スポンサーリンク

腹痛、下痢、嘔吐の不調は熱のありなしで解明!頭痛関節痛を伴う場合も!

スポンサーリンク
腹痛
スポンサーリンク

誰もが経験した事のある腹痛や下痢、嘔吐。

そのほとんどの原因は同じだと思っていませんか?

実は熱のありなしで原因は大きく変わってきます!

発熱の症状がみられないものや、風邪同様の発熱があるもの、

命の危険のある温度までの発熱を伴うものと、様々です(><)

それぞれの原因と対策をしっかり区別して覚えて、

迅速な対応をとれるようにしましょう!


スポンサーリンク

【単なる腹痛や下痢だと思っちゃいけない?!それってもしかしたら熱中症かも…】

夏場に気をつけなくてはいけない症状と言えば、熱中症ですね!

小さい子供やお年寄りはもちろんですが、

若い世代も十分気をつけないといけません。

熱中症の症状といえば、

体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などをイメージしますよね?

以外と知られていない症状として、

腹痛や下痢、嘔吐も場合によっては出てきます。

私も熱中症になった経験があります。

まだ体力の有り余っている20歳の時になりました。

それも家でです(笑)

最初は頭痛とめまいがあって少し熱っぽいかな〜ぐらいだったので、

寝れば治ると思いそのまま寝ました。

ですが次の日、強烈な腹痛で目が覚めました!

下痢と吐き気もあり病院に行ったところ、

熱中症との診断を受けました(^^;

若いからと油断して冷房のない部屋で過ごした結果です。

もちろんお医者さんには、

「若いからって油断しちゃダメだよ!」と少し怒られました(^^;

私が体験したように、熱中症の症状として腹痛や下痢がみられます。

特に小さい子供の場合は、

自分の不調を上手く言葉に出来ないこともあるので、

暑い時期に「気持ちが悪い」、「お腹が痛い」と訴えて

なおかつ体が熱い場合は熱中症の可能性があります。

水分を与えて体を冷やしてあげましょう!

毎年死亡者も出ている熱中症、きちんと処置して重症化を防ぎましょう!


【腹痛や下痢はあるけど熱はなし。この場合は何が原因?】

では、
腹痛、下痢はあり、熱はなしの症状の場合はどうでしょう?

この場合は「感染性胃腸炎」の場合が多いです。

感染性胃腸炎には2種類あり、

主に夏場に流行る「細菌性」、冬場に流行る「ウイルス性」とあります。

症状としては腹痛、下痢、嘔吐などがみられます。

発熱はあまりみられないですが、

まれに高熱が出ることもあるようです。

細菌の種類によっては、消化器系に現れる症状の他に、

神経症状として初期には、物が二重に見えたり、散瞳(瞳孔が拡大する)、

眼瞼下垂、めまい、悪心(むかつき)などの症状が出る種類もあります。

神経症状が酷くなると、

呼吸筋が麻痺し最悪の場合死に至るケースもあるので注意が必要です。

感染性胃腸炎の場合、

汚染された物を食べて感染する場合がほとんどです!

多くの細菌は加熱をしっかりするように心掛ければ防ぐことが出来ます(^^)

しかし、
ウイルスの場合はアルコール消毒剤や、

加熱に抵抗力があり防ぐことが少し難しいです。

しかも、
効果的な抗ウイルス薬がないため、症状を和らげる治療しかありません。

余計ツラいです(;▽;)

主に汚染された二枚貝(特に牡蠣)から感染する場合が多いので、

冬場の生牡蠣は避けるのが得策かと思います(><)

家に感染者がいる場合は嘔吐物にも大量にウイルスが含まれるので、

必ず手袋をしての処理をしましょう!

咳などではうつらないので、きちんと対策していれば感染は防げます(^^)


【まとめ】

このように、よくある腹痛や下痢と言えども、原因は大きく変わります!

時期によっても左右されてきますね!

一年中お腹の不調が起こる可能性はあるのでどの時期も油断なりません!

その時期にあった対策、

・夏場は熱中症にならないようにこまめに水分をとる

・細菌性の胃腸炎にならないように加熱をしっかりしたり、

調理から時間の経った食べ物は避ける

・冬場は生の貝類はなるべく避ける

など、その時々にあった対策をしてつらい思いをしないようにしていきましょう!

腹痛
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。

コメント

タイトルとURLをコピーしました