コーヒーの種類数は無限大!入れ方で甘いも苦いも変わる!

スポンサーリンク

いざコーヒーを飲もう!と思っても、

種類が多すぎて分かんない〜!ってなったことないですか?

私も高校時代のバイト先のファミレスで何度か聞かれたことがありますが、

何が違うのかさっぱり…って感じでした(笑)

何となく多分ミルクの量とかが違うんだろうなと言う感じです(^^;

今回はたくさんあるコーヒーの種類と特徴を苦いものから甘いものまでご紹介します♪


スポンサーリンク

【コーヒーの種類ってどれだけあるの?名前だけじゃ分からないその違いを解明します!】

一言にコーヒーと言っても味は様々ですよね!

それぞれに名前がついているのでその種類ごとに特徴をお伝えします♪

・エスプレッソ

豆を細かい粉にし、圧力をかけて抽出するコーヒーです!

色が濃くて苦味が強いというイメージのある方も多いと思います。

短時間で高圧で抽出することにより、

コーヒーの一番おいしい部分を濃縮させているコーヒーです。

なので、量が少ないことが多いですが、

使う豆の量は普通のドリップコーヒーとあまり変わりません。

それだけいい所を抽出しているということですね♪

エスプレッソの語源は、

イタリア語で「急行」を意味する言葉からきていると言われています!

エスプレッソの小さなカップは「デミスタカップ」と呼ばれています。


・ドリップコーヒー

コーヒーの粉をペーパーフィルターに入れ、カップの上に置き、

上からお湯を注いだ際にコーヒーが重力によって下に落ちたものを言います!

この抽出方法は「透過式」と呼ばれています。

この透過式は専門店以外でもご家庭などでよく使われ、

一般的なもので馴染みもあると思います(^^)

ですが、

抽出をしっかり行わなければ味わいが変わってしまうので、注意が必要です!


・ブレンドコーヒー

いくつかのコーヒー豆を混ぜて淹れたものです!

品種や産地など、

さまざまな種類の中から相性のいいコーヒー豆を使って作られます。

同じブレンドコーヒーと言っても、

ブレンドする人や店によっていろいろな味が楽しめます!


・アメリカンコーヒー

薄いコーヒーというイメージがありますが、実際はイメージとは真逆です!

ブレンドコーヒーとは焙煎の濃さが違います。

アメリカンはブレンドで使う豆より浅煎りのため、

ブレンドのようなコクや苦味、黒さがありません。

また、似た名前のアメリカーノは、

エスプレッソをお湯で割ったものを言うので、

アメリカンとはまた別のコーヒーです!

こうしてみるとそれぞれ全然別のコーヒーです!

コーヒーの種類でもこれだけ違いますが、

ミルクを入れてもまたそれぞれに名前がついていて違う味になります!

ミルクを入れたパターンの違いもチラッとお伝えします♪


・カフェラテ

エスプレッソに泡立てたミルクを入れたもの


・カプチーノ

カフェラテよりもミルクの泡の比率が多いもの


・カフェオレ

ドリップコーヒーに牛乳を入れたもの


この中で一番甘くて飲みやすいのがカプチーノです!


次にカフェオレ、カフェラテと続きます!

コーヒーの味をじっくり味わいたいのか、

甘めに飲みたいのか、これで気分に合わせたものを選べますね(^^♪


【コーヒーの元になる大事なコーヒー豆!種類の数ってどれだけあるの?】

コーヒーは淹れ方やミルクのありなしで味が変わりますが、

一番大きく味の違いに作用するのはやはり豆です!

たくさんの数があるイメージですが、いったい何種類あるのか、ご紹介していきます♪

コーヒーは今や世界約60ヵ国で生産されています!(・o・)

一言でコーヒー豆と言っても、全世界で栽培されているコーヒー豆の種類は、

なんと200種類を超えると言われています!

すごい量ですね!

産地が違えばそれぞれ色や形、香りも変わってきます。

その特徴を、代表的な3つにしぼり、ご紹介します♪

・エメラルドマウンテン

アンデス山脈のふもとで栽培されているコーヒー豆で、

甘い香りにコクと酸味、甘味のバランスが絶妙な種類です!


・グアテマラ

メキシコのホンジュラスで栽培されているコーヒー豆で、

果実香の酸味が少し強めに感じますが、苦味とのバランスのいい種類です。


・キリマンジャロ

名前の通りアメリカ大陸最高峰の山、

キリマンジャロのふもとで栽培されているコーヒー豆で、

酸味と苦味のバランスよく、甘いコクと上品な香りの種類です。

この3つはよく見かけますね♪

特徴を覚えておいて、その時の気分にあったものをチョイスしてください♪


【まとめ】

コーヒーは知れば知るほどに奥が深いですね!(^^)

熟知して使い分けてるバリスタの方は本当にすごいです…!

だからこそコーヒーショップのコーヒーは美味しいんですね(^^♪

でもその差が分かっていればコーヒーを飲むたびに楽しめて

いいリフレッシュタイムになりそうですね(^^♪

自分で淹れるにしても、

専門店で飲むにしても楽しめるぐらいにコーヒーを知っていくといいかもしれないですね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました