スポンサーリンク

口内炎が全然治らない時は病院へ!…でも何科に行けばいいの?

スポンサーリンク
口内炎
スポンサーリンク

ひどい痛みを伴う口内炎。

放っておけば10日程で治ることがほとんどです!


ですが、口内炎がなかなか治らなくて困ってる…という方いませんか?


一刻も早く治したい場合は病院に行くのがおすすめです!


でも何科を受診すればいいのか疑問ですよね?


その疑問にお答えします!


スポンサーリンク

【とっても痛い口内炎が治らない!そんな時に行くべき病院とは?】

口内炎が治らないからいざ病院に行こうと思っても実際何科に行けばいいのか…

口の中の事だから歯医者?

それとも内科?


大きい病院によくある口腔外科に行かないとなの?


などいろいろな疑問が生まれますね(><)


実は私は過去に、大きい口内炎がなかなか治らないし、

痛いしで歯医者さんに行きました!


塗り薬を出してくれたんですが、2〜3日で治りました(^^)


歯医者さんに行ってもしっかり診てくれますよ♪

また、歯医者さんでも診てくれるのでもちろん口腔外科に行っても診てくれますよ!


そして内科!

口内炎なのに内科?と思う方もいるとは思います。


実は口内炎を診てくれる内科医の先生もいらっしゃるようです(・o・)


ですが、専門分野によっては診れない先生もいるようです。


受診する前に病院に電話して確認をしましょう(^-^)/


より専門的な診察をしてもらいたい場合は、

これまでにあげた科ではなく耳鼻咽喉科がいいですよ!


耳鼻科で診てもらえるなんて以外ですよね!(・o・)


内科や歯医者、口腔外科でも完治しない場合は、

より専門的な検査治療を耳鼻咽喉科で受けてください!


また、病院によっては口内炎外来があるところもあります!


近くにあるようならそっちに行くのもいいですね♪


【口内炎が治らないまたは繰り返す。そんな場合はもしかしたら何かの病気…?口内炎をあなどるなかれ!】

塗り薬や口内炎パッチなど試したけどなかなか治らない…

治ったけどまたすぐに出来る…

このような事で悩んでいる方は注意が必要です。


ただの口内炎と思っていても、実は病気が原因の事もあります。


病気の代表としてあげられるのが口腔がんです。


危険な症状の特徴はこちらです!


・がん化の可能性がある白板症(はくばんしょう)

舌や頬の粘膜、歯茎の一部が白くなるものです。


口内炎と同じように食べ物がしみる、歯ブラシが当たると痛いなどの症状があります。


白板症の場合は治らず範囲が広がり、白い部分が厚く盛り上がります。


びらん(粘膜の浅い欠損)や潰瘍(組織の内部まで傷つく)、

しこりがみられるようになります。


これらを伴う場合、初期の口腔がんの可能性があるため、検査をする必要があります。



・がんになっている可能性が高い紅板症(こうばんしょう)

舌や歯茎などの粘膜の一部が鮮紅色になり、あきらかに周囲と色が違うようになります。


こちらも口内炎同様、食べ物や飲み物、歯ブラシが当たると刺激があります。

ですが50%ががん化する、もしくはすでにがんになっている可能性が高いです。

もし見つかった場合は、がん化の可能性がとても高いため、手術によって切除します。

この他にも、体の不調が口内炎として出る場合は免疫がうまく働いていない場合もあります。

このような場合は、エイズや白血病などが疑われます。


また、
潰瘍性大腸炎やクローン病(腸が炎症を起こす)などの胃腸の病気でも

口に症状が出ることかあります。


これらの病気だった場合は口内炎は2週間以上治らないです!


口内炎が2週間治らないようだったら必ず早いうちに病院で診てもらいましょう!



【まとめ】

「口は万病の元」という言葉がありますよね!

虫歯や歯周病などが実は全身の病気に繋がっているということを示しています。

反対に、口に関係の無いようなところでの病気も口に何らかの異変をもたらしてしまいます。


まさに、口の健康を保つことこそが体の健康に繋がるということですね!


たかが口内炎と思わずに、治らない場合は必要な治療をしてくださいね♪

口内炎
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました