スポンサーリンク

夜驚症とてんかんは似ている!その違いと検査方法とは?

この記事は約6分で読めます。

子供が夜中に突然起き上がり

普通に話し始めたかと思えば

突然パタリと寝てしまう

微笑ましいエピソードですが

脂汗をかくほど怯えていたり

暴れ回っているのは

危険だし心配ですよね。



一般的に夜驚症

寝付いてから3時間後、

眠りが浅くなるタイミングで

一晩に1回だけということが多いです。


とはいえ決めつけるのは禁物。


一晩に何度も起こるなら

”てんかん”の可能性もあります。


この記事では

夜驚症とてんかんの違い

病院にかかる前にチェックしたいこと

てんかんが疑われる時に行う検査

についてみていきます。

スポンサーリンク

夜驚症とてんかんの違いはタイミングと回数。1回だけなら夜驚症かも。

[夜驚症とは]

夜驚症は、いわゆる夜泣きや

寝ぼけているという状態です。


てんかんとの違いは

”それによって生活に支障があるかないか”

ということです。

病名としては

睡眠時驚愕症と呼ばれます。


深い睡眠から

脳が十分に覚醒しないまま

体だけが動いている状態なのです。


寝るというのは

ごくごく当たり前の生理的欲求ですが

それを穏やかに

コントロールできるようになるのは

小学生の頃からと言われます。


睡眠中に寝言を言ったり寝相が悪かったり

立ち歩くことがあるのは

自然なことなのです。


大人だって
寝言をいうことありますもんね。


[睡眠のリズム]

睡眠には

レム睡眠とノンレム睡眠があります。


レム睡眠が浅い眠り

ノンレム睡眠が深い眠りです。


夢はレム睡眠中にみます。


新生児から1歳くらいまでは

夜中でも授乳が必要なこともあり

レム睡眠とノンレム睡眠は

はっきりとは分かれていません。


一晩ぐっすり眠るようになってくると

傍目からも

レム睡眠とノンレム睡眠の区別が

つきやすくなります。


我が家の子供たちも

観察するとレム睡眠とノンレム睡眠の

区別がつきます。


頻繁に寝返りをし寝言をいう時間帯と

ピクリとも動かない時間帯が

大体3時間おきにやってくるんです。


[穏やかにレム睡眠に
移行できないときに
夜驚症は起こる]

夜驚症は

深いノンレム睡眠から浅い眠りへの移行が

うまくいかないときに起こります。


脳の働きの方にはスイッチが入らないまま

体を動かす方のスイッチだけが

押されたような状態になります。


夢として穏やかに出てくるはずだった

日中の出来事や感情が

直接的に体の動きとして

出てしまっているのです。



[てんかんとは]

一方

てんかんは脳疾患です。


脳の細胞が過剰な興奮状態になることで

暴れたり大声をだしたり

逆に気を失って倒れてしまったり

といった症状が出るのです。


脳はまだまだ全てが

解明されていない臓器です。


そしてわかっている部位も

細かくその役割が分かれ

ほんの数ミリ移動するだけで

全く違う役割を持っています。


そのため

てんかんの発作は発生箇所によって

症状の出方がまったく違います。


全身に力が入り全く動かず

声も出せなくなる発作もあれば

コントロールできないくらい

激しく手足を振り回して

大声を出す発作もあるのです。


てんかんの診断が難しいと

言われる原因はここにあります。


[てんかんは何度も起きる]

先程お話ししたように

夜驚症は

レム睡眠とノンレム睡眠の乱れによって

引き起こされます。


睡眠リズムができてきた子供なら

眠りが浅くなる寝付いてから

3時間後くらいに1回だけ

ということが多いのです。


一方

てんかんは脳の疾患です。


発作は日中しっかりと起きて

覚醒している最中でも

夜中ぐっすり眠っている時でも

いつでも起こりうるのです。


とはいえ

自律神経のバランスに影響されるので

入眠後すぐや朝起きる直前に

起こることが比較的多いです。


同じような発作が

寝ている間何度も起きたり

日中も発生するようなら

てんかんの可能性もありますね。

夜驚症とてんかんはお医者さんでも見分けづらい?!検査方法と受信前に準備しておきたいこと。

てんかんという疾患は

名前だけは聞いたことあるけど

具体的にはどんな病気なのかわからない

という方も多いかと思います。


実際

てんかんという症状を

一生で1回でも経験するのは

全人口の10%程度の方だけです。


2回以上となるとたったの4%

正式にてんかんと病名がつくのは

1%くらいですので

聞いたことがない、

会ったことがないということがあっても

おかしくはないと思います。


お医者さんであっても

1度の発作ですぐにてんかんと

診断することはできません。


発作の状態の聞きとり

脳波の測定など

さまざまな情報を総合的に分析して

診断します。


夜驚症かもしれないけど

てんかんじゃないかと心配なあなた、

そんな時は一度

かかりつけの小児科に相談してみましょう。


ここでは

お医者さんにかかるまでに

チェックしておきたい事と

てんかんを疑われる場合に行う

検査について見ていきます。


[直接見てもらうことが大切]

体の動きや状態を

言葉だけで説明するのは難しいです。


しかも

病気かもしれないと心配している状態は

冷静に詳細を説明できないことも

あるかと思います。


てんかんはもちろん

発作的に起きる症状の説明には

動画を撮って直接

お医者さんに見てもらうのが一番です。


体のどの部位にけいれんがあるのか

呼吸に乱れはないか

何分くらい続くのかなど

正確に伝えることができます。


お子さんが泣き叫んでいたり

苦しんでいる中でカメラを回すのは

心苦しいかと思いますが

心配な症状は動画に撮っておきましょう。


また

寝付いた時間や一晩に何回あるのか

どんなことをした日に起きやすいのかなど

できる限りメモしていきましょう。


[脳波の検査は
様々なパターンで何度も]

問診の結果てんかんが疑われる場合は

夜驚症やその他の

睡眠障害の可能性を消す為に

脳波の検査を行います。


てんかんには特徴的な脳波のパターンがあり

これが出てくるかどうかを見るのです。


ただこの脳波は

いつも出ているわけではありません。


特に夜驚症は夜寝ているときに起きますから

寝ながらでないと

その脳波がてんかんなのか夜驚症なのかを

判断することはできません。


そのため

入院して長時間脳波計をつけたまま生活する

という検査になる可能性もあります。


またそのほかにも

脳内をMRIやCTといった検査で画像化し

腫瘍や怪我、血管の異常など

てんかんの原因となりうる疾患が

ないかどうかも調べます。


こうした検査は

専門の病院でないと出来ません。


いきなり診察を受けることは出来ないので

まずはかかりつけの小児科で

診察を受けましょう。


お医者さんが必要だと判断すれば

紹介状を書いて貰えます。

繊細な脳のことは早めに病院に相談を。

夜驚症であれてんかんであれ

夜十分に体を休められない状態は

子供も親も日中の活動に

支障が出てしまいます。


心配な症状は

早めに小児科で相談してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました