スポンサーリンク

鼻水の色で治りかけが分かる!?色の違いと変化と風邪の関係?

この記事は約5分で読めます。

皆さん風邪を引いたとき、

鼻水の色を確認したことがありますか?


鼻水は色によって

治りかけかどうかを判断するのは難しいです。


ただ症状が悪化しているか、

風邪の引き始めかどうかを

判断する目安にはなります。


鼻水には
様々な色と鼻水の状態があります。

例えば、
透明な色、黄色、緑色、赤色、

黒色などがあります。

透明な色にはサラッとした鼻水もあれば、

ドロドロした鼻水もあります。


黄色や緑色の鼻水基本ドロドロしています。

赤色や黒色は、鼻水に血が混じっていたり、

鼻の奥に隠れて出血している場合の色になります。


そのため鼻をかむ時に、

鼻水の状態は確認した方が良いでしょう。

鼻水は色ごとに

風邪の状態を判断することができます。


どんな色によって風邪の状態が違うのでしょうか?


スポンサーリンク

鼻水の色の変化はどうなるの?風邪の状態との関係性はあるのか?

先ほど鼻水の色で

風邪症状が悪化しているかどうかの目安になる

とお伝えしてきました。


まず、
風邪の引き始め

鼻水の色は透明でさらさらしているという

特徴があります。


そこからしばらくすると、

粘り気がでてネバネバした鼻水に変化します。


そこで少し悪化していると判断できます。


私は、
子供たちが風邪を引いた際、

「病院早めに行こうかな?」と判断するのも

このネバネバした鼻水かどうかを見て決めます。


その次に色の変化があると、

黄色や緑の鼻水が出ます。


この色は、体内に細菌やウイルスが入り、

そのウイルスや細菌と戦うために

白血球を大量に出します。

その白血球が頑張ったものが黄色の鼻水や、

他には膿や痰として体外へ排出していることになります。


しかし、
鼻水の色が黄色や緑色でもただの風邪じゃない場合があります。


それは、副鼻腔炎(前は蓄膿症)の場合です。


副鼻腔炎の場合でも

鼻水の色は黄色や緑の色になります。

風邪を引いているわけではなく、

なんか鼻がずっと詰まっているなと感じていたり、

鼻水が黄色や緑色の状態が長い事続く場合は

病院へ受診した方が良いでしょう。


その時は、
内科や小児科ではなく鼻の専門科である

耳鼻咽喉科に行くとよいでしょう。


他の科では判断できない場合もあるためです。

続いては、鼻水が赤色の場合です。

赤色の場合は
鼻の粘膜が傷ついて出血していたり、

アレルギー性鼻炎によって

鼻血と混じって出た状態という事になります。

また、
鼻の中に腫瘍がある時も

鼻水が赤色になる時があります。

他にも症状としては、

何度も血が混じっていたり、

鼻水よりも明らかに

鼻血が多くなったりという事があった場合は

病院へ受診した方がよいでしょう。


鼻水の色で治りかけがわかる?!早く鼻水を治したい!おすすめ対処法と病院へ行く目安とは??

鼻水がずっとでていると、

仕事にも支障がでますし、

寝る時も息苦しいですよね。


そこで、
鼻水を早く治るために必要な対処法をお伝えしていきます。

まずは、体をよく温めることです!

体を温めることで、鼻水も出やすくなります。

また、鍋やうどん、おかゆなどで

胃に負担のかからない栄養のある温かい物を

積極的に食べましょう。

他には、水分を多くとりましょう。

これも鼻水を出やすくするための一つになります。

鼻水にはウイルスや細菌が入っています。

まずは鼻をかみ、出すことが大切です。

お子様は鼻水を出すことが難しい子もいます。

その時は、鼻水吸引機がおすすめです!

電動の吸引機方がかなり取れますが、

お母さんの吸う力でとる吸引機も

かなり取ることができます。


お子様がいるご家庭は、

ぜひ鼻水吸引機を一つは持っていた方がいいです!


病院へ行く目安として、

透明でさらさらの時は

日々の生活に支障が出た場合は

病院を受診しましょう。

しかし、
鼻水の色が黄色や緑色の場合は

風邪にかかっている可能性があるので、

病院へ受診してください。


まとめ

今回は鼻水についてお伝えしました。

鼻水の色だけでは、

風邪が治りかけかどうかは判断できません。

しかし、風邪をひいているか、

悪化しているかの目安にはなります。

色の変化には順に透明な色、

黄色、緑色、赤色、黒色まであります。

透明な色の鼻水にも

サラサラした状態とネバネバした状態の二種類あります。


透明な色のネバネバした鼻水や、

黄色や緑色に鼻水が変化した場合は

風邪の可能性がありますので病院へ受診しましょう。


また、
赤や黒色の鼻水が出てきた場合も出血をしていたり、

鼻の奥で炎症を起こしている場合もあるので

この時も病院へ受診してください。


また鼻水を早く治す方法としては、

体を温めて栄養のある食事をすることです!


水分多く取ることも含めて、

鼻水を出やすくするための一つです。

鼻水を出すことで、症状は良くなるでしょう。

お子様がいらっしゃる場合は、

鼻水吸引機もあるとかなり便利になります。


鼻水は長引くとかなり悪化してしまったりします。

少しでも
鼻水の状態がどのようなのか分かっておくだけでも、

病院受診の目安になるので覚えておくと損はないでしょう。

タイトルとURLをコピーしました