スポンサーリンク

鼻水が黄色くネバネバしているのは死骸!?風邪の始まりから終わりまで。

鼻水が出るというのは

風邪症状の中でも厄介なものです。

私も

呼吸が乱され集中力が格段に落ちるので

体は元気なのに普段より格段に効率の悪い自分に

イライラする期間です。


そんな鼻水は

思い返してみるといろんな色や状態がありますよね。

水のように垂れてくる鼻水は

まだかわいらしいものですが

黄色くネバネバとしたものは

寝起きにガチガチにガチガチに固まっていたり

鼻の穴を塞ぐように溜まったりと

あまり大っぴらには話せないような悩みもある

厄介者です。


そんな黄色のネバネバした鼻水は

風邪菌の死骸や

菌と戦った白血球の残骸が含まれています。


風邪のひき始めというよりは

治りかけのころに多く

戦っている最中から

残骸を体の外に出し切るまで続きます。


この記事では

一般的な風邪症状における鼻水の変化や

よくある黄色くネバネバした鼻水でも

注意したい症状について

見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

鼻水の黄色いネバネバは死骸?!風邪の治りかけのサインです。

風邪とは

喉や鼻からウイルスや細菌が入り込むことによって

発症します。


そのウイルスの特性や強さによって

RSウイルスアデノウイルスといった

病名がつくこともありますが

こうしたウイルスも

「ただの風邪」と言われるような風邪も

発症のしかたは基本的に同じです。


そのウイルスと

戦っているから熱が出るし

死滅した菌を排出するから咳や鼻水が出るのです。


そんな風邪の発症から完治までの流れの中で

一般的に鼻水は

サラサラ透明

ネバネバ黄色

痰が絡む

という流れをとることが多いと言われます。


あなたが風邪の時も

そうなのではないでしょうか?

同じ鼻水でも

ひき始めと治りかけで状態が違うのには

きちんとワケがあるのです。


[サラサラ透明な鼻水の役割]

まず

ウイルスが鼻に入ってくると

鼻はそれ以上奥に進ませないように

ウイルスを流し出そうとします。


これが

サラサラした透明な鼻水です。


最初にお話ししたような

ウイルスの死骸や白血球は入っていないので

無色透明サラサラのことが多いのです。


また

逆に菌やウイルスを胃まで流し落として

胃酸によってやっつけてしまう

といった戦い方もあります。


この状態の間に

きちんと鼻をかんだり

手洗いうがいを徹底すれば

完全に菌やウイルスを出し切って

風邪を発症させずに済むかもしれませんね。


[ネバネバ黄色の鼻水の役割]

最初の防御を超えて風邪を発症させてしまうと

体内では白血球など免疫力で

菌やウイルスと戦いが始まります。


体は体温を上げ

いわゆる”風邪を引いている”状態になるのです。


戦いも終盤に差し掛かると

死滅した菌やウイルス

戦い終えた白血球など

体には不要の残骸が多く発生します。


これを体外に排出するのも

鼻水の役割です。

先程の鼻水と違い

混ざり物が多い鼻水なので

色が付き粘度も上がるんですね。


[治りかけに咳が出る理由]

サラサラの鼻水に胃まで流し落とす役割があるように

鼻はその下の喉、食道や気道へ繋がっています。


鼻から喉に流れ落ちた鼻水は

痰として体の外に排出されるのです。


ですのでこの段階の咳は

コンコンという咳ではなく

ゲホッゲホッといった

ゴロゴロと痰が絡んだ咳が多くなります。


うちの子供もそうなのですが

本人は元気いっぱいなのに

咳だけ見るとこの頃の方が

むしろひどい風邪に見えてしまいます。


なかなか遊びに連れ出すこともできず

イライラが溜まってしまう残念な期間ですよね。


鼻水がまだ鼻にあるうちに

吸ってしまったりせず

きちんと鼻をかんで外に排出すれば

喉に流れ落ちる鼻水を少なくできるので

痰の絡みを抑えることができるかもしれませんね。


鼻水がなかなか治らない。黄色くネバネバした鼻水は副鼻腔炎の可能性も?

基本的には

よくある風邪症状としてじきに治っていく鼻水ですが

中にはなかなか治らない

黄色くネバネバした鼻水もあります。


ここでは

黄色くネバネバした鼻水でも

一度受診しておきたい病気について見ていきます。


[アレルギー性鼻炎]

花粉やハウスダストに

過剰に反応してしまう症状のアレルギー性鼻炎。

鼻に入ってきたものを追い出すために

最初のうちは無色透明のサラサラな鼻水が出ますが

進行すると

黄色くネバネバした鼻水に変わります。

熱などの風邪症状がないのに

黄色くネバネバした鼻水が続く時や

特定の場所で起こることが多い場合は

アレルギー性鼻炎の可能性があります。


[副鼻腔炎]

風邪などが原因で免疫力が落ち

感染してしまった菌が

副鼻腔と呼ばれる鼻の奥に広がる空間にまで

進んでしまった状態です。


副鼻腔は普段は空気で満たされ

鼻の中の調湿や換気を行なっています。


その副鼻腔に膿のように鼻水が溜まり

正しい空気の流れが滞ってしまうため

炎症を起こしてしまっているのです。


風邪に続いて起こることが多いのですが

そのまま2〜3ヶ月治らない状態を

慢性副鼻腔炎と呼びます。


ひどくなると内視鏡手術が必要になることもあるので

早めの受診が必要な病気です。


[真菌性副鼻腔炎]

風邪のウイルスではなく

真菌というカビの一種が原因の副鼻腔炎です。

黄色くネバネバした鼻水以外に

頭痛や嗅覚に異常が出ることもあり

風邪と間違われやすい症状です。


ですが

風邪ではなく菌なので抗菌剤が処方されることが多く

自己判断ができない病気です。


[異物]

小さな子供は

穴にものを入れるのが好きです。

それはちっちゃな自分のお鼻の穴でも同じです。

誤飲と同じくらい注意が必要なのです。

鼻に異物が入った場合も

そのまま気づかずに炎症を起こしてしまうと

黄色くネバネバした鼻水が出ます。

スコープやピンセットが揃い

対応にも慣れている耳鼻科なら

鼻の中を傷つけずに異物を取ることもできます。


異物が取れて炎症が治れば

鼻水も治まることが多いですよ。


いつもの風邪パターンと違うなら病院へ。

大人になると

何度か風邪を引いて

自分の風邪のパターンがわかってくるかと思います。


そろそろ鼻水が治まるのに

今回はなかなか止まらない

といったいつもと違う症状があるなら

必ず病院へ行きましょう。


鼻の症状は

内科でも耳鼻科でも診てもらうことが出来ますよ。


たかが鼻水とはいえ

長引くと鼻の中も外も荒れますし

病気の可能性もない訳ではありません。


早めの受診で

すっきりと治したいですね。

鼻水
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました