スポンサーリンク

背中の真ん中が痛い!呼吸をすると痛くなる!病気か?

スポンサーリンク
背中
スポンサーリンク

背中の真ん中が、寝違えたように痛い。


我慢できないほどではないけど、深呼吸をすると痛む。


背中の真ん中が痛くて、吐き気がする⋯。


背中の真ん中の上あたりが、痛いのは、何かの病気かな?

「背中の真ん中が、痛い。」


「深呼吸をすると痛む。」


こんな症状が出た時、背部痛の可能性が高いです。


また、急に痛みが出る「ぎっくり背中」の症状でもあります。


そこで、背中の真ん中が痛む原因である背部痛について調べました。

背部痛が起こる原因・症状。


背部痛が起こった場合の対処法。


その他の病気の可能性。

自分の背中の真ん中の痛みと照らし合わせてみてください。

それでは、背部痛の症状から紹介します。

背部痛の原因


背部痛は、(背中の張りやコリ→痛み)へと徐々に変わっていきます。


姿勢の維持に使われる背中の筋肉。

この筋肉は、疲労やストレスなどが原因で、固くなります。


上半身・下半身の影響を受けやすい背中の筋肉は、疲れやすいのです。

この症状が続くと、吐き気を起こすこともあります。

神経疾患が原因

背中の骨がずれて、背骨を通る神経を圧迫して、痛みが生じる。


心因性が原因

ストレスから来る疲労と睡眠不足。



運動器疾患が原因

筋肉のこわばりが原因で、痛みが起こる。



内臓疾患が原因

さまざまな内臓疾患が原因で、痛みが起こる。

神経疾患が原因

背部痛はストレスが原因になることが多いと言われています。


そこで、背部痛とストレスの関係について紹介します。



背部痛とストレスの関係

疲労と睡眠不足

ストレスで睡眠不足になる。


疲れが体に蓄積される。


蓄積されたストレス・疲労が、内臓に負担をかける。


筋肉の状態がアンバランスになる。


筋肉がアンバランスになった結果、背骨が歪んでしまう。


背部痛が起こる。

次に、背中の真ん中の痛みに吐き気の症状が出た時の病気を紹介します。

スポンサーリンク

背中が痛い! 背中の真ん中の痛みと吐き気の症状がある病気とは?

ストレスから来る症状。


背中の背骨に走っている自律神経。


ストレスで、自律神経が過度に興奮してしまい、背中が固くなる症状。


そのため、疲れやすく身体的ストレスを受けてしまいます。


その結果、吐き気の症状が起こってしまいます。


すい臓の病気から来る背中の痛みと吐き気の症状。

急性すい炎

お腹から背中に抜けるような激しい痛み。


この痛みは短時間ではなく、持続して強くなります。


そして、背中の痛み・吐き気・嘔吐などの症状。


すい臓がん

初期症状として、腹痛や背中が重苦しい。


病気が進行すると背中の痛みや吐き気・嘔吐の症状。


慢性すい炎

初期症状として、上腹部・背中の痛み。


吐き気をもよおすこともあります。


5~10年後には、糖尿病の発祥やすい臓がんのリスクも高まります。


どの医療機関で受診するか?

背中の痛みと考えると整形外科の受診を考えてしまいます。

しかし、背部痛には、内臓・血管によるものもあります。


関節痛・筋肉痛以外の症状が出た場合。

最初に、内科での受診をお勧めします。

また、帯状疱疹という、水疱性ウイルスによる場合もあります。


症状として、皮膚が、ピリピリしてから、後でブツブツ出てくる。


こういう症状の時は、皮膚科での受診をお勧めします。

次に、背中の真ん中上あたりが痛い時の対処法を紹介します。

背中が痛い! 背中の真ん中上あたりが、痛い時の対策5選。

背中の上部(首から肩甲骨あたり)に痛みを感じる症状がある病気。


代表的な5つの(症状・特徴・原因)まとめてみました。

背中の筋肉痛・筋肉疲労


症状・特徴


背中の筋肉が硬直している。


背中の張り・コリ・だるさなど違和感がある。


背中の真ん中上に、うずくような痛みがある。

原因


過剰な運動・運動不足・肩こり・背中の冷え。



対処法

固まった筋肉を伸ばすために、ストレッチをすること。


タンパク質やビタミンなどの栄養を摂ること。


筋肉痛を和らげるために、休むことが最も重要です。


※休息をして、体を回復させることを考えてください。


肩こり

症状・特徴


首すじから肩ら辺の筋肉がガチガチにこわばっている。


肩・背中ら辺が、重く感じ、張りもある。


原因


肩や首をあまり動かさない姿勢を、続けることで起こる。


肩・背中の筋肉が疲労することで、血流が悪くなる。


対処法


肩こり用のストレッチの動画を用意しました。


興味のある方は、ご覧になってください。

https://youtu.be/REEOGX1YUec



頸椎性椎間板ヘルニア

症状・特徴


肩・背中・首などに痛みやしびれ。


咳・くしゃみをした時に痛みが強くなる。

原因


加齢や腰への疲労の蓄積から来る、椎間板の老化。

対処法


診断には、レントゲンなどの画像検査を行います。

特にMRIによる検査が重要になります。

整形外科などの検査設備が整った、施設での受診をお勧めします。



変形性頚椎症

症状・特徴


肩・背中・首などに痛みやしびれ。

高齢者に多い、老化現象の一つです。

原因


加齢や首への疲労の蓄積。

対処法


専門の整形外科等での診断をお勧めします。


胸郭出口症候群


症状・特徴


首から肩甲骨にかけての痛み・しびれ。

小指・薬指の知覚異常。


首から肩が、だるく疲れやすい。

原因


胸郭出口で、神経や血管が圧迫されることが原因と言われています。

対処法


整形外科での鎮痛剤・内服薬・湿布等の治療があります。


整骨院・整体での強い治療は、

症状を悪化の可能性があるので、避けましょう。

背中が痛い~まとめ


背中の真ん中が痛い症状について書いて見ました。


最初は、背部痛だけかなぁ~って軽く考えていましたが⋯。

まあ、次から次へと色々な病気が出てきました(;^ω^)。

背中の痛みは、重要な病気の可能性があります。


軽く考えてしまうと大変なことになりかねないですね。

気になるようでしたら、ぜひ、医療機関で受診してください。

背中
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました