スポンサーリンク

便秘後下痢を繰り返す?知恵袋での原因と対処法3選!?

この記事は約5分で読めます。

便秘後、
下痢を繰り返すことないですか?

実は、それ・・・

過敏性腸症候群」や

大腸がん」の可能性があります。



日本人の15%以上がなっている
「過敏性腸症候群」。



そして、
生活習慣が原因で起こる「大腸がん」

「過敏性腸症候群」→
ストレスが原因で起こる病気。



心配事が多い人が、かかりやすいのです。


症状としては、
便秘と下痢を繰り返します。

食生活の偏り・肥満・飲酒などの

生活習慣が原因で起こる。



「大腸がん」も、
下痢と便秘を繰り返します。

そこで今回は

便秘のあと下痢が続く病気を

お教えします。



「過敏性腸症候群」「大腸がん」
この2つの病気と対処法をまとめました。

・便秘のあと下痢を繰り返す病気2選


・どんな症状が出たら、
何科で診察するべきか?


・便秘や下痢を解消する
腸ストレッチとは?


・便秘と下痢をする人に共通する
3つの習慣。

この4点を紹介します。

便秘のあと突然の下痢が来ると、

電車に乗る時困ります。



また、授業中や

仕事の間も集中できません。



日常生活でも、
困ったことが多いですよね。

そんな悩みを持っているあなた、

参考になるので、

この記事をご覧になってください。

最初に
便秘のあと下痢が繰り返す原因と
対処法を紹介します。

スポンサーリンク

便秘のあと下痢?知恵袋でわかる!その原因と対処法?

便秘のあと下痢?
その病気とは?


・過敏性腸症候群



病院で腸を検査しても、
異常はないけど


慢性的に便秘と下痢を繰り返す。

腹痛やお腹の張り、急激な下痢。


などの症状があります。


原因として、2つ挙げられます。

ストレス

脳と自律神経は、繋がっています。


そのため、脳がストレスを感じると

自律神経から腸へと影響を与えます。


ストレスで腸の動きが早くなると下痢。


ストレスで腸の動きが遅くなると便秘。


その他の要因として、
不安・緊張・周りへの過剰な反応

それが、ストレスとなり、

「過敏性腸症候群」が起きるのです。

細菌などの感染症腸炎

サルモネラ菌や
ノロウイルスなどの感染症腸炎。



その影響で、
腸が過敏になっている状態が
原因となります。

また、腸内細菌のバランスが
乱れることが原因の場合もあります。

抗生物質(抗菌薬)の影響で

腸内細菌のバランスが乱れます。



その結果、悪玉菌が増え、
その毒素で腸が過敏に反応するのです。

これが
過敏性腸症候群」を発症させる
原因となります。

・大腸がん


この大腸がん、初期では、
自覚症状があまりないです。



病気が進行すると症状が出始めます。

※大腸がんは、
死亡率が増加している危険な病気です。

以上の症状が出た場合、

大腸がんの可能性があります。

大腸がんは、
初期であれば生存率【94%】



がんが進行して、
肝臓や肺に転移すると、生存率【18%】

ですので、
早期に病院で診察することが大切です。

どんな症状が出たら、
病院で診察するべきか?

通常、下痢は、1週間位で治ります。



一週間以上、下痢と便秘を繰り返す場合。



病院で診察する必要があります。

このような症状が出たら、

早期に病院で診察してください。



過敏性腸症候群」「大腸がん」だけでなく、

大腸ポリープ」「大腸炎

などの可能性があります。

病院は、
胃腸内科・消化器内科・内科で
受診してください。

便秘・下痢改善の腸ストレッチ

※腸ストレッチ【腸活】便秘、下痢の改善、
腸内環境を改善して毎日スッキリ過ごせます。


という動画を用意しました。

自分でできる便秘・下痢の改善方法です。

興味のある方は、ご覧になってください。

次に、便秘や下痢で悩む人がする

それぞれ3つの習慣を紹介します。

便秘や下痢で悩む人がする3つの習慣。

・運動量が不足している。


運動量が不足すると、腸の動きが低下します。


これが、便秘や下痢の原因となるのです。

いきなり、
激しい運動をする必要はありません。



ストレッチや軽いウオーキングなどの運動。



または、軽めの腹筋や体幹を鍛える運動。

軽めの運動でも、腸に良い効果があります。



体を動かして、運動不足を解消してください。


・朝食を抜く。


食事をすることで、
腸への刺激になります。

朝食を取ることで、
排便の反射が活発になるのです。



ですので、朝食は、便秘改善に必要です。

とは言え、
いきなり朝食を食べることが、
難しい人もいます。



牛乳や野菜ジュースなどの飲み物からでも
始めてください。

朝食を、毎日食べること。


それが、
腸に刺激を与え、
便秘を改善させるのです。

・暴飲暴食をしている。


食事の量が、
急激に増えていませんか?


また、
間食が増えていたりしませんか?

腸を休めて、キレイにする時間が必要です。



腸内環境の乱れは、
便秘や下痢の原因となります。

暴飲暴食や間食を止めて、
食事をしない時間を作ること。

それが、
便秘や下痢を改善させる方法です。

便秘のあと下痢~まとめ。

  • 便秘のあと下痢を繰り返す病気2選。
  • どんな症状が出たら、
    何科で診察するべきか?
  • 便秘や下痢を解消する
    腸ストレッチとは?
  • 便秘や下痢を繰り返す人に共通する
    3つの習慣。

この4点を紹介しました。

便秘のあとに、繰り返す下痢。



過敏性腸症候群や大腸がんなどの
可能性があります。

特に、大腸がんは、早期発見が重要です。



便秘のあと下痢が長く続く場合、

早めに、病院での診察を、お勧めします。

運動不足を解消して、
3食しっかりと食べること。



間食を避け、
食事をしない時間を作ること。

こうした、健康的な生活習慣が、

便秘や下痢を解消させるのです。

タイトルとURLをコピーしました