行きたくない会社に入社!?退職の理由や挨拶はこれで決まり!

スポンサーリンク

特段惹かれたわけではないけど、とりあえず生活のために入社した会社。

毎日働く中で、仕事内容がしっくりこなかったり、

人間関係で困ったりしている方も少なくないのではないでしょうか?

やっぱりこのままじゃ嫌だ!そう一念発起したはいいものの・・・

でも、会社を辞める時って、どうすればいいの?

「飛ぶ鳥あとを濁さず」に、円満退職できるよう、

一般的なスケジュールや挨拶についてご紹介します!


スポンサーリンク

・退職までのスケジュール

労働基準法では、退職の意思を示した2週間後に退職ができることになっています。

しかし実際には、退職に必要な社内外での手続きや、業務の引継ぎも考慮すると、

なかなか、2週間での退職は厳しいもの。

やむを得ない事情で、急遽退社しなければならない場合を除いて、

自分も周りの人も嫌な思いをしないよう、焦らず着実に進めていきましょう。


● 退職の意思表示・退職日の決定 (3~1.5カ月前)

  退職の意思が固まったら、直属の上司に、まず話をします。

  「少しよろしいでしょうか?」などと一言掛け、別室で話しましょう。

  人によっては、業務時間中に、このような話をされるのを嫌がる方もいるようですので、

  休憩時間や定時後にお声掛けするのも、ひとつです。

  強い引き止めにあうことがあるかもしれませんが、

  自分の意思をしっかり、淡々と伝えるように意識しましょう。

  最後に退職日の相談です。

  引継ぎ期間や有休消化の日数を考慮し、最終出社日を確定させます。

  すでに部内に在籍する人に引き継ぐのか、または、

  新しい人を採用するのかによっても、必要な日数が変わってきますので、

  もちろん個人の希望もあるとは思いますが、

  きちんと上司と相談した上で、退職日を決めることが円満退社には欠かせません。


● 退職届の提出(1.5~1ヵ月前)

  退職の交渉が終わったら、退職届を提出します。

  自己都合での退職には、一般的に退職届が必要です。

  自己都合での退職理由には、「一身上の都合」と明記しましょう。

  退職届の提出期限は、各会社の就業規則で定められていることがあります。

  上記“1.5~1ヵ月”というのは目安になりますので、規則を確認の上、期限内に提出しましょう。

  
  もし会社都合で退職する際に、退職届の提出を求められた場合は、

理由をきちんと確認しましょう。

  退職届を出すと、自己都合と判断されてしまい、

  失業保険がもらえるまでに時間が掛かったり、

受給額が少なくなったりする可能性があります。

  それでも、提出を求められた際は、

  退職理由に「退職勧奨を受けたため」や、「早期退職のため」、

  「事業所閉鎖のため」など、会社と合意していることを、しっかり明記しましょう。

  また、退職届は一度提出すると、撤回ができないため、この点には気をつけましょう。


● 引継ぎの実施(1ヵ月前~)

  退職届が受理され、後任者が決まったら、速やかに引継ぎを開始します。

  後任者が決まっていない場合は、短期間での引継ぎが必要になるため、

  誰が見てもわかるような、マニュアルなどを作成するのも良いでしょう。

  営業職などの場合は、これと合わせて取引先への挨拶回りも忘れずに行います。


退職の挨拶はどうやってするの?

退職が決まると、遅かれ早かれ訪れるのが、挨拶の場面。

朝礼であったり、定時後であったり、職場によってタイミングは様々だと思いますが、

退職の挨拶には、押さえておきたいポイントが5つあります。

その場の雰囲気で話す、というのも、ある意味自然で良いかもしれませんが、

簡潔にすっきりした旅立ちに向け、ある程度事前に考えておくことをおすすめします。

① 退職日をはっきり伝える

② 退職理由は、長々説明しない

③ 印象に残った出来事、エピソードを伝える

④ 批判的な内容は避ける

⑤ 感謝の言葉で締めくくる

それでは、上記の5つを踏まえて、挨拶の例文をご紹介します。


● 朝礼などで一言求められた場合:

  おはようございます。貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。

  私事ではございますが、本日付けで退職することになりました。

  皆さまには入社当初から、たくさんのご指導をいただき、

  ここまでやってこられたのも、皆さまの支えがあったおかげです。

  この場をお借りして、改めまして感謝をお伝えさせていただきます。

  これまで本当にありがとうございました。


● ショートスピーチの場合:

  皆さま、お忙しい中、私のために、お時間を頂戴し、ありがとうございます。

  私事ではございますが、一身上の都合により、本日付けで退職することになりました。

  振り返れば入社して○年、皆さまには本当にお世話になりました。

  当初は皆さまの顔と名前を覚えること、システムに慣れることで精一杯だったところ、

  たくさんの方に気にかけていただき、

馴染みやすい空気を作ってくださっていたことを思い出します。

  
  中でも同じチームでサポートしてくださった、○○部長や○○さん。

  日々の業務の中では、いつも本当に丁寧なサポートをいただきました。

  特に○○プロジェクトの時には、夜10時まで一緒に作業したことで、一気に距離が縮まり、

  このメンバーで仕事ができる楽しさと、達成感を味わうことができました。

  忙しい業務の合間を縫って、チームで飲みに行ったことも、何よりの思い出です!

  ここで培った経験は、私の財産です。

  この経験を活かし、さらに成長できるよう、これからも日々精進してまいります。

  最後になりましたが、皆さまのご健康とご活躍を、心からお祈りしております。

  今まで本当にありがとうございました!


まとめ

退職理由は、人それぞれ。

会社に不満があって辞めることも、少なからずあると思います。

しかし、「飛ぶ鳥あとを濁さず」に円満退社するには、

スムーズに退社準備を進めることに加え、上記でご紹介した5つを押さえた挨拶もに大切になります。

最後だから何でもあり!思いの丈をぶちまけてやろう!というのは、

浅はかな考えであることを覚えておきましょう。

今後転職した際、その取引先が今の会社であったり、

転職先に、今の会社の人の知り合いがいたりすることも否定できません。

新天地での出発前に不本意な噂が回ってしまっては、元も子もありませんよね。

どう振舞うことが一番自分のためになるかを考え、最後の時を迎えましょう。

きっとそうして、素直に感謝を伝えられる人には、この先も明るい未来が待っています。

すべては最高の人生につながっていると信じて、今置かれた環境に感謝しながら前に進みましょう。

この記事が、少しでもあなたのお役に立てたなら、幸いです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました