スポンサーリンク

スマートウォッチの歩数計がおかしい!?検証結果!スマートウォッチの選び方!!

この記事は約7分で読めます。

スマートウォッチの歩数計は、
おかしい!?

そんな話を聞いた事が
ありませんか?

健康管理のできるスマートウォッチ、

そのスマートウォッチの歩数計は、

本当におかしいのか?

その点を、検証動画も含めて

結果をお教えします。

  • スマートウォッチの歩数計がおかしい!?
  • スマートウォッチの歩数計が
    おかしい時の原因

  • スマートウォッチの歩数計の
    デメリットとメリット

  • 歩数計付きスマートウォッチの選び方

以上の4点を紹介します。

スマートウォッチで、ウオーキング。


そんな、
健康的な生活を考えているあなた、

スマートウォッチの

デメリットとメリット。



スマートウォッチの選び方と

おすすめのスマートウォッチ3選。



その点も含めて、
分かりやすくご紹介します。

スマートウォッチの歩数計に、

疑問があるあなた、参考になるので

是非ご覧になってください。

まずは
スマートウォッチの歩数計が

おかしいについて紹介します。

スポンサーリンク

スマートウォッチの歩数計がおかしい!?

スマートウォッチ5社と
オムロンの歩数計比較


動画をご覧ください。

※スマートウォッチ5台と
オムロンの歩数計を比較したら、
おかしい結果が⋯

【歩数計 iphone 精度】。

オムロン歩数計の歩数と、
5社のスマートウォッチの歩数。

2社が多いですが、

残りの3社は少しだけ少ないでした。



共通する事は、

5社ともオムロン歩数計より

少ないという事です。

しかし全体的に、

大きな数の差はありませんでした。


(Xiaomi S1 Active 
オムロン歩数計との差 1,113歩)


上記の会社も、
別の理由で差がついたと思われます。

結論を言うと、
スマートウォッチの歩数計は、
かなり正確です。


歩数が少ない理由


・歩数カウントが停止する


こんな場合は、

端末の電源を入れ直して、

再起動をしてください。


これで、
歩数計測が行われる事もあります。


・バッテリーが少ない


バッテリーの残量が少ないと

バッテリーセーブ機能が働きます。



その結果、

歩数計センサーの動作が、

制限・停止されます。



歩数計を使う際は、

充分にバッテリーを補充してください。

・バッテリーセーブ機能の
アプリを使用している

パッテリーの消費を

抑えるアプリを使っている場合、

または、アプリの設定を

オンにしている場合、

歩数計センサーの動作を

制限・停止する事があります。



歩数計を使用する時は、

お心当たりがあるアプリは、

停止しましょう。

歩数が多い理由


手首に巻くスマートウォッチは、

歩いていると思われる動きを拾います。



そのため、

実際に歩いていなくても

手を動かす事で、歩いていると

認知する事があります。

その結果、
歩数が多い場合が起こります。

次はスマートウォッチの

歩数計がおかしい原因を紹介します。

スポンサーリンク

スマートウォッチ、歩数計がおかしい原因とは?

歩数計が、

動かない/停止してしまう原因について、

紹介します。

スマートウォッチが
不規則な動きをする。

スマートウォッチをカバンに入れたり、

ポケットに入れたりする場合、

歩数計のセンサーがうまく動かないで、

不規則に動きます。



すると、歩数計のカウントが

おかしくなります。

歩きが不規則

不規則な歩きとは、

すり足歩行・サンダル・草履などで

歩く事です。



その結果、
歩数計がうまく計測できません。

また、人込みの中を歩く時も、

歩行が乱れます。



そして、
歩数計がうまく計測できません。

激しい運動や乗り物の振動


スポーツなどで激しい運動をしている時、

歩数計は、正確に計測できません。

また、電車やバスなどの乗り物の振動で、

歩数計が誤って計測する事もあります。

次に、
歩数計のデメリットとメリットを紹介します。

スポンサーリンク

歩数計のデメリットとメリット

・デメリット


スマートウォッチの
バッテリーをかなり使う。


スマートウォッチを

ウォーキングに使う結果、

バッテリーをかなり使います。

そのため、
毎日充電する必要があります。



そんな作業が、

面倒な人もいるでしょう。

ただ、最近のスマートウォッチは

充電が持ちます。

充電の持ち時間の長い

スマートウォッチを、

購入する方法もあります。



そうする事で、

バッテリー消費の問題を

解決する事もできます。

歩数計の使い方に慣れるまで、
時間がかかる。


初めて歩数計の付いた

スマートウォッチを購入した人は、

新しく覚える事が多いため、

戸惑うでしょう。

だだ、

スマートウォッチで歩数計を使う時は

スマートウォッチを

手首に着けるだけで大丈夫です。

初めは、難しく思うかもしれませんが⋯。

アプリを音声入力で、

スタートする事もできます。



実は、意外と簡単ですよ。

・転倒などの事故で、
破損の恐れがある。


ウオーキング中の転倒などで、

スマートウォッチが破損、

また、突然の雨で、

スマートウォッチが水濡れする事もあります。


スマートウォッチは、

安いものでありません。



また、買い直す事を考えると、

購入を迷ってしまいます。

ただ、最近のスマートウォッチは、

防水機能が優れています。



液晶画面も、壊れにくくできています。



液晶画面の保護フィルムも、
売っています。

購入時に、
保険に加入する方法もあります。


・メリット


・消費カロリーの計算ができる。


スマートウォッチの歩数計は、

消費カロリーの計算もできます。



身長・体重等の情報を登録すると、

より正確な消費カロリーも分かります。

消費カロリー以外にも、

健康に関係するデータを、

数値やグラフで確認できます。

・スマートフォンと連動すると
グラフ等が作れる。


スマートフォンと連動する事で、

自分の健康状態を、

グラフや表で見る事ができます。

また、消費カロリーや

歩数の増減もグラフで見る事ができます。



これは、ダイエットにも使えるので、

便利な機能です。

・GPS機能を使うと、
ウオーキングコースの把握も可能。


GPSが搭載している

スマートウォッチを使うと、

ウオーキングのコースや

ペースが分かります。

その結果、

その日の体調や歩いた記録もできます。

ウオーキングは、毎日の積み重ねです。

なかなか、効果が出ません。

しかし、GPSがあると、

ウオーキングの記録が分かります。


それを見る事で、

モチベーションが上がりますよ。


次に、歩数計付きのスマートウォッチの
選び方を紹介します。

スポンサーリンク

歩数計付きスマートウォッチ選び方3選

1.防水機能が備わっている

ウォーキングやランニングで、

スマートウォッチを使う場合、

防水機能がついたスマートウォッチが

おすすめです。

運動中、常に体に身につけるため、

汗や手洗いの時の水はねで、

水がかかります。



故障の原因にもなるので、

防水機能の優れたスマートウォッチが

いいでしょう。


2.GPS機能が備わっている


GPS機能の備わっているスマートウォッチは

加速度センサーのみの歩数計より、

さらに正確に歩数を計測できます。

さらに、ウオーキングのコースや

ペースも確認できます。



そのため、
ウオーキングのモチベーションも
維持できます。

精度の高い歩数計で、

健康データを記録できます。

3.大手企業の
スマートウォッチを選ぶ


大手企業が販売するスマートウォッチは、

質が高く精度の高いデータが取れる技術が

詰め込まれています。

そのため、
精度の高いデータを記録できます。

より健康的な毎日を過ごしたい方は、

大手企業のスマートウォッチを

選ぶべきです。


※【スマートウォッチ】
2022年上半期おすすめスマートウォッチ3選
(HUAWEI/GARMIN)~ヘルスケアもお任せ!~

と言う動画を用意しました。

ビックカメラが紹介する、

2022年上半期の

おすすめスマートウォッチ3選です。

スマートウォッチの購入を考えているあなた、

参考になるのでご覧になってください。

スポンサーリンク

スマートウォッチの歩数計がおかしい~まとめ。

  • スマートウォッチの歩数計がおかしい!?
  • スマートウォッチの歩数計が
    おかしい時の原因

  • スマートウォッチの歩数計
    デメリットとメリット
  • 歩数計付きスマートウォッチの選び方

以上の4点を紹介しました。

スマートウォッチの歩数計はおかしい、

という話もありましたが⋯。

実証している動画を見る限り、

多少の誤差はありましたが、

かなり正確です。

歩数計は、

歩数を測るだけの機能ではありません。



歩行中のカロリー計算・運動量の調節。

さまざま事が、分かります。



さらに、ダイエットにも使えます。

スマートウォッチの歩数計は、

健康管理に優れています。

あなたも、歩数計付きのスマートウォッチを

購入してみませんか?

タイトルとURLをコピーしました