スポンサーリンク

鼻水が緑色の時は治りかけ?風邪を治すための建設的な行動。

この記事は約7分で読めます。

鼻水がはよくある風邪症状ですが

思い出してみると

風邪の経過に応じて

色や状態が少しずつ変わっていきますよね。

緑色がかっている鼻水には

ウイルスや

そのウイルスと戦った白血球の死骸が含まれています。


つまり

治りかけの時に出てくるものなのです。

熱が出るか出ないかに関わらず

体の中でのウイルスとの戦いが終わり

体には不要なものを排出しているのです。


でも

中には鼻の中で

炎症を起こしているサインであることもあるんです。

ただの風邪と軽く見てしまいがちな鼻水ですが

炎症を起こしていると聞くと

少し心配になりますよね。


この記事では

風邪の始まりから終わりまで

その経過のなかで鼻水の状態はどのように変化するのか

風邪を少しでも早く治すコツ

について見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

鼻水が緑色でネバネバしているのは戦った証?風邪のひき始めから終わりまで。

まずは

風邪のひき始めから終わりまでを順に

風邪の経過を見ていきましょう。


[風邪のひき始め ウイルスの侵入を防ぐ]

風邪のひき始めの鼻水は

ウイルスをこれ以上体内に侵入させないために流れます。


まだ

体の表面にただくっついているだけのウイルスを

まるでシャワーで洗い流すかのように

サラサラと大量の鼻水で外に追い出すのです。


もう一つのウイルスの侵入口である喉でも

咳で喉の粘膜に張り付いたウイルスを追い出そうとします。


喉と鼻は繋がっているので

鼻水の一部は喉の方に垂れていくこともあります。


この鼻水もまた

咳として外に排出されるんです。

この場合は

少し痰が絡んだような咳になることもあります。

咳であっても鼻水であっても

排出しようとしているものを残したままにしてしまえば

体の奥まで侵入するのを許してしまうことになります。


鼻水を吸ってしまったり

咳を我慢してしまうと

ウイルスの方を助けてしまうことになるんですね。


[発熱中 ウイルスを攻撃し死滅させる]

ウイルスが体の中に侵入すると

白血球が反応してウイルスとの戦いが始まります。


ウイルスとの戦いは

白血球の捨て身の戦いです。

ウイルスを見つけると

自らの中に取り込んで消化してしまいます。

そして

そのまま死骸として外に排出されてしまうのです。

先程のシャワーのような鼻水と違い

ウイルスや白血球の死骸が混ざっているので

ネバネバした、色のついた鼻水になるんですね。


また発熱には

この白血球の戦いを手助けし

ウイルスの動きを妨げる役割があります。


白血球などの免疫細胞は

体温が上がることによって活発になり

細胞の数も増えます。

つまり戦う兵隊の頭数が増えるんです。


逆にウイルスにとっては

体温の高い体は生死を脅かす環境になります。

ウイルスの繁殖には

気温が低く乾燥した環境が必要です。

40°Cを超える環境では死滅すると言われています。

熱が出るというのは

それ自体が悪いことのように思われがちですが

むしろ免疫細胞を助太刀する

とても重要な働きなんですね。


[風邪の治りかけ ウイルスや白血球の死骸を排出する]

白血球やウイルスの死骸の排出は

一度に大量にはできないので

熱が下がってもしばらく続きます。

一生懸命働いてくれた細胞ですが

体にはもう不要な存在です。

正常な体の働きのためには

一刻も早く体の外へ排出する必要があります。

鼻水として排出されるのはもちろん

咳としても排出されます。

また

この鼻水も喉の方へ落ちて

痰の絡んだ咳になります。

鼻水を吸ってしまうと

いつまでも排出が終わりませんし

痰となって出てくるだけなので二度手間です。


きちんと鼻をかんで

早くだしきってしまうのが得ですね。


[なかなか治らない鼻水は副鼻腔炎の可能性も]

色のついた鼻水は

ほとんどの場合治りかけで

何日かすると落ち着きます。


ですが

中にはこのまま副鼻腔炎に移行してしまう場合もあるんです。


黄色よりも緑色の鼻水の方が

副鼻腔炎で炎症を起こしている可能性が高いようです。

副鼻腔炎とは

簡単に言うと”鼻水がいつまでも治らないこと”を言います。

鼻水が長引く事で炎症が起き

いつも空であるはずの副鼻腔に

膿が溜まってしまっているのです。


明らかにウイルスの排出は終わっているであろう

というくらい日数が経っているにも関わらず

いつまでも鼻水が治らない

むしろ

色や臭いが強くなっているなら

たかが風邪と放っておかずに

耳鼻咽喉科を受診しましょう。



鼻水が緑色ならもうそろそろ治る?風邪を論理的に治すコツ。

風邪は咳や鼻水、発熱など

それ自体はよくある症状で心配はしなくても

厄介なものであることに変わりはありません。


特に忙しい方ほど

仕事に穴を空けるくらいならと

無理をして働き続けてしまいます。


でも

咳も鼻水も発熱も

風邪を治すために体が起こす最も効率的な方法です。



必要なだけ鼻水を出し

必要なだけ熱を出しているだけなので

体も心も休ませて戦いに協力するのが

実は最も効率的な治し方なんです。



それに

「早く治らないかなー」とただ待っているのではなく

具体的に対処する論理が分かっていれば

「建設的な行動ができた」と納得できるのではないでしょうか。



ここでは

風邪を少しでも早く治すためにできる

風邪中の過ごし方のコツについて

見ていきます。


[発熱前の鼻水や咳]

・鼻水を出す

せっかく排出しようとしている鼻水を

体に留めてしまっては

ウイルスの方を手助けしてしまうことになります。

こまめに鼻をかんで



できる限りウイルスを外に追い出しましょう。


・うがいをする

喉もまた

ウイルスの入口になります。

こまめにうがいをして喉からの侵入も防ぎましょう。

こまめに水分を摂ることも有効です。

胃まで流してしまえば

胃酸によってウイルスを死滅させることが出来ます。

ウイルスの侵入口は
あくまで”粘膜”です。

喉や鼻の粘膜から

ウイルスを取り除くことを考えましょう。

・体を温め加湿する


ウイルスの大敵は”熱”と”湿度”です。

生きにくい環境を作って
ウイルスの侵入を防ぎましょう。


[発熱してしまったら]

・エネルギー源を絶やさない

熱を発生させるのにもエネルギーが必要です。

体調が悪い中でも楽に取れる食事で

風邪と戦う体力をつけましょう。


・心と体を休める

発熱も

鼻水や咳がある中で呼吸するのも

体力を使います。

病は気からといいますが

何も気兼ねすることなくゆっくり休める事が

風邪から回復するために必要な事なのではないでしょうか。


仕事や学校の事は一旦脇へ置いて

深く眠れるようにできるといいですね。


・体を温め加湿する

熱が上がりきるまでは

体は発熱しようとパワーを使っています。

その加勢ができるように

体を温め加湿しましょう。


[熱が下がってきたら]

・栄養を取り体力を付ける

体調が悪いと十分に食事が取れないにもかかわらず

発熱で体力を消耗し

体を元の状態に戻す体力が足りていません。


体を休めつつも

しっかりと栄養になるものを食べて

早く元の状態に戻れるようにしましょう。


・鼻水や咳を出し切る

鼻水や咳に含まれているウイルスは

既に死滅した物がほとんどですが

鼻水が残っているのは普通の状態ではありません。


きちんと出し切らないことには

鼻水の出る不快感は無くなりません。


鼻をかんだり

喉に落ちて痰が絡むようならうがいをして

なるべく早く出し切るようにしましょう。


少しでも早く風邪を治すために。

風邪は厄介なものです。

きちんと滞りなく

月〜金まで働くことを前提とした生活は

数日間お休みするのも躊躇してしまうくらい

立て直すのが難しいもの。


でも

ここで無理をしてしまうと

適切な時間で対処できるはずだった風邪を

逆に長引かせてしまうかも知れません。


抗わずに

少し体の手助けをしながらゆっくり休むのが

実は1番手っ取り早く風邪を治す方法なんです。


自分が

建設的な論理的な行動を取れているという事も

気持ちを整えて休むのに良いですね。


少しでも早く治して

またアクティブに活動できるといいですね。

タイトルとURLをコピーしました