スポンサーリンク

おでこ出しが似合わない髪型!あなたに合う合わせ方。

この記事は約6分で読めます。

おでこを出すか出さないか

小さい頃からの習慣で

どちらかに固定されてしまっている人も

多くいます。

前髪の有無は変わるとそれだけで

一瞬誰だかわからなくなってしまうほど

印象が大きく変わる部分です。


イメチェンしたいなら

1番効果が出やすいのです。

でも

髪はそんなにすぐに伸びるものではないですし

なかなか踏ん切りがつきません。

コンプレックスを隠すためには

髪の毛で隠すのが最善策!

おでこ出しが似合うのは美人さんだけ!

なんて思っていませんか?

実は

おでこ出しスタイルが似合う人と

似合わない人には法則があるんです。

それが分かれば

勇気を出してチャレンジできそうですよね?

この記事では

おでこを出すスタイルの似合う人、

似合わない人の特徴や

ただ前髪を伸ばすだけではない”似合わせ方”

についてみていきたいと思います。


自分の”似合わせ方”が分かれば

似合わなかったスタイルにも

チャレンジできるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

おでこ出しスタイルが似合わないには眉も重要?おでこ出しスタイルが似合う人の特徴。

まずは、どんな人が

おでこ出しが似合わないのか

見てみましょう。

[おでこ出しスタイルが
似合わない人]

・童顔の人

実年齢より若くみられると言うのは

とっても羨ましいことですが

おでこ出しスタイルには

そのデメリットが出てしまいます。

おでこ出しスタイルには

大人っぽさや綺麗さ

都会的や洗練された

といったイメージがつきます。

キリッとした目や眉が向いているスタイルには

幼い印象を与えてしまう童顔は不向きなのです。


・おでこが狭い人、広すぎる人

人差し指、中指、薬指をくっつけて

おでこに当ててみてください。

生え際や眉

どちらかがかかってしまうようだと

おでこが狭いと言えますね。

おでこを出すと

ダイレクトにその印象が伝わります。

印象が強ければ

おでこにばかり注目されてしまうのです。

反対に面長でおでこの面積が大きすぎる人や

おでこが盛り上がっているでこっぱちにも

おでこを出すスタイルは似合いません。

前髪がなく何も遮るものがないと

悪目立ちしてしまうのですね。


・癖が強い髪質の人

どんなにブローをしても

スタイリング剤をつけても

直らないガンコなクセ毛も

おでこを出すのには不向きです。


おでこを出すのは

スタイリッシュな大人っぽい印象になる

整った髪型が似合います。

ですが

癖が強いとただ伸ばして

くくっているだけのような

ズボラな野暮ったい雰囲気に

見えてきてしまうのです。


・髪の毛が少ない人

髪の毛が少なかったり細かったりすると

どうしてもペタッとした

輪郭に張り付くような髪型になりがちです。

おでこを出すからといって

髪の毛を見せなくていいと

言うわけではありません。

見える髪の毛とのバランスが必要になります。

長くなると先端の髪の重みで引っ張られて

根元の毛がペタッとねてしまいがちです。

毛の量が少なかったり細かったりすると

それに抵抗するのも難しく

どうしても寂しい印象になってしまうのです。


[おでこ出し
スタイルが似合う人]

では反対に

おでこ出しスタイルの似合う人は

どんな特徴があるのでしょうか?

ここでは特に

コンプレックスと思われがちな部分でも

実は魅力的という特徴を見ていきます。


・耳が大きい人

耳が大きいと言うのは、一見すると

コンプレックスのように聞こえますが

髪をかき上げ耳にかけるスタイルは

小顔に見せる効果があり

生え際から耳にかけての髪の毛のラインは

優雅な印象を与えてくれるのです。


・エラが張っている人

エラが張っているというと

なるべく分厚く重たい髪の毛で

隠してしまおうと思いがちです。


でも実は

しっかりおでこを出して明るい印象を与え

生え際から

下に降りる髪の毛のラインを見せることで

スッキリと女性らしいスタイルに

することができます。


・眉が濃い人

こちらもデメリットに思われがちですが

眉が濃いということは

どんな眉の形にも

整えていくことができるということです。


しっかりとした眉は

キリッと凛とした表情にもなり

真面目でクールな印象なります。

おでこ出しが似合わない!?ても諦めなくていい?印象を変えるテクニック。

では

”おでこ出しスタイルが
似合わない”

という人はもう

おでこ出しスタイルには

挑戦できないのでしょうか?


実はちょっとした工夫で

先程の似合わない顔型もに

合わせることができるのです。

・童顔の人


可愛らしい甘い印象の顔で

おでこ出しスタイルが似合わないと

思っていた人はメイクや服装など

他の要素で大人っぽさを演出すると

おでこ出しスタイルの雰囲気にも馴染みます。


ぱっちりというよりは

キリッとしたアイラインや

きらきらしすぎす落ち着いた色で

大人っぽさを演出してみてください。


・おでこが狭い人、広すぎる人


おでこの狭さが気になるときは

横に流した髪型ではなく

かき上げたようなスタイルや

ポンパドールのような

立体感のある髪型がおすすめです。


髪の毛で縦長の印象をつけてあげることで

全体のバランスを整えることができます。

反対におでこが広すぎることで

おでこ出しスタイルが似合わないと

思っている人は

おでこの幅を誤魔化すような髪型が効果的です。


ふんわりと立ち上げた動きのある前髪を

おでこ周りに散らすことで

おでこの広さをほんのり隠してくれます。


・癖が強い髪質の人

癖が強く目的の髪型を作るのが

難しいこの髪質の人たちには

縮毛矯正やストレートパーマで

いったん癖をリセットしてあげると

毎日のスタイリングが簡単になりますよ。


施術を受けたばかりの髪は

癖がつくと元に戻りにくいので

少し落ち着いてから試してみてくださいね。


・髪の毛が少ない人

ペタッとして寂しい印象の人には

あえて半端な長さの前髪を混ぜて

ふわっと顔に乗る髪の毛を作ることが大切です。

ヘアアイロンなどで

しっかり根元から立ち上げてあげるのがコツです。


大胆なイメチェンも怖くない!

髪の毛は1ヶ月にやく1センチしか伸びません。

一度変えると

そう簡単には元に戻せない髪型

慎重になってしまうのが当たり前です。

でも

似合う、似合わないのポイントを

うまく抑えてれば大胆なイメチェン

かつ

絶妙なに合わせスタイル

が実現できるかもしれません。


ぜひ鏡で見比べながら

あなたにおでこ出しスタイルを”似合わせて”くださいね。

タイトルとURLをコピーしました