スポンサーリンク

口内炎でもご飯が食べられる!”しみない”お勧め食材5選とは?

この記事は約5分で読めます。

口内炎になると、
ご飯が口にしみて痛いですよね(;^ω^)。



だんだん、食事をすることが、
億劫になりがちです。


そこで、口内炎になっても食べられる食材。



子供でも、食べられる食事をまとめてみました。



口内炎にもいいと言われる栄養素
ビタミンB2」と「ビタミンB6」。


この二つは、粘膜の炎症を抑える、
口内炎に必要な栄養素です。

この栄養素を意識して食材や食事をまとめてみました。


口内炎の時の参考にしていただければ幸いです。

最初に、なぜ口内炎ができるのか?について紹介します。


口内炎は、なぜできる?

外傷や熱傷で起こる刺激


歯で思わずかんでしまい、口腔内に傷をつけてしまった。


そのため、口腔内の粘膜が傷ついて炎症を起こす。

結構、間違ってかむこともありますよね。


このパターンで口内炎を起こすことも多いです(;^ω^)。



肉体疲労と栄養不足

ビタミンB2は、代謝に関わります。


⦁ そのビタミンB2が不足すると、
口内の炎症や唇のひび割れが起こります。


⦁ 次に、

免疫のビタミンであるビタミンB6が足りなくなる。


⦁ 細菌の影響を受けて、口内炎を起こすのです。

つまり、栄養不足が原因になることもあります。

もう一つが、肉体疲労・ストレスです。


一番多い原因は、ストレスからきます。

肉体疲労や睡眠不足が原因で、

細菌のバランスが崩れます。



これが、口内炎を起こす要因なのです。

大事なことは、体をしっかりと休めること。


栄養バランスを考えた食事を取ることなのです。



次に、どんな食事がしみるのか?について紹介します。


どんな食事が、しみるの?

上記の食べ物は、口内炎の時は、避けた方がいいです。

また、乾燥した食べ物は、

粘膜を傷つける可能性があります。

⦁ 水分が多い食べ物。


⦁ 飲み込みやすいように、細かく具材を刻む。


⦁ 片栗粉でとろみをつけてみる。

※この点に気を付けてください。

次に、口内炎の時、おすすめする食材を紹介します。


こちらの記事も参考にしてみてください。



スポンサーリンク

口内炎に効く!ご飯のおすすめ食材5選

バナナ

バナナは、ビタミン・ミネラル等が、

バランス良く含まれています。



ビタミンB2・B6もあるため、

口内炎には効果的なのです!



また、美肌や貧血効果・熱中症や便秘予防と

さまざまな効果があります。


ヨーグルト

まず、水分を多く含み、

嚙まずに食べられるため、食事が楽です。

バナナやイチゴなどの果物と合わせて食べられます。


すると、栄養バランスがさらに良くなりますよ。



いろいろ工夫して食べられるので、

ビタミンB群を取り入れるといいですよ。



豆腐

水分を多く含んでいるため、

口内炎の時に食べやすいです。

ビタミンE・B1・B2・ナイアシンを含んでいます。


ビタミンB群は、皮膚や粘膜の健全化に効果があります。



但し、醤油をかけすぎると口にしみるかも知れません。



おかゆ

おかゆは水分と栄養を、体に負担をかけずに届けてくれます。

体を温める効果もあるため、

血液やリンパ液の流れが良くなります。




そのため、免疫力がアップするのです。

また、卵などを入れて、ビタミンを補うこともできます。


おかゆも、いろいろ工夫できる食材ですね。

納豆の食感は、口内炎にしみにくいですよ。

栄養価が高く、
万病に効果があると言われている納豆。


納豆を食べると
口内炎が治るという都市伝説もあるそうです。


あくまで、都市伝説ですけどね⋯(;^ω^)。

納豆に含まれる栄養素の中に、

ビタミンB2・B6があります。



これは、口内炎に効果がある栄養素です。

さらに、
栄養バランスの調整・免疫力アップの効果もあります。


納豆を食べると口内炎が治るという都市伝説。


まったくでたらめな話では、ないみたいですね。

次に、子供でも食べられる食事を紹介します。

口内炎に効くご飯。子供も食べられる調理法とは?

食材を小さく切る

食材は、嚙まなくていいように、細かく切りましょう。


そのまま、飲み込める感じにした方がいいです。

症状がひどい時は、離乳食のように、

すりつぶしてください。




食材は、柔らかく煮込む。

口内炎があると、固いものを食べづらいです。

そこで、食材は、柔らかくなるまで煮込みます。


舌で、押しつぶれる位の柔らかさが理想。

柔らかいと、痛みのあるお子さんも食べやすいですよ。




味噌やクリームの味付けが、おすすめ。

醤油や塩などの調味料は、口にしみやすいです。


そこで、しみにくく、栄養のある味付け。

味噌味又は、クリーム味の味付けをおすすめします。


クリーム味は甘いので、お子さんも喜びますよ。



料理は、常温にする。


熱いもの・冷たいものは、口にしみます。


⦁ 温かい料理は、冷まして出すこと。


⦁ 冷たいものは、常温に戻してください。

とにかく、料理は、常温を意識した方が良いです。

口内炎に向いた子供向けの料理を一品、紹介します。


※鳥のかきたまウドン


詳しいレシピは、こちらです。

https://youtu.be/9HvrNgTZoaM

口内炎に効くご飯~まとめ

口内炎について書いて見ました。


口内炎の原因としてあげられる要因。


⦁ ストレス
⦁ 栄養不足
⦁ 外傷


の3つが、主な原因です。

食事の面で、口内炎に対処するために調理の仕方。


ビタミンB群等の摂取。

さまざまな工夫があるのですね。

口内炎ができたからと、

食事を我慢することは、逆効果です。


口にしみない栄養バランスのとれた料理。


そんな食事で、口内炎を早めに治しましょう。

タイトルとURLをコピーしました