スポンサーリンク

口内炎はキレートレモンでよくなる?逆効果!?

スポンサーリンク
健康-育児
スポンサーリンク

今回は、

口内炎はキレートレモンで治るのかという

都市伝説にお答えします。

結論から先に述べますと、

キレートレモンで口内炎はよくなりません!!



むしろ、逆効果です!

それはなぜだか分かりますか?

確かに、
口内炎を治すために必要な

ビタミンCを多く含んでいるキレートレモン等が良いのでは?

と思う人も多いと思います。

しかし、
口内炎の患部には柑橘類のものを摂取すると

刺激になり逆に悪化させてしまいます。

そのため、
キレートレモン以外の食べ物で

ビタミンを摂取することが望ましいとされています。

では、どういった食べ物が口内炎にはいいのでしょうか?

スポンサーリンク

口内炎が良くなる食べ物とは?キレートレモンでは逆効果!!

さきほど冒頭でもお伝えしたように、

キレートレモンで口内炎は治るどころか悪化させてしまいます。

まずは、どういった成分が口内炎にはよいのでしょうか??

口内炎が痛い時に摂取した方がよい成分として

ビタミンB2やビタミンB6がよいとされています。

このビタミンには

皮膚や粘膜を修復してくれる働きがあり

口内炎を治すのに効果的な成分というわけです。

このビタミンB2やビタミンB6の成分が

入った食材として挙げられるのが、

肉類でいくとレバーや赤身の肉、鶏のささみなどがよいでしょう。



魚介類でいくと、

サバ、サンマ、ししゃも、ブリ、うなぎ、アナゴ、かつお、まぐろ、鮭なども

いいとされています。

鮭は特に、

朝食や夕食にも比較的使いやすい食材なので

摂取しやすいのではないでしょうか。

他にも、

納豆、卵、きのこ類、海苔、わかめ、牛乳やバナナ等

ビタミンB2ビタミンB6が多く入っている食材とされています。

牛乳やバナナも比較的手軽に

摂取できる食材なのではないでしょうか。

また、サプリメントと併用される方は量を守り

適切に摂取したほうがよいでしょう。

成分とは別に、

口内炎が治りやすいとされている食べ物の特徴が

いくつかあります。

まず一つ目に、水分を多く含んだ食事。



乾燥している食事や口が渇くような、

パサパサしている食べ物は口内炎の患部や

口の中を傷つけやすくなっています。

そのため、
口内炎がある時の食事は

水分を多く含んだ食事を意識してとるようにしていきましょう。


例えば、お魚を焼き魚ではなく煮魚にして食べてみるとか、

野菜も煮物にして食べてみるのもよいでしょう。

また、おかゆやおじやなども口内炎には良いし、

食べやすいと思います。


私も、
実際口内炎ができたときは食べやすいものとして

おかゆや雑炊を食べたりして、

あまり口に負担がないようにしていました。

二つ目に、

やわらかい食べ物も口内炎が

できたときに良いとされている食材です。



水分を多く含む食べ物だけでなく、

柔らかい食べ物も口内を刺激しないので良いとされています。

例えばゼリーや柔らかいうどんとかもよいでしょう。

これらの食材をうまく摂取することで

口内炎の治りを高めることができると思います。

しかし、

反対に治りが悪くなるような食べ物の特徴があります。


それが、
・酸っぱいもの
・固いもの
・辛いもの
・熱いもの

この4つに当てはまるものは逆に、

口内炎の治りを遅くしてしまいます。


辛い物や酸っぱいものは

口内炎の刺激になってしまうために、

避けた方がよい食材とされています。


冒頭でお伝えしたように、

キレートレモンも酸っぱいドリンクとしてあるため、

避けたほうがいいでしょう。


また、固い食べ物や弾力のある食べ物も

咀嚼を増やすことになるので

それは口内炎にとっては良くないこととされているため

避けた方がよいでしょう。


ほかにも、熱いものも口内炎の刺激になってしまうので

ある程度冷ましてから食べるのがよいでしょう。

口に負担がないからといって、


雑炊やおかゆ、うどん等も熱い状態で食べてしまうと

逆効果になってしまうので注意が必要です。


こうしたように、

うまく食べるものを工夫することで

口内炎の治り悪化させず治りをよくすることができます。

そもそも、口内炎とはなぜできるのでしょうか??


口内炎はキレートレモンでは治らない?口内炎ができる原因とは?

口内炎はうまく食べ物での治りを良くすることもできます。



しかし、

口内炎ができてしまう原因を避けることができれば

なお良いとおもいませんか?

今回は、

口内炎ができる原因もお伝えしていきたいと思います。

口内炎にはいくつもの原因があります。


それによって名前も異なります。

疲労やストレス免疫力の低下、睡眠不足、栄養不足などが

原因とされているアフタ性口内炎。




女性の場合は

生理前や妊娠中のホルモンバランスが乱れる時に

できることもあります。

ほかにも物理的な刺激によってできるカタル性口内炎

また喫煙によってできる

ニコチン口内炎やカンジタ菌が増えることによってできる

カンジタ性口内炎というのもあります。


口内炎は、

色々な原因があってできるので

一概にこれが原因というのはないとされています。

どんな場合でも、適度な運動や十分な睡眠、

そして口内の環境を整えることが大事なのではないでしょうか。

まとめ

今回、

口内炎はキレートレモンで治るの?

ということについてお伝えしてきました。



実際、キレートレモンは口内炎には悪影響。

また、

キレートレモン以外の食材をうまく摂取することし、

NG食材を避けることで口内炎の治りを

早くできるかもしれません。

食材だけでなく、

口内炎の原因を知ることで

口内炎をつくらないような環境づくりも

大事なのではないでしょうか?


日頃の生活習慣を見直すことで、

口内炎ができないようにしていきましょう。

健康-育児口内炎
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました