スポンサーリンク

ロコイド軟膏は顔にも赤ちゃんにも使ってかぶれない?正しい使用方法!

スポンサーリンク
ロコイド軟膏
スポンサーリンク

ロコイド軟膏は、湿疹やかぶれ、かゆみなどに使用されているステロイド剤です。

ステロイド剤と聞くと、副作用があるんじゃないか。


余計に症状が悪化するのではないか。


ステロイド剤を使うのは抵抗を感じたりしますよね。


しかし、ロコイド軟膏は赤ちゃんにも使えるステロイド剤なんです。


赤ちゃんにも使えるものだと分かったら少し安心ですよね^^


ただ、使い方を間違えると症状が悪化する恐れもあります。

そこで、ロコイド軟膏の正しい使い方や、注意点、

かぶれてしまった時の対処法をお伝えしていきます!


スポンサーリンク

ロコイド軟膏は顔にも使えます!正しい使用方法と注意点

ロコイド軟膏は合成副腎皮質というステロイドの外用剤です。

ステロイドは、本来、副腎という臓器から分泌されるホルモンです。

ステロイドは強力な作用があり、炎症を抑えたり、免疫を抑制する効果があります。


また、ステロイドには強さの指標があります。

ランクは5まであり、ランク1が最も強く、ロコイド軟膏はランク4になります。


ランク4は、ステロイドの中でも効き目は普通になります。


ですので、顔の肌荒れなどに使用できるんです^^

ロコイド軟膏の使い道としては、

湿疹や、アトピー性皮膚炎、肌荒れ、虫さされ、かぶれがあります。

肌荒れや、かぶれが気になる方は、

ロコイド軟膏を顔に塗ることがあるかもしれませんね。

続いて、ロコイド軟膏を顔に塗る時の使用法、

注意点についてお伝えしますね!

ロコイド軟膏は、1日に1回~数回、患部に塗ります。

ロコイド軟膏を塗る料としては、

目安として、フィンガーチップユニットの量が適量だと言われています。

フィンガーチップユニットは、大人の人差し指の先から、

第一関節まで出した量のことを言います。

また、ロコイド軟膏を塗る場所によって、

使用回数などが違う場合があるので、必ず確認してから使用してくださいね^^


また、ロコイド軟膏は、基礎化粧品も併用できます。

ロコイド軟膏と基礎化粧品を使う順番はどちらでもOKです!

また、ロコイド軟膏を使いながらメイクもできますが、

ファンデーションや下地で患部が隠れてしまわないように気を付けましょう。

次にロコイド軟膏の使用上の注意についてお伝えします。


ロコイド軟膏を顔周りにつけるときに気を付けてほしいのが、

長期で使用することは望ましくないということです。

ロコイド軟膏の使用期間は1週間程度です。

もし、1週間使用し、改善が見られないようであれば、

使用を注意し、医療機関に受診してくださいね^^

また、ロコイド軟膏はステロイド外用剤で、

皮膚に吸収しやすい性質があります。

長期間に渡り、ロコイド軟膏を使用すると、

皮膚が薄くなってしまう皮膚委縮になりやすくなります。

皮膚委縮になるとかゆみや湿疹の症状が悪化していまいます。

また、表面では気づきにくいこともあり、

さらにロコイド軟膏を塗り続けてしまうことがあります。

もし、ロコイド軟膏を塗り続けていると、

皮膚が透けてみえるような状態になる可能性もあります。

元通りの皮膚に戻るには数年かかってしまうことがあるため、

用法、用量をしっかり守ってくださいね!

ロコイド軟膏は赤ちゃんにも使えます!きちんと知って正しく使おう!

赤ちゃんの肌はツルツルでとても気持ちいいですよね^^

しかし、お肌はとても敏感なんです。

赤ちゃんは、バリア機能が弱く、

よだれや汗などで肌が荒れてしまいます。

また、生後2か月くらいに、

顔や体に湿疹ができる乳児湿疹という症状もあります。

さらに、おむつを使うので、

お尻がかぶれてしまうことが多いですよね。

赤ちゃんのお肌の管理は意外と大変ですよね!

そこで、皮膚の炎症をおさえてくれるロコイド軟膏の登場です!

医療方面からも、赤ちゃんにも使えると言われているので、

安心して使えますね^^


ロコイド軟膏の赤ちゃんへの使い方は場所により使用方法が異なったりします。

ロコイド軟膏を赤ちゃんに使う際は、

必ず医師に確認して使用してくださいね^^


また、1週間使用しても症状が改善しない場合は、

使用をすぐに辞めて、医療機関へ受診するなどの対応をしてくださいね^^


ロコイド軟膏でかぶれた⁉副作用が出た時の対処法

ロコイド軟膏をつい使い過ぎて肌がかぶれてしまった。

もしそんなことになったら、

軟膏を使った意味がなくなっちゃいますよね。


ロコイド軟膏はステロイド剤なので、

治りが早く、短期間の使用を勧められています。

また、ロコイド軟膏は副作用が少ないことでも有名です。

しかし、まれに副作用としてかぶれを起こすことがあるようです。

なので、自分だけで判断し、ロコイド軟膏を使うのではなく、

医師に回数や、量を相談してから使ってみてくださいね^^

もし、副作用でかぶれを起こすようであれば、

すぐに使用を注意して、医療機関に受診しましょう。


まとめ

今回はロコイド軟膏についてお伝えしました。

ロコイド軟膏は、顔にも塗ることができると分かりましたね^^

また、ロコイド軟膏は普通ランクのステロイド外用剤なので、

赤ちゃんにも使えることが分かりました。

ロコイド軟膏はまれに、かぶれを起こすこともあるようなので、

使用する際は十分に注意してくださいね^^

ロコイド軟膏
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました