スポンサーリンク

口内炎は梅干しで治る?おばあちゃんの知恵袋は本当?

この記事は約5分で読めます。

口内炎は梅干しで治ると聞いたことありますか?

それは本当なのでしょうか?

実際、治ります。

なぜ梅干しで口内炎が治るのでしょうか?

それは梅干しに含まれるクエン酸と、

梅干しを作る時に使う塩に抗菌作用があるからです!


その抗菌作用が口内炎に効いているのです。


梅干しの皮を口内炎の部分に張り付ける

「パッチ薬」として使って治療します。


または梅干しを普通に食べるだけで

治ったという人もいます。

そのため、貼ってもよし!

食べて治すもよし!

というわけです。


そもそも口内炎はどうやってできるのでしょうか?


口内炎は様々な要因があってできます。


その要因とは何でしょうか?

口内炎の要因と

梅干し以外での治療法は

どういったものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

口内炎は梅干しで治る??口内炎のできる原因とは?

口内炎は梅干しで治ると前半でお伝えしました。

それは、
梅干しに含まれているクエン酸と塩の抗菌作用が

口内炎に効くからです。


そもそも、口内炎はなぜできるのでしょうか?

口内炎になるには様々な要因があります。

一つ目は、
免疫力低下やストレス栄養障害ベーチェット病などの

全身性疾患が原因でできるアフタ性口内炎(潰瘍性口内炎)があります。

他にも
ヘルペスウイルスによるウイルス性口内炎もあれば、

虫歯が原因のカタル性口内炎もあります。


また、
アレルギーが原因のアレルギー性口内炎や喫煙による

ニコチン性口内炎等様々な要因があります。


口内炎には様々な要因がありますが、

最大の原因は免疫力の低下です。


栄養状態が悪い、

食生活が偏ってしまっていたり生活習慣が悪いと

口内炎はできやすくなります。


私も産後すぐに口内炎にできました。


その時は、第二子を出産した後で、

上の子の育児と新生児のお世話で忙しかったです。


また、新生児のため夜の授乳やおむつ替えもあり、

上の子の夜泣きもありで寝不足でした。


他にも、
寝不足に加えて食べるものも

ぱっと食べられる

簡単なものとかにしていたこともあったために、

口内炎が口のなかにいくつかできていました。


私が口内炎できたのも、生活習慣と食生活が原因でした。


しばらく経つと口内炎がなくなっていました。

私が口内炎を改善できたのは

特別何かしたというわけではないですが、

新生児期を終えて

生活習慣が安定してきたからだと思います。


私のように梅干し以外でも改善方法はあります。

そこで口内炎の改善方法をいくつか紹介していきます。


口内炎は梅干しで治す??NGな食材もあるの??

今回は

梅干しで口内炎が治る方法をお伝えしました。


また、私は実際に

生活習慣が安定したら口内炎が改善できました。


他にも口内炎を治す方法はいくつかあります。


口内炎はストレスや疲労がたまっていると

できることがあることから、

休養をとり免疫力を回復させることが大事です。


ゆっくり入浴したり、

趣味に没頭したりするのも

ストレスを改善できることでしょう。


また、食生活も大事です。

ビタミンB2やビタミンB6が足りないと、

口内炎ができやすいです。


しかし、
ビタミンB群は尿と一緒に排泄されるため

毎日摂取する方がよいでしょう。


口内炎を改善するために必要な栄養としてあげると、

ビタミンB2が含まれている

レバーやウナギ、卵、乳製品になります。


卵や乳製品はきっと、

朝食でも取り入れやすいのでお勧めの食材になります。


他にも、
ビタミンB6、赤身の魚やヒレ肉や

ささみなどの脂の少ないものがよいでしょう。

また、バナナなどもビタミンB6などが含まれています。

朝食で取り入れやすいものばかりなので、

参考にして取り入れていきましょう。


ここまでは、

口内炎によい食材をお伝えしてきましたが

NGな食べ物もあるというのをご存じでしょうか?


食べることで口内炎を悪化させてしまうという事です。

それが、辛いものや味が濃いものと熱いものです。

辛いものというのは、

スパイスの効いたカレーや香辛料を多めに使っている

タイ料理やキムチなどです。


また、
味の濃いものというものがスナック菓子や

ソースを使っているお好み焼きなどのことを指します。


味の濃いものと辛い物は

口内炎に刺激を与えることになるので

NG食べ物となります。


他にも、熱いものもよくないとされています。


熱いものも口内炎を刺激し悪化させてしまうので、

よく冷ましてから食べるとよいでしょう。


口内炎に良いとされている食材を取り入れながら、

NG食べ物に気を付けて食生活を改善すると

口内炎の治りも早くなることでしょう。


まとめ

今回は、口内炎についてお伝えしてきました。


口内炎は、
梅干しで治るという昔からの知恵袋は

実際に効果があります。


それは
梅干しに含まれるクエン酸と作る際に使用する塩、

この二つの成分は抗菌作用があるため

口内炎の治りをよくするのです。


また、
口内炎は日々のストレスや生活環境により

できやすくなるので

ストレスを適度に発散させることが大事です。


他にも、
食生活は口内炎をできにくくするのに大切です。


口内炎ができたときにも、

良い食べ物や

逆にNGな食べ物に

気を付けることで治りが早くなります。


私のように、

生活環境を整えて食生活を見直すだけでも

口内炎の直すことができました。


皆さんも一度試してみてください。

タイトルとURLをコピーしました