スポンサーリンク

まだ耐える?腹痛や下痢が続く!3日以上続く場合は体からのSOS!?

スポンサーリンク

誰しもが経験したことのある腹痛や下痢。

よくある事だしと思う方も多いと思いますが、

それが3日以上続くとそれは体からのSOSのサインです(><)

単なる腹痛や下痢だったとしても中には怖い病気が潜んでいることも…….

腹痛と言っても、原因は様々なんです。

・腸の収縮や、けいれんによる腹痛(下痢、便秘が起きる)

・胆のうの収縮や、けいれんによる腹痛

・腹膜の炎症による腹痛(腹膜炎など)

今回は腹痛に潜む病気をご紹介します!


スポンサーリンク

【腹痛や下痢が続く場合は要注意!これらの症状が現れる病気とは?】

特に怖く、厄介な病気が「潰瘍性大腸炎」です。

この病気は原因不明の難病に指定されています。

症状として、粘血便が続く(良くなってもまた繰り返す)、

血便、腹痛、下痢、発熱、体重の減少、

嘔吐(おうと)、吐き気、貧血などがあります。

直腸を中心に炎症が起こり始めていき、

慢性の炎症や潰瘍(かいよう 組織が深く傷つくこと)、ただれが現れます。

しだいに大腸全体にまで広がる場合もあります。

本来体を守る防御システムである免疫が異常に働いてしまい起こる病気です。

なぜこのように免疫異常が起きてしまうのか原因は不明のようです(><)

この潰瘍性大腸炎以外にも、

若い特に女性や働き盛りの人に多い病気が、「過敏性腸症候群」です!

この過敏性腸症候群は、腸に何も異常がないのに腹痛を伴った便秘や下痢が続く病気です。

私の職場の先輩もなっていました(;▽;)

慢性的に痛みがあるようでしんどそうでしたね……

神経質な人や生真面目な人など、

ストレスを受けやすい人に発症しやすい心身症の一つです。

長い期間腹痛や下痢が続く場合や、

通勤の電車の中で何度も腹痛がある場合はこの病気が疑われるので、

一度消化器内科で診てもらいましょう!


【腹痛と下痢が続くのはツラい!1週間以上続いたらすぐ病院へ!】

腹痛を伴う下痢には2種類あります。

発症から約1週間以内に症状が落ち着くものを「急性下痢」といい、

下痢が1ヶ月以上続くものを「慢性下痢」といいます。

急性の下痢の原因は暴飲暴食や刺激物、アルコールの摂りすぎなど、

生活習慣の乱れに基づくものがほとんどです。

下痢は、有害な異物を体外に排出する生体防衛反応です!

なので下痢止め薬などで無理に下痢を止めるのはあまりおすすめ出来ません。

脱水症状にならないように水分を摂りつつ整腸剤でゆっくり止めていくのがいいでしょう!

お腹を撫でたりして温めるのも効果的です(^^)

中には命に関わる病気が隠れている場合もありますが、

下痢のほかに腹痛や胸痛、血圧低下、

ショック症状など他の症状も一緒に現れるので注意してください!

そしてより危険なのが慢性下痢です。

下痢が慢性的になると「炎症性腸疾患」や、

「大腸がん」が疑われるので1週間以上腹痛や下痢が続く場合は、

すぐに病院に行きましょう!(・o・)

その際は、
下痢の期間や排便の回数、便の色や性状などを伝えるといいですね♪


【まとめ】

急な腹痛や下痢は本当にツラいですよね(><)

時期によってはウイルス性胃腸炎やノロウイルスが流行るので

防げるお腹の不調は全力で防ぎましょう!

私は昔から便秘持ちで腹痛もよくありますし、下痢になったりもしょっちゅうです(^^;

女性は特に便秘になりやすいので、私も!という方も多いと思います。

私もそうですが、「あぁ、またいつもの腹痛だ」で終わらせないで、

一度きっちりと

自分の体と向き合うためにも消化器科を受診してみてもいいかもしれないですね♪

一時的でなく3日や1週間以上も症状が続いてしまう場合は、

体が悲鳴をあげている証拠なので無理せず休んで病院に行ってください!

現代人は忙しくストレスも多いですが、

自分の体はまず自分が大事にしてあげてください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました