スポンサーリンク

口内炎があると献血できない!?なぜダメなのかズバリ即答!

皆さん口内炎があると献血が受けられない!


断られた!という経験はありませんか?

タイトルにもあるように、

口内炎がある場合、献血を断られます。

それは口腔内の中にある常在菌が血の中に移動して

菌血症になる可能性があるからです。

口の中の菌は

血の中に移動しやすいので献血できません。

これは口内炎かな?と分からない場合は、

相談してみるのもいいかもしれません。

口内炎があると献血ができないので、

まずは口内炎にならないようにするには

どうすればよいでしょうか??

口内炎ができる原因は

どういったものがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

口内炎があると献血できない!口内炎ができないようにするには?


口内炎があると献血ができない

という事をお伝えしてきました。

では、
口内炎ができないようにするには

どうしたらいいのでしょうか?

まず初めに、
口内炎ができる原因が様々あります。

一つ目に

睡眠不足・栄養不足・疲労・ストレス等による免疫の低下です。

これらは
口内炎ができる原因の代表的な要因となっています。

まずは、しっかり睡眠をとること、

そして食事をきちんと取ることを意識して

適度にストレスを発散させましょう。

他にも、
ウイルスによる口内炎ができてしまうこともありますし、

やけどや傷によっても

口内炎ってできてしまうこともあります。

口内炎ができてしまったら、

歯医者や口腔外科などでも治療することは可能です。

また、
食事でも治療することは可能です。

口内炎ができたときは

ビタミンB2ビタミンB6などを

積極的に取り入れるとよいでしょう。

例えば、
レバーやウナギ、卵や乳製品、

赤身の魚や脂のすくないヒレ肉や

ささみもよいとされています。

また、
ビタミンB6が含まれていることから

バナナも良いとされています。

朝食にも取り入れることができる食材が

いくつもあるので参考にしてみてください。

私も口内炎ができたときに、

食事や生活習慣を見直すことで改善できました。

しかし口内炎が長引く場合もあります。


その場合は早めに病院を受診する方がよいでしょう。

これらの食事や生活習慣を改善することが

口内炎をできにくくなるので意識するとよいでしょう。

また口内炎ができなくても、

ほかの理由で

献血ができなくなる場合があるのを知っていますか?

口内炎以外で献血をお断りされるケースとは

どういったものがあるのでしょうか?


口内炎以外でもお断り??献血が受けられないケースとは??

献血をしようとして、いざ行っても

献血ができなかったという方も多いと思います。

口内炎もその一つで、

口の中にある菌が口内炎を通じて

血の中に移動してしまうからです。

菌が血の中に入らないようにするために、

お断りするという事もあります。

口内炎以外にも、

歯医者で治療受けたばっかりの人も

お断りされるという事もあります。

特に歯石をとったり、

歯科治療中に出血がある場合も

口内炎同様に出血箇所から菌が入るために

献血はできません。

また、
外傷がある方も献血できないことがあります。

例えば、

ひげを剃る時に傷つけてしまった跡や

転んで擦りむいた傷がある場合などです。

その場合傷口の様子によってはできますが、

受けられないという事もあります。

何か気になる箇所があったりする場合は

早めに相談するとよいでしょう。

他にも、

ピアスの穴をあけたかたも献血ができないことがあります。

ピアスも
医療機関や使い捨ての専用の物を使用して開けた方は一か月、

それ以外の方法で開けた場合は6か月間、献血ができません。

このように、献血するためには注意点があります。

献血は、
血液を必要としているひとの為にあります。



中には、体が弱っている人もいます。

その方々に
少しでも菌のすくない血液をお渡しする為にも、

注意点は守ることが大事です。

あれ?

この症状大丈夫かなと不安に感じるようであれば、

事前に相談するとよいでしょう。

まとめ

今回は口内炎があると献血はできないのはなぜか?


という事についてお伝えしてきました。

口内炎があると、

口の中の常在菌という菌が口内炎を通じて

血液中に入ってしまいます。

血液を必要としている人の中には

体が弱っている人もいます。



菌が入った血液をあげてしまうと、

体調を崩してしまうケースもあります。

そのため口内炎がある場合は献血ができません。

献血をするためにも、

口内炎ができないようにすることが大事です。

睡眠不足や栄養不足にならないように、

睡眠時間を確保しましょう。

また、
食事はビタミンB2やビタミンB6などを

積極的に取り入れることで

口内炎の改善や予防にもなります。


バランスの取れた食事や睡眠、

そして

適度にストレスを発散することを意識していきましょう。

また、
口内炎だけでなくても献血できない場合もあります。


歯科治療をしたばっかりの人や

ピアスの穴をあけた方など、

献血にはできない場合もあります。

それは
血液の中にできるだけ菌が入らないようにするためです。

口内炎だけでなく、

体の状態を万全にして必要としている人のためにも

献血に参加していきましょう。

健康-育児口内炎
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました