スポンサーリンク

スマートウォッチでGooglepayを利用する際のメリットデメリット!

この記事は約5分で読めます。

スマートウォッチは、
スマホをサポートする腕時計型端末機です。



・LINEやメールの通知を教えること。


・音楽の再生、電子決済。


・歩数計などの健康管理など。


さまざまな機能があります。

このスマートウォッチに、

Googlepayを利用できるようになりました。



電子マネー・クレジットカード・

ポイントカード・ギフトカード


を一つのアプリで管理できるGooglepay。

この機能が加わることで、

財布やスマホがなくても買い物ができます。



財布やスマホの置き忘れの心配もなくなります。

この便利なGooglepay対応のスマートウォッチ。


2021年の時点では、まだ日本で使用できません。


そこで、
Googlepay対応のスマートウォッチの情報をまとめてみました。

・スマートウォッチでできる機能。


・Googlepayでできる機能。


・ApplepayとGooglepayの比較。


・Googlepayタッチ決済はいつできるのか?


・Googlepayのメリット・デメリット。

この5点をまとめてみました。


Googlepay対応のスマートウォッチ。


まだ日本では、使用できません。



ただ、近いうちに対応できると思います。

そこで、Googlepay対応のスマートウォッチ。



この情報を紹介したいと思います。

それでは、スマートウォッチで出来る機能。



Googlepayで出来る機能。


ApplepayとGooglepayの比較。


Googlepayタッチ決済は、いつできるのか?



以上の4点を紹介します。


スポンサーリンク

スマートウォッチでGooglepayに対応するモデルの特徴

スマートウォッチの特徴


時計


見た目は、普通の時計のようですが、

スマート機能を備えています。



電子マネー


お支払いの時、
スマートウォッチをかざすだけで、完了します。



財布やスマホを取り出す手間が、かかりません。



心拍数


健康管理やスポーツの時に必要な心拍数が測れます。


測ったデータは、スマホに転送されます。



アプリの追加


機能を追加する場合は、アプリをインストールします。



さまざまなアプリをインストールすることで、

機能が充実するのです。


Googlepayの特徴


GooglepayはGoogleが提供する

スマホ決済サービスのことです。




交通系電子マネー【Suica】との連携が強いです。




通勤や通学でSuicaを使う方には、

便利なサービスです。


使える電子マネー


楽天EdynanacoWAONSuica
QUICPayiDVisaに対応しています。


複数の電子マネーを一つのアプリで管理できます。
一つ一つアプリを、ダウンロードする必要がないのです。


ApplepayとGooglepayの比較

Applepayは、

Googlepayと同じ非接触決済サービス。

iPhone対応のスマートウォッチは、

Applepayが使えます。



Googlepayは、
まだスマートウォッチ対応していません。

ただ、
Googlepayがスマートウォッチに対応した場合。


どちらが、使いやすいのか?比較してみます。

2021年1月の時点

どちらも一長一短あるものの自分が使う決済手段。


使う電子マネーなど、色々検討した方がいいです。

スマートウォッチが、Googlepayに対応した時。



状況がどう変わるのか?


この点も気になります。

Wear OS でGooglepayタッチ決済は、いつできのか?

これまで、27か国が利用できたWear OS でのGooglepay。


これが、2021年9月8日に10か国追加されました。

なんか、アジア圏は、少ないです。



追加国も、ヨーロッパ圏に偏っている感じですね。

アジア圏の利用が拡大した場合、
日本でも、利用可能になるかもしれません。

次に、Googlepayのメリット・デメリットを紹介します。


Googlepayのメリット・デメリット

Googlepayのメリット

アプリを立ち上げなくても使える。


5つの電子マネーを一つのアプリで管理。



状況次第で、
一番メリットのあるアプリを使えること。

その際、アプリを立ち上げる必要がありません。



利用する電子マネーを定員に伝えて、

スマホをかざすだけ。

ただ、QRコードで支払う場合は、

アプリ立ち上げないといけません。



Suicaが年会費無料


Googlepayは、Suicaとの連携が強いです。

通常ならビーカード利用がないと

年会費1030円(税込)が必要。



Googlepayなら

ビーカードがなくても年会費は、無料です。

Suicaチャージの単位


Applepay→1000円単位


Googlepay→1円単位

使えるお店が多い。

それ以外でも、
GPayマークのあるお店なら使えます。

また、Googlepayを使って支払う場合。


Googlepayのキャンペーンや

ポイント還元も受けられます。

Googlepayのデメリット

紛失や充電が切れると支払いできない。


スマホを紛失したり、
充電切れになると支払いができなくなります。


それは、
スマホが起動しないとGooglepayが起動できないからです。

だだ、スマートウォッチでGooglepayを利用した場合。


腕に巻いているので、紛失する可能性は、かなり低いです。

※スマホを紛失した際、不正利用される可能性があります。


Googlepayを登録したカード会社に連絡。


早急に、カードの使用を停止してください。

機種変更すると残高が利用できない


Googlepayは、
機種変更をすると残高が利用できません。


そのため、残高は、しっかりと使い切ってください。




オートチャージ機能がない。


Googlepayはオートチャージ機能がありません。


プリペイド型の電子マネーを利用する場合。


残高をチェックする必要があります。

Googlepayには、残高が指定金額より少ない場合。

【リマインド通知機能】が、通知してくれます。



いざという時のため、【リマインド通知機能】
これを活用してください。


スマートウォッチでGooglepay~まとめ。

・スマートウォッチでできる機能。


・Googlepayでできる機能。


・ApplepayとGooglepayの比較。


・Googlepayのタッチ決済はいつできるのか?


・Googlepayのメリット・デメリット。

この5点を紹介しました。


スマートウォッチは、
時計・健康管理・アプリの利用・メールの通知など、

さまざまなシーンで利用できます。

それに、Googlepayが利用できることで、
とても便利になります。

Googlepayの使えるスマートウォッチ。


楽しみにしている人は、たくさんいます。

まだまだ、日本では、使うことができませんが⋯。




しかし、

いずれにしても使える日が来るでしょう。




タイトルとURLをコピーしました