老舗の甘味処♪「竹むら」!揚げまんじゅうが最高!

スポンサーリンク

昔ながらの味、やっぱり好きな方は多いですよね(^^♪

筆者もおしゃれなカフェも素敵ですが、和の雰囲気漂う甘味処も好きです(^^)

いろいろな甘味処がありますが、今回は老舗の「竹むら」をご紹介します!


【甘味処 竹むら】

竹むらとは東京の神田にある甘味処です!


詳しい住所は、東京都千代田区神田須田町1-19です。

アクセスは東京メトロ丸ノ内線、淡路町駅から徒歩3分といいですね!

営業時間は、11:00〜20:00


定休日は、日曜日、月曜日、祝日

座席数は44席と広めです。

カード払いには対応していないです。

創業はなんと、1930年!


昭和5年です(・o・)

90年近くも前に創業した老舗です♪

店舗の建物は東京都の景観条例に基づく東京都選定歴史的建造物に指定されています!

漢字だらけでちょっと難しい言葉ですがめちゃくちゃ簡単に説明すると、

「古くからある重要な建物」といったところですかね!

古き良き日本の建物といった感じです♪


スポンサーリンク

【甘味処 竹むらのメニュー】

そんな老舗の竹むらのメニューを紹介します!

・あんみつ
・みつ豆
・豆かん

・白玉あんみつ
・白玉みつ豆

・クリームあんみつ
・クリームみつ豆

・白玉クリームあんみつ
・白玉クリームみつ豆

・あんずあんみつ
・あんずみつ豆

・あんず白玉あんみつ
・あんず白玉みつ豆

・あんずクリームあんみつ
・あんずクリームみつ豆

・あんず白玉クリームあんみつ
・あんず白玉クリームみつ豆

・ところてん

・御ぜんしるこ(こしあん)
・田舎しるこ(つぶあん)

・黒あんしるこ(黒糖あん)
・餅ぜんざい(こしあん)

・いそべまき
・あべ川
・揚げまんじゅう
・くず餅

冷たいメニューもあります!

・冷やししるこ
・クリーム冷やししるこ

・氷しるこ
・氷あずき
・氷白玉
・氷あんず

・氷宇治
・氷宇治金時
・氷ミルク金時

・氷イチゴ、レモン、メロン
・氷イチゴ、レモン、メロンクリーム
・氷ミルク

・あん白玉(こしあん)
・小倉白玉(つぶあん)

・クリームあん白玉
・クリーム小倉白玉

・アイスクリーム
・クリームソーダ
・ソーダ水

メニューは2019年9月時点のものです。


時期によって変わるようなので冷たいメニューはもちろん夏季限定です。

価格は1つ、700円〜900円ほどです!


お持ち帰りもあるようで、揚げまんじゅうやおしるこを持ち帰れるほか、

ようかんの販売もしています!

おすすめはやはりおしるこ!

甘すぎずな程よい甘さの小豆汁にいい焼き加減のお餅が入った絶品!


これぞおしるこ!という感じです(^^♪

そしてもうひとつのおすすめが、揚げまんじゅう

サクッとした衣の中に熱々のこしあんがこれまた絶品!

揚げまんじゅうもかなり有名です♪

私はここの揚げまんじゅうに目がないです(笑)


【甘味処竹むらは実はロケ地にもなっていた!】

そんな由緒正しき竹むらですが、実は意外な作品のロケ地にもなっているんです!

2007年に放送されていたドラマ、ひみつの花園。

これは見てました!


おもしろかったですね〜!

2006年から2007年にかけて放送されていた、仮面ライダー響鬼。

そして2013年に放送されていたアニメ、ラブライブ!

主人公の実家として登場していたようです!


アニメのモデルになったことによって、ファンの方がモデルになった場所を巡る、

聖地巡礼で訪れる方が多かったそうです!

有名人も足繁く通っていたようで、時代小説・歴史小説作家として有名な、

「池波正太郎」も、よく訪れていたようです♪

ファンの方からしたら同じ味が食べれるのは嬉しいですね!

【まとめ】

有名な甘味処、竹むらについてご紹介してきました!

メニューも豊富で迷っちゃいそうですね(笑)

まずはおしるこや揚げまんじゅうを食べてみてはいかがでしょうか?(^^)

東京の都心からのアクセスもよく、

昔ながらの本格的な甘味が雰囲気のいいお店で食べられちゃう!

都会に疲れてほっと一息つきたい時もあると思います。

カフェでも落ち着けるところはたくさんありますが、

たまには甘味処もいいかもしれないですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました