スポンサーリンク

くしゃみ鼻水が止まらない!これで止まらなければ病院へ!!

「熱もないのに、くしゃみ・鼻水が止まらない?」


皆さん、そんなことがありませんか?

くしゃみ・鼻水が止まらないため。


仕事や勉強に集中できない⋯(>_<)。

そこで、止まらないくしゃみ・鼻水の対処法として。

・くしゃみ・鼻水が止まらない時の原因。


・くしゃみ・鼻水が止まらない時の対処法。


・病院で診察した方がいい症状とは?


・自分でできるくしゃみ・鼻水が起こらないための予防法

以上の4点をまとめてみました。

くしゃみ・鼻水が止まらないと大変です。


もしかしたら、何かの病気の可能性もあります。

くしゃみ・鼻水が止まらなくて悩んでいるあなた。


参考になるので、ご覧になってください。

最初に、
くしゃみ・鼻水が止まらない原因と対処法を紹介します。


スポンサーリンク

くしゃみ・鼻水が止まらない原因3選と対処法

くしゃみ・鼻水が止まらない原因3選


アレルギー症状

花粉症やほこりなどのハウスダスト。

これらのアレルギー症状が原因で、
くしゃみ・鼻水が起こります。

・くしゃみ・鼻水が止まらない。

・目のかゆみ、涙が止まらない。

・のどや皮膚のかゆみ。

と言った症状が多いです。

朝の起床時に、
くしゃみ・鼻水が現れるモーニングアタック。


と言う症状も多いです。


寒暖差アレルギー症状

寒暖差アレルギーは、
気温差が激しい時に起こります。

・鼻水・鼻づまり・くしゃみが止まらない。

・肌の表面に、ジンマシンが出る。

・ストレスが溜まり、イライラしてしまう。

・食欲不振で、胃の調子が悪い。

などの症状があります。

他の症状と見分ける方法

鼻水が、黄色い→一般的なアレルギー症状

鼻水が、透明 →寒暖差アレルギーの症状



かぜ症候群


ウイルスが喉に感染して起こる防衛的反応です。


かぜ初期では、
鼻水が透明でサラサラしていることが特徴。

・鼻水・鼻づまりが止まらない。

発熱

・喉が痛くなる。

・咳や痰が出る。

などの症状があります。

副鼻腔炎

副鼻腔炎は、別名蓄膿症と呼ばれています。


ウイルス・細菌感染により、鼻の粘膜が腫れた状態。


その結果、大量の鼻水と、
色々な鼻の症状が起こります。

・鼻水・鼻づまりが止まらない。

・夜になると咳き込んで寝苦しい。

・頭痛も起こる。

・嗅覚が低下する。

と言った症状が出ます。

くしゃみ・鼻水が止まらない時の対処法。

埃や花粉を取ってから部屋に入る。


埃や花粉が原因の場合、

外から自宅に戻った時、

しっかりと衣服の花粉を取ること。


ローラーなどで、丁寧にとってから入ってください。

また、エアコンにもアレルゲンが溜まります。


定期的に、
フィルターの交換をすることも大切です。


鼻水をかむ。


鼻水が出ると、鼻水をすする方も多いです。


鼻水をすすると、細菌が鼻の奥に侵入。


副鼻腔炎や中耳炎の原因となります。


ティッシュペーパーを使って、

対外に排出してください。

鼻をかむ時、ゆっくりとかんでください。


力みすぎないように、してください。


鼻や体を温める。


部屋が乾燥すると、鼻の粘膜が乾燥。


鼻水が出やすくなります。

蒸しタオルを鼻の付け根に当てると、

鼻の血行が改善。



その結果、
蒸気で、鼻水が緩和することもあります。

また、しっかりとお風呂に入浴することで、

体の血行も良くなり、鼻の中も加湿し、

鼻水が緩和します。

市販薬を使用する。


鼻水・鼻づまりが止まらない場合

市販薬を使用する方法もあります。


急性鼻炎(鼻風邪)

症状として
鼻水・鼻づまり・発熱・咳があります。

薬を選ぶ際は、抗ヒスタミン作用・抗コリン作用

上記の配合された風邪薬が効果的と言われています。

アレルギー性鼻炎

症状として
透明な鼻水が、止まらない。


くしゃみが、何回も出る。


鼻の粘膜が腫れて、鼻づまりが起きる。

薬は、抗ヒスタミン配合の薬がいいそうです。


くしゃみ・鼻水によく効きます。


また、眠気を誘わない特徴もあります。

※ちなみに、ドラッグストアには、
登録販売者や薬剤師がいます。



詳しいことは、
登録販売者や薬剤師にうかがってください。

【鼻づまり一瞬で治す】花粉症や鼻炎に効くストレッチ方法
【もみほぐし・もみつぼ5】

という動画を用意しました。


花粉症や鼻炎に効くストレッチの動画です。


参考になるので、ご覧になってください。


https://youtu.be/QVPacd2lzcY

次に、
くしゃみ・鼻水の予防法と病院で診察する症状を紹介します。


普段からできる、くしゃみ・鼻水の予防法!  病院で診察する症状

・ほこりを集めやすいものは、置かない。


毎日、部屋の掃除をして、
埃や花粉の除去に努めましょう。


布団・枕カバー・カーテンにも付着しやすいです。

こまめな掃除や洗濯で、
アレルゲンを排除することも大切。

就寝時には、アレルゲンの吸入を防いだり
寒冷刺激を和らげるため。



マスクをする方法もあります。


・空気清浄機・加湿器を使う。

埃や花粉は、空気が乾燥すると飛びやすい。

空気が乾燥していると、

自宅にいるだけで、埃や花粉が舞います。


その結果、鼻水や鼻づまり、

くしゃみが止まらなくなります。


空気清浄機で、空気をきれいにすること。

湿度が50%位だと、埃や花粉が飛びづらいため。



部屋の湿度は、
50%位、室温は、20~23℃が最適です。


病院で治療した方がいい症状

以上の症状が出た場合
至急、耳鼻咽喉科での診察をお勧めします。

くしゃみ・鼻水が止まらない原因~まとめ。

・くしゃみ・鼻水が止まらない原因。

・くしゃみ・鼻水が止まらない時の対処法。

・病院で診察した方がいい時の症状とは?

・自分でできるくしゃみ・鼻水が止まらない時の予防法

以上の4点を紹介しました。

くしゃみ・鼻水が止まらないと大変です。


仕事や勉強に集中することができません。


日常生活にさまざまな支障をきたします。

今回、いろいろな対処法を紹介してきました。


いろいろ試してみてください。

必ず、くしゃみ・鼻水を止める方法があります。

くしゃみ・鼻水を解消して、
気持ちのいい毎日を過ごしましょう。

健康-育児鼻水
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました