スポンサーリンク

縮毛矯正でボブがぺったんこ!はねるしこけしみたくなって最悪!対策あるよ!

スポンサーリンク
縮毛矯正
スポンサーリンク

くせ毛で悩んでいる方は「縮毛矯正」に憧れますよね。


縮毛矯正は、くせ毛を真っすぐのストレートヘアにしてくれる施術です。


しかし、縮毛矯正は髪質によって仕上がりが変わるんです。


特に縮毛矯正をボブヘアでやってみると、

ぺったんこになることがあります。


また、縮毛矯正をボブヘアでやってみると、

はねたり、こけしみたいになっちゃうことも。

せっかく高いお金をかけて縮毛矯正をしたのに、

何だか落ち込んでしまいますよね。


しかし、縮毛矯正をしてもボブヘアの対策方法はちゃんとあるんです!

そこで、縮毛矯正でボブヘアがぺったんこにならない方法をご紹介します!

また、縮毛矯正でボブがはねる原因と対策。

ボブがこけしにならない方法もお伝えします!

スポンサーリンク

縮毛矯正でボブヘアがぺったんこになった時の直し方


縮毛矯正で憧れのストレートヘアを手にしたけど。

髪はぺったんこに。


こんなはずじゃなかったと嘆いてしまいますよね。

そこで、縮毛矯正でボブヘアがぺったんこになった時の対策方法をお伝えします。

根本から髪の毛が生えるのを待つ

縮毛矯正は、根元から矯正をかけるので、ぺったんこになりやすいです。


根本から新しい髪の毛が生えてくるとボリュームが出てきます。


数週間~1か月程度かかるかもしれませんが、気長に待ってみましょう。


分け目を反対にしてみる

髪の毛の分け目を反対にしてみると髪が立ち上がりやすくなります。

髪の毛をブローする時に、

アイロンで分け目を反対にし、立ち上げるようにしてみてください。


カーラーを使う


マジックテープがついているカーラーを選び、

ふわりとさせたい部分にカーラーを巻きます。

カーラーにドライヤーの温風を10秒ほど当てましょう。



その後てぐしでほぐし、ワックスなどで動きをつけたり、固めると良いです。


パーマは絶対にかけないで!

縮毛矯正は、髪の毛を矯正するので、髪へのダメージは免れません。

ぺったんこを直したくてまたパーマをかけると、

髪の毛がさらに痛んでしまいます。


縮毛矯正で、ボブヘアが一度ぺったんこになってしまうと、

すぐにふんわりにさせることは難しいかもしれません。

しかし、ブローのやり方を工夫したり、

ヘアオイルで栄養を与えることで、

ふんわり感を近づけることが出来ますよ^^

また、次に美容室へ行くときには、要望を必ず伝えてくださいね^^

縮毛矯正でボブヘアがはねるときの直し方教えます

縮毛矯正をボブヘアで行うと、

肩に髪の毛がついてどうしてもはねてしまいますよね。


そこで、ボブヘアがはねるときの対策法をお伝えします。

髪の毛を肩にかからない長さに切ってもらう

髪の毛が肩にかかるとどうしてもはねることがあります。

抵抗がなければ、肩にかからない程度に切ってもらうとはねずにすみます。


ヘアアイロンはねを直す

はねている髪の毛の根本から濡らしていきます。

ヘアアイロンで、根元から髪を挟み、下までずらしていきましょう。

はねが目立たなくなるうえに、女性らしい印象を与えます^^

ただ、縮毛矯正をした後にアイロンを続けて使うと、

髪がかなり傷んでしまいます。


可能であれば、他の方法も混ぜながら行ってくださいね。


髪の毛は必ず乾かしてから寝る

濡れた髪のままで、寝てしまうと髪の毛がはねる原因になってしまいます。

寝る前にしっかり髪を乾かし、ヘアオイルなどでケアをしてあげてください。

縮毛矯正でボブヘアがこけしになってしまった時の直し方教えます

縮毛矯正をかけてストレートになったはいいけど鏡を見たら・・・。

こけしみたいなおかっぱ頭になっていた!

イメージと違う髪型は何だか気持ちが落ち込んじゃいますよね。

そこで、こけしヘアの対策法をお伝えいたします!

ヘアアイロンで毛先を内側にカールする

髪のダメージを減らすために、

ブロー用のトリートメントなどを毛先につけます。


また、髪の毛はしっかり乾かしてから使いましょう。

あまり長時間あてると髪が傷んでしまうので、

注意してくださいね^^



毛先を外はねにして、ワックスで遊ばせる

毛先をヘアアイロンやコテで外側に巻きます。

所々、毛先を内巻きに巻くと、

おしゃれに仕上がります。


ドライヤーで外はねや内巻きを作る

カーラーやブラシをドライヤーに当てながらくせをつくります。

ドライヤーは温風の風量が少なめが良いでしょう。

そのあと、形が崩れないようにワックスやスプレーで固めます。

縮毛矯正のボブヘアの対策ですが、

美容室へ行くときは、

必ずどのような髪型になりたいのか詳しく伝えましょう。


それでも、失敗する可能性があります。

そんな時は、口コミで縮毛矯正に強い美容室を探しましょう。

美容室に行った時は、

「絶対にぺったんこになりたくないです!」と必ず伝えてくださいね^^


まとめ

今回は縮毛矯正でボブヘアが、

ぺったんこになった時の対処法をお伝えしました。

また、縮毛矯正でボブヘアがはねたり、

こけしみたいな髪型になった時の直し方もお伝えしました!


縮毛矯正で、手に入れた憧れのストレートヘア。

せっかくなら、ストレートヘアを思いきり楽しみたいですよね^^

ボブヘアの対策法を活用していただきながら、

素敵な毎日が遅れますように^^

縮毛矯正
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました