縮毛矯正の頻度を教えます!セミロング!ロング!これだけは守るべし!

スポンサーリンク



私の髪の毛、クセがあるけど縮毛矯正の頻度ってどれくらいで行ったらいいの?


って思う方もいらっしゃいますよね。


確かに人によりますが髪の毛の長さで縮毛矯正する頻度は変わってきます。


セミロングの方ですと2ヶ月では早すぎます。


クセ具合とかで変わってきますが約4ヶ月ぐらいかおすすめします。


クセが弱い方は6ヶ月ぐらいあけてもらっても全然問題ないかと思います。


この期間ぐらいあけますと髪の毛にかかるダメージを少なくて済みます。


あまり早すぎるとダメージが大きくなりケアに時間や費用がかかってきます。


適切な時期に縮毛矯正をしてあげれば無駄な手間をかけずにいけます。


ケアを怠ると髪の毛がパサついたり、

広がってきたりとクセじゃなくてダメージだけが広がってしまいます。


縮毛矯正ではどんなヘアスタイルでも日々のケアが大切です。


きちんと髪の毛をブローしてあげる事が長く保つ秘訣です。


スポンサーリンク

縮毛矯正 の頻度はロングだと?



ロングヘアの頻度をご紹介する前に、

縮毛矯正をしなくてはならないくせ毛の原因をあげてみますね。


クセ毛の原因は、

遺伝やホルモンバランスの変化、毛穴の詰まり、

頭皮の血行不良が原因だとされています。


1番は遺伝の可能性が高いです。


遺伝ではどうしようもないじゃないかと思うかもしれません。


ですが、髪質は年齢などによって変化します。


若かった時は固くて質感が良かったのに、

年齢を重ねる事に柔らかくなり少なくなってくるのです。


これはホルモンバランスの変化によるものです。


頭皮の血行不良や毛穴の汚れはなどの予防策は髪の毛をしっかり洗い、

清潔に保つ事が大切です。

これは縮毛矯正した後もこの予防法は大切になってきます。


もともとの質感を変えるのは簡単では無いので、

そのための縮毛矯正があります。


縮毛矯正したから何もしなくていい。ではないのです。


ロングヘアの人の場合は個人差がありますが、

大体は半年に1回のペースが一般的な頻度になります。


なぜセミロングより長いのかと言うと、

髪の毛が長い分クセが目立ちにくいからです。


梅雨前に縮毛矯正して、

年明けぐらいにまた縮毛矯正する人が多いですね。


ロングヘアの場合は年に2回ほどで大丈夫です。


多くても年に3回ほどの人がほとんどです。


魅力的なストレートヘアに出来ますが、

ヘアメニューの中でも縮毛矯正はかなり

リスクのあるメニューだと知っていてほしいです。


薬剤や熱で強制的にストレートにするので、

髪の毛にかかる負担かなりあります。


サラサラの髪の毛にするには、

セミロングと同様に日頃の手入れが大切になってきます。


髪の毛をいたわり、

手入れすれば縮毛矯正したダメージはかなり減らす事ができます。


縮毛矯正は2カ月ごと?



クセが強く2ヶ月に1回は縮毛矯正したいと思う方もいらっしゃいますが、

縮毛矯正で2ヶ月の頻度で美容室に行くのはおすすめできません。


なぜかと言うと、
やはり髪の毛に与えるダメージが大きいからです。


パサついたりとケアが大変になってきます。


全体的な縮毛矯正ですと、

最低3ヶ月ぐらいの期間はあけるようにしましょう。


最低3ヶ月ぐらいあけないと縮毛矯正の失敗にも繋がります。


だからと言って、不定期にやるのもよくないですね。


髪の毛がパサついたり、ダメージが広がる原因に繋がって行きます。


せっかく縮毛矯正したのに残念な結果になりかねません。


きちんと期間を決めて、

1番最適な時期に縮毛矯正をやりに行く事をおすすめします。


ショートの髪型や部分的な縮毛矯正であれば人によりますが、

2ヶ月で縮毛矯正を施術しに行く分には問題ありません。


ただ部分的な縮毛矯正でも同じ箇所をあてるのはあんまりおすすめできません。


クセが強く気になるのであれば、

生えてきた根元だけを縮毛矯正するやり方があります。


生えてきた場所だけにするとダメージが少なくて済み、

他の髪の毛を傷めなくて済みます。


クセは強くないけど気になるなーって方は、

ヘアアイロンやコテなどを使いストレートにした方がいいですね。


それでも1日ぐらいでしたら持続性があります。


髪の毛を傷めずにできる事をした方がいいですからね。


1番ベストなのはやはり最低、3ヶ月から6ヶ月ぐらいはあけるようにしましょう。

髪の毛のダメージも少なく、日頃のケアもすくなくて済みます。


まとめ


セミロングやロングヘアでは縮毛矯正する期間や頻度は変わりありません。


ロングヘアでクセが強くない方は少ない頻度でいけますが、

人それぞれ違います。


ですが短い期間で縮毛矯正をするのは絶対にやめましょう。


かなり髪の毛にダメージを与えてしまう事で要らない時間や、

費用がかかってしまうだけです。


そんな時間を掛けないように期間や頻度をきちんと守って、

パサパサやダメージのないサラサラのストレートの髪の毛になります。


あとはきちんとお風呂上がりにブローして、

日頃ケアをしっかりして髪の毛を守ってあげましょう。


これらを守って理想のサラサラストレートヘアスタイルを手に入れましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました