スポンサーリンク

職場のいじめはコンプライアンスでok!裁判沙汰なら勝ち確実!

この記事は約3分で読めます。

職場でいじめにあっている!

辛い思いをするし行きたくないと

思っている方もいると思います。

やられっぱなしじゃ悔しいから

仕返ししたい

考えている方もいるのではないでしょうか?

職場でのいじめは法律的に裁けるのか?

安心して下さい!


訴える方法について解説していきます!


スポンサーリンク

職場のいじめっ子をやっつけろ!職場でいじめられた時に訴えるには?!

度々ニュースになるいじめ。

子供の間でよく起こってしまっている事が多いですが、

会社、職場でもいじめがあるのは事実です。

職場でのいじめの対応は

誤ると悪化に繋がりかねません!

仕返しするにしても慎重に行う事が大事です!

仕返しするには専門家に任せる!

そうです、弁護士さんにお任せしましょう♪

弁護士にお願いするメリットとして、

・加害者に法的制裁を与えられる

・損害賠償請求を行える

・加害者へ社内で懲戒処分がある

ひとつひとつ細かく見ていきます。

1つめの制裁とは、
刑事責任を追及できるという事です!

職場に限らず
殴る、蹴る、叩くなどの攻撃を受けた場合は、

暴行・傷害罪となります。

大勢の人が見ているところで誹謗中傷を受けた場合には、

名誉毀損(めいよきそん)罪になります。


2つめは民事責任の追及です。

精神的苦痛を与えられた事に対してや、

それが原因で精神疾患になった時などに


損害賠償請求をします。

経済的なダメージを与えることが出来ますね!

そして3つめは職場側が出してくれる処分です。

訴えを起こすとその事実は職場内に広く知れ渡ります。

そうなると会社は減給や、出勤停止、

懲戒解雇などの処分を下すパターンがほとんどです!

このようにメリットはたくさんあります!

依頼費が高くなってしまったり、

いじめが悪質でない場合には


損害賠償請求が難しいなど、


多少デメリットはあります。

それでも訴えた場合のメリットが

大きいので意を決して訴えるべきだと思います!

どんな弁護士がいいかと言うと、

やはり労働問題に強い弁護士に依頼するのがいいです。

ホームページに過去の請求額実績が載っていれば

それを参考にするのもいいですね♪

あとは相談に行った時に、

過去に何件くらいの労働問題の実績があるのかも

尋ねておくといいですよ!

では次に訴えるにあたって

大事な準備の話をしていきます!


職場でのいじめ加害者を訴える!そのために必要な準備とは?しっかり揃えて確実に勝とう!

確認に勝つためには準備が必要です!

職場でのいじめや嫌がらせなどの行為では

悔しい事ながら立証するのが難しいです。

立証出来ないと損害賠償請求をする場合は

難しくなってしまいます。

職場での
いじめや嫌がらせを立証する証拠としては

次のようなものがあります!

・加害者側から送られてきたメールの文面

・レコーダーやスマホでの録音音声

・撮影した動画

この他にも、もし精神疾患を発病したのであれば、

医師の診断書も証拠になります!

診断書をもらった場合は

必ず保存しておくようにしてください。

ここからは
職場や加害者と弁護士との間でやりとりされるので、

もう嫌な人に会う心配はありません!

準備としてはまず、交渉が行われます。

交渉で解決しない場合は、労働審判を行います。

労働審判とは裁判所に関係する人が集まり、

解決の方法を探す事です。

裁判よりも手続きが簡単で費用も少なく済み、

期間も短く済みます!

それでも解決しない場合には裁判になります。

裁判になるとその分お金も時間も労力もかかるので、

それまでに解決にもっていきたいものですね!


【まとめ】

このように職場でいじめてきた加害者を

訴えて仕返しする事は可能です!

我慢していても自分が苦しい思いをするだけです。

我慢せず専門家にお願いして成敗してもらいましょう!

そして新しい職場で

新しい楽しい生活をはじめてください(^^)

コメント

タイトルとURLをコピーしました