スポンサーリンク

めんどくさい同僚の扱い方! めんどくさい同僚の特徴と対処法5選!!

この記事は約5分で読めます。

どの社会にも、

必ずめんどくさい同僚っていますよね(>_<)。



はっきり言って、関わりたくないけど、

そういう訳にもいかず⋯。

そこで、今回、

めんどくさい同僚の扱い方をまとめてみました。


相手にするとめんどくさい同僚を、

どうあしらったらいいのか?

仕事を効率的にこなすため、

無駄にストレスを溜めないためにも⋯。


めんどくさい同僚の対処法を紹介します!!

めんどくさい同僚をどう扱おうか?


悩んでいるあなた。

参考になるので、読んでみてください。

それでは、最初に、

めんどくさい同僚の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

めんどくさい同僚の特徴とは?

こんな人めんどくさいよね、

って思う人の特徴を3つ紹介します。

人の揚げ足取り
ばかりしている。

人のやること、

なすことに、いちいち細かいことを指摘する人。



自分のことは、

棚に上げて人の粗探しばかりしている。


そして、上から目線で、口出しをしてきます。

自分がもっと上から評価されるべきと

不思議な自信があります。

人の粗探しをして、自分の方が優れている。


そう、周りの人にアピールをしているのです。


周りの人から、
嫌われていることに気付かない⋯。


ちょっと、哀れなピエロのような人ですね。

人の悪口と
文句ばかり言っている。


口を開けば、人の悪口と仕事の文句。


「そんなに、仕事が嫌なら辞めれば!」
って思っちゃいません。

はっきり言って聞いている方が大変ですよね。


嫌な気分になるし、

余計なトラブルに巻き込まれたくないし⋯(>_<)。

本人は、
ストレスを発散させているだけなのでしょうが⋯。

周りの人が、迷惑に感じていることに、

気付いていないのかな?


感情の起伏が激しい。

仕事先に感情の起伏が激しい人がいると、

対応がめんどくさいです。

明るく挨拶を返してくれた翌日、

挨拶をしても無視されたりします。


「何で?  どういうこと? 


一体何があったの?」


たくさんのクエスチョンが、芽生えてきます。

「なんで、
私があの人に気を遣わないといけないの?」

そう感じます。

そして、だんだん周りの人も、

めんどくさくなり敬遠してきます。

そんな、めんどくさい同僚の特徴には、

3つの共通点がありました。

空気が読めない人。

相手より優位に立ちたがる人。

偉そうな言葉が多い人。

次に、そんなめんどくさい同僚の

対処法5選を紹介します。

めんどくさい同僚の対処法5選

忙しいフリをして、
距離を取る。


最初に、めんどくさい同僚と

距離を置く理由が必要です。



「あなたのことが嫌いだから、
関わり合わないで!」

そう言いたいけど⋯。

別に正当な理由を作ります。


仕事が忙しいフリ、
どんどん仕事をする】方法です。

「今、仕事が忙しいから、
あなたの相手はできません。」



そうやって、めんどくさい同僚との

コミュニケーションを拒否します。

このやり方だと、仕事に集中できるので、

社内の評価も上がります。



信頼できる味方をつくる。


なんでも話せる
信頼できる味方をつくる方法です。



ストレスを溜め込まないで、

味方に話を聞いてもらうのです。



それだけでも、精神的にかなり助かります。

また、プライベートでも

信頼できる味方を作ってください。


そうすることで、精神的に助かりますし、

対処法も相談できます。

人は弱い生き物なのです。


一人でストレスを抱え込むと、

大変なことになりますよ。

めんどくさい同僚には、
関わらない。


同じ職場で働いているとは言え、

必ず仲良くする必要はありません。



揉める必要もないですが、

親しくする必要もないです。

必要最低限の挨拶とコミュニケーションで、

対処してください。



めんどくさい同僚には、

関わらないのが、一番です。



「頭に来てもアホとは戦うな!」

田村 耕太郎。




そんな本も売れています。

めんどくさい同僚ではなく、

仕事のできる同僚と仲良くしてください。



そうすることで、

仕事のスキルアップも狙えますよ。


めんどくさい同僚の
長所を見つける。


めんどくさい同僚と思う感情は、

相手に伝わります(>_<)。



その結果、めんどくさい同僚とさらに、

こじれた関係を招きます。

精神的にキツイやり方ですが、

めんどくさい同僚の長所を見つける方法。



そうすることで、

めんどくさい同僚への見方が変わります。



その結果、
めんどくさい同僚との関係が改善されます。

めんどくさい上司を扱う練習と思い、

長所を見つけてください。


それが、
自分を成長させるヒントにもなります。


めんどくさい同僚の話は、
聞き流す。

めんどくさい同僚の話が

明らかに間違っていた場合。



否定するのではなく、

聞き流してみるのもいいです。

そんな時に、言い返すと無駄で、

実りのない話し合いの時間がきます。



場合によっては、
めんどくさい同僚に恨まれます。



ただただ、時間と労力のムダです(;^ω^)。

こいつは、やっぱりバカだなぁって思って、

聞き流してください。

後で、信頼できる味方に、

そのことを話してみるといいです。


きっと、みんな、あなたに共感してくれます。

めんどくさい同僚にならないための注意点。

気が付いたら、自分もめんどくさい同僚と

言われていた(;^ω^)。


そうならないように、注意点を書いてみました。


協調性を持って仕事をする。

人の意見をキチンと聞くことは、大切です。


そして、自分の意見ばかりを押し通さないで、

協調性を持ってください。

勝ち負けで、仕事をするのではないです。


チームワークで、仕事をするのです。

自分の意見と異なる意見も、

いい意見なら受け入れましょう。

自分にはない、新しい発想で、

いい仕事ができますよ。


めんどくさい同僚の扱い方~まとめ。

めんどくさい同僚の扱い方を
紹介してみました。

どこの社会にも、
めんどくさい同僚は、必ずいます。


そう言う人をうまく扱って、

仕事をすることも大事な要素。

めんどくさい上司を扱うための練習として、

考えてみてください。

ポジティブに物事を受け止めて、

仕事を頑張りましょう。

タイトルとURLをコピーしました