スポンサーリンク

口内炎の症状と間違え易い舌癌!画像なしで解説!違いはこれだ!

スポンサーリンク
口内炎
スポンサーリンク

体の中に出来てしまう癌とは違って

口の中に出来る口腔癌は自分で見つけることも出来ます!


口腔癌の中で1番多いのは舌に出来る舌癌です。


タレントの堀ちえみさんが舌癌であることを公表したのが記憶に新しいですね。


自分で見つけられると言っても、口内炎に似たような症状として出てきます。


そのため口内炎だと思って放置しているうちに進行していた、

何てこともよくあります(><)


今回は舌癌と口内炎の違いを解説していきます!


もし口の中にある口内炎がもしかしたら…


と思っている方がいたら確認してみてください!


苦手な方もいると思いますので、

口の中の画像は載せないので安心してください!


スポンサーリンク

【口内炎と舌癌の違い!原因や症状の違いとは?】

まず、よくある口内炎の出来る原因についてみていきましょう!


口内炎は主にストレスや、寝不足、

栄養バランスの乱れなどから出来ることがほとんどです。


患部は白く楕円形のことが多く、痛みも強いのが特徴です。


場所によっては話をするだけでも歯に擦れて痛い事もありますよね(;▽;)


そして舌癌は癌なので、主な原因として喫煙や飲酒があげられます。


タバコの煙には発がん作用のある成分がが含まれているのは有名な話ですね。


患部は赤く盛り上がったり、白くなったりとやはり口内炎に似ています。

ですが、患部との境目は曖昧であまり痛みを感じることはないようです。


これではあまり大きな違いはなさそうですが、決定的に違うことがあります!


それは…

治る期間です。


普通の口内炎であれば、1〜2週間程で治ります。


しかし舌癌の場合は2週間以上経っても治りません。


これが口内炎と舌癌の大きく違うところです。

口内炎だと思ってたけど…

治りが悪い場合は早めに病院へ行きましょう!


【口内炎と舌癌の見分け方とは?見た目などもより詳しく解説!】

先程は大まかな違いについてお話しました!


次はもっと詳しくその違いを解説します!

口内炎の主な特徴は、

白い患部で周りが赤く縁取られている

強い痛みがある

2mmから10mm程の大きさ

頬の内側、舌、歯ぐきなど口の中の色んな場所に出来る

1〜2週間程で治る

です!


強い痛みがあって白い炎症は口内炎の場合が多いと言えますね(^^)


そして次に、舌癌の特徴です。

患部は白く、境目が曖昧

口内炎ほどの痛みはない

出血することがある

白い患部に所々赤い斑点が混じっている

しこりがある

表面がざらついている

舌にマヒや痺れがある

2週間経っても治らない

これらの場合は舌癌の場合が高いです。

その場合は早めに口腔外科や耳鼻咽喉科を受診してください!

白い斑点は癌化する可能性のあるもののようです。

必ず癌になるというものではないです!

ですが、その白い斑点が赤くなると紅斑と呼ばれます。

これは癌化しやすいまたはすでに癌になってしまった状態のようです。

舌癌は、舌の横や裏側に多く発生すると言われています。

そこに口内炎に似た症状が出来たら注意してください!

舌癌は50歳以上の男性に多い病気のようです(><)

日頃から口の中を清潔に保ってお酒もタバコもなるべく控え目にして防ぎましょう(^^♪


【まとめ】

癌は死ぬ病気のイメージがあると思います。

でも今は早期発見や早期治療が出来れば生存率も高く、

そんなに怖い病気ではないようです(^^)


ですが、口内炎と勘違いして進行してしまうパターンが多いです。


何度も言いますが、

痛みが少ない

境目がはっきりしていない

出血がある

2週間治らない

このような場合は早めに病院に行ってください!!!


癌が進行してしまい、大手術になると食事はおろか、

話せなくなることもあるようです(;▽;)


自分でも見つけられる癌なので見分け方を覚えておきましょう!

口内炎
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました