水下痢に吐き気頭痛!原因と症状別の対処法!的確に解説します!

スポンサーリンク

寒い季節になるとインフルエンザが流行しますね(><)

予防接種をしたりと皆さん何かしらの対策をして予防すると思います!

ですが、
冬にはもうひとつ気をつけないといけない流行りの病気があります!

それがウイルス性胃腸炎です。

水っぽい下痢や吐き気、嘔吐、頭痛、発熱などの症状があります。

下痢も嘔吐もある為、

食事もなかなかとれなくなってしまいます(;▽;)

なるべくかからないように予防策などをお伝えします!


スポンサーリンク

【水っぽい下痢や吐き気や熱などの症状が出る胃腸炎。 吐き気や熱がなしの場合も当てはまるのかも解説します!】

ウイルス性胃腸炎は、秋から冬にかけて流行する胃腸炎です。

症状は腹痛、下痢、頭痛、発熱、吐き気、嘔吐などです。

下痢は水っぽい下痢になったりもします。

この症状は原因となるウイルスの種類によって少し変わってきますが、

だいたいは同じような症状が出ます!

また、
人によっては熱はなかったり嘔吐がなしあるいはあまりしないという場合もあります。

先程のような症状がさまざまな組み合わせで出てくると思ってください。

さまざまな組み合わせでと言っても腹痛や下痢は必ず現れます!

そんな症状を引き起こすウイルス性胃腸炎ですが、

多くの場合は生のカキから感染することが多いです!

海産物全般にも言えますが、カキが多いようです。

美味しいですが、生で食べるのはなるべく避けましょう!

また、家族などの身近な人にウイルス性胃腸炎の人がいる時も注意が必要です!

ウイルス性胃腸炎は人から人へ移ります。

患者の排泄物や吐しゃ物などにもウイルスがたくさん含まれています。

トイレを流す時には蓋を閉めてウイルスが飛ばないようにするなどの対策をとりましょう!

この2つに心当たりがあって冬の時期にひどい下痢がある場合は、

まずウイルス性胃腸炎だと思っていいと思います。

病院で診てもらうのがいいですが、

ウイルス性の場合は特効薬がないため対症療法になります。

要はウイルスを出し切らないことには治らないということです(><)

下痢や嘔吐で水分が失われ、

脱水症状になりやすいので水分をしっかりとってゆっくり休みましょう♪


【ウイルス性胃腸炎に似た、水っぽい下痢と吐き気と熱。冬以外は何が疑われるの?】

先程お話したウイルス性胃腸炎は冬に多いもの。

ですがこの様な症状は一年中起こりますよね?

冬場以外にも症状が出た場合は何が疑われるのでしょうか?

冬と逆の時期、夏に流行る感染性胃腸炎もあります。

それは細菌性胃腸炎です!

原因はウイルスではなく細菌です。

腸管出血性大腸菌のO-157が代表例です。

こちらの症状も同じようなもので、腹痛、水っぽい下痢や吐き気、嘔吐、熱などです。

この細菌性胃腸炎は夏に食べ物を長時間放置したり、火の通りが甘いと発症することが多いです。

消費期限を守ったり出来たものは早く食べる、しっかり火を通すということを気をつけてください!

このように、原因違いで胃腸炎は一年中起こります。

季節ごとの注意点をしっかり覚えて感染性胃腸炎にならないようにしましょう(^^♪


【まとめ】

さまざまな原因で胃腸炎は起こります。

ですが基本的には火を通すことと手を清潔にすることで防ぐことが出来ます!

冬場はついでにインフルエンザも防げちゃうので一石二鳥ですね(^^)

私も何度かウイルス性胃腸炎になったことがありますが、本当に辛いですよね(><)

1回胃腸炎になっただけでご飯も食べれないし全部出ていくしで

3kgも痩せたこともあります(笑)

久しぶりに38度の熱も出たので1日寝込んでしまいました(;▽;)

でもそれだけ本当にしんどいものなので、なるべく防いで健康に過ごせるようにしましょう♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました