく

対象となる動画の入れ替えが定期的に行われています。

それ以外にも期間限定でprimeになったり

新作で出た当初は有料だったものが、のちに無料になることもあります。

逆に無料だったものが有料になることもあるのです。

無料有料問わず

完全に見られなくなってしまう場合もあります。

長いシリーズのアニメなどは

最新話が公開されると一番古い話が消えてしまうということがあります。

無料から有料に切り替わる

または完全に見られなくなってしまうなど

「prime」の対象でなくなる動画については

30日前から記載されているので

そこでチェックして早めに見ておく必要があります。


・「レンタル」と「購入」の違い

有料で見るものは

「レンタル」と「購入」のどちらかの方法で

追加料金を支払って見ることができます。

レンタル」は

決められた日数の間だけ見ることのできる方法で

100円程度の金額から

気軽に見ることができるのがメリットです。

契約してから30日以内に見ればいいので

レンタルビデオショップほど焦って見る必要はありません。

そして期限が過ぎると自動的に消えるので

返却という作業もなくて簡単ですね。

ただし一度再生を始めると

そこから2週間しか見ることができません。

繰り返し見たいときには

その2週間で集中して見なければいけないところは注意が必要です。

レンタル1回の料金は

約100円〜500円程度です。

新作の高画質版で399円

旧作で100〜199円

などとなっています。

期間限定のセールなどで安くレンタルできることもあるようなので

この料金はあくまで目安です。

新作は高く、旧作が安いのは

既存のレンタルビデオショップと同じですね。

レンタルとはいえデジタルデータなので

誰かが借りていて借りられないということはありません。

広い売り場をウロウロすることはなく、検索で簡単に見たいものを探せますし

返しに行く手間もありません。

メリットを考えると

とてもお得な料金設定だと思います。


購入」は文字通り

買い取ってずっと見ることができる方法です。

映画1本あたりの購入金額は

約1000〜2500円程度です。

DVDを買って見るのと比べて

劇的に安いというわけではありませんが、

最近のDVDによくある

スペシャルエディションや初回限定版のような

本編以外の分金額が上乗せされているようなものがないぶん

安く見ることができます。


DVDというディスクで購入すると

傷がついたり割ってしまったりして

見られなくなってしまうことも考えられますが

デジタルデータではそういったことも気にせず

ずっとキレイな画質で見ることができますね。


何度も繰り返し見るには

十分に安い金額だと思います。

ちなみに購入したものは、amazonプライムを解約しても

amazonの会員である限り視聴し続けることができます。


amazonプライムビデオでレンタルができない!となりがちなポイント

とてもお得なサービスだと思って

いつも通りamazonのアプリをタップして

登録しようとしたあなた。


もう少しだけ注意点があるんです。


1人1台スマホを持つ時代でも、いざやろうとすると

あれ?できない・・・

となることはまだまだたくさんありますよね?

今回ご紹介している

amazonプライムビデオのレンタル、購入をするのも

そういったことが起こりがちなので

ぜひここから先もさらっと読み進めて

スムーズ、快適な動画ライフを満喫してくださいね。



1、iPhoneアプリから決済はできない

amazonプライムビデオには

「amazon Prime Video」というアプリがあります。

このアプリは

動画のダウンロードや再生リストの整理など

amazonプライムビデオを利用するのに便利な機能が

わかりやすくひとまとめにされていて

スマホで気軽に管理できるとても便利なものです。


ですがiPhoneでこのアプリを利用する時には

けっこう重大な注意点があります。

iPhone版の「Amazon Prime Video」では

決済ができないのです。

iPhoneでamazonプライムビデオを利用する方が

動画をレンタルもしくは購入したい場合

いったんSafariなどのブラウザ上で決済を行い

アプリに戻って再生する

という手順を踏む必要があります。


アプリのつくりがそうなってしまっているので

仕方のないこととはいえ

少し面倒に感じてしまうかもしれません。


ですが

お家でゆったりと映画鑑賞したいというときは

パソコンやテレビで見ることが多いと思います。

そういった点では

あまり重大な欠陥ではないのかもしれませんね。

決済はブラウザ

再生はアプリ

と覚えてしまいましょう。


2、ケータイ決済は使えない

月々の携帯料金の支払いと一緒に請求される

ケータイ決済

クレジットカードを使いたくない方には

とても便利な決済サービスです。


amazonでも

amazonプライムの会費(3900円/年の部分)や

普段のお買い物には

ドコモのd払いなどの携帯決済が使えます。


ですが

amazonプライムビデオの

レンタルや購入の支払いには使えないです。

最初にお話したように

・クレジットカード

・デビットカード

・プリペイドカード

 (au Wallet、Vプリカ、VISAプリペイドなど)

・amazonギフト券

が使用できます。


amazonと掲げられたサービスなので

全て同じと思ってしまいがちですが

サービスごとに細かいところで違いがありますね。


ポイントを抑えればカンタン!快適な映画ライフを。

amazonプライムビデオ

と検索してamazonのサイトを見ると

かなりシンプルな紹介ページが現れます。

サービスを使ってもらいたいamazon側からすれば

わかりにくいところやデメリットは

はっきりとは書きづらいものです。


「シンプルにクレジットカード登録してどんどん使ってね」

というのが本音というところでしょうか?


ですが実際たくさんの方が利用して、どんどん拡大されてきたサービスですし

ポイントと抑えて注意すれば

これほどお得で楽しいサービスはあまりないのではないでしょうか。


少なくとも既存のレンタルビデオショップよりは

時間もお金も節約して

より効率的に楽しむことができそうです。


上手に活用して

快適でスムーズな映画ライフをお過ごしください。

タイトルとURLをコピーしました