スポンサーリンク

下痢を伴う血便は病院へ!一回だけでもほったらかしがNGな訳!

この記事は約6分で読めます。

一回だけだったりすぐに治った下痢を伴う血便は

食あたりなどの細菌感染が原因かもしれません。


声に出して質問するのはもちろん

こうして文字を打って検索するのも

恥ずかしいかもしれませんが

きちんと治すには必ず病院にいきましょう。


病院に行っても、

スタッフはなんとも思っていません。


迷わず病院へ!!!!!!!


細菌は全て挙げることができないくらい

たくさんの種類があります。

細菌感染以外にも

指定難病や癌など

重大な病気のサインであることもあります。


正確な判断は病院でしかできないのです。

下痢を伴う血便なら

”消化器内科””肛門外科”

という看板の病院でみてもらうことができます。

この記事では

血便が出た時に考えられる病気と

どんな検査をする可能性があるのか

についてみていきます。


スポンサーリンク

下痢を伴う血便が起こる原因とは?

血が混ざるということは

体の中のどこかで炎症を起こしていたり

亀裂があるということです。


血は

出たばかりの新鮮で混じり気がないほど

赤く鮮やかな色になります。

便や膿が混ざっていたり

奥の方で炎症が起きていたりすると

赤黒くドロドロしたものになります。


奥に行けば行くほど

検査はしづらいものになりますが

こうした色なども診察に重要な情報になります。


カメラで撮ったものを見せるだけでも

初診には役に立つので

よく観察してから受診しましょう。


ここからは

下痢を伴う血便があった時に

考えられる病気を挙げていきます。


[食あたり]

サルモネラ菌やO-157など

細菌の付着した食べ物を食べたり

生肉などを触った手で

口や鼻を触ったりすることで起こります。


腸内で炎症が起きると

内壁が荒れて出血を起こすとがあり

血便となって出てくるのです。


下痢はもちろんですが

腹痛や発熱が起きることもあります。


こうした細菌が取り除かれれば

症状は落ち着きますが

一度炎症を起こした腸内は

すぐに元通りにはなりません。


自分の症状が治っても

体の中に菌が残っていると

周りの人に感染させてしまう可能性もあります。


海外から帰国した後に発症したなら

日本国内にはない細菌を

広めてしまうかもしれません。


治療は
お薬を飲むような簡単なものであることが多いです。

周りに広めてしまう前に

早めに受診しましょう。



[潰瘍性大腸炎]

潰瘍性大腸炎とは

大腸の中の炎症が慢性的に起きてしまう病気です。

症状が治ったりまたひどくなったりを繰り返します。

原因がはっきりしていない病気で

厚生労働省の指定難病に認定されており

難病医療費助成制度を使うことができます。


根本的治療方法がまだない病気で

症状をコントロールしながら

上手く付き合っていく方法を探る治療が続きます。


他にも

下腹部の違和感、発熱、体重減少、貧血

などの症状を伴うことが多いです。



[大腸がん]

大腸がんは

初期ではほとんど自覚症状がありません。

下痢や血便といった症状が現れる頃には

がんが進行してしまっていることも多いのです。

でも

20代30代の若い頃は

下痢や血便が見られても

すぐに癌だとは思いませんよね?


こうした症状が出た場合に

早めに病院に行かなければいけないのは

そのためなのです。


大腸がんは検診で初期のうちに見つかれば

内視鏡などの比較的簡単な手術で

取り除くことができる病気です。


健康診断や人間ドックで検査を受ける機会があれば

逃さず受診するようにしましょう。


下痢を伴う血便は何科に行けばいいの?どんな検査をするの?

先ほどお話したように

下痢を伴う血便は

消化器内科や肛門外科で診てもらうことが出来ます。


どんな病気でも

直接触ったり目で見る検査

血液や便をとって調べる検査

内視鏡などを使って内部を見る検査

などを

医師の判断で選んで行われます。



消化器内科や肛門外科で行われるこれらの検査は

具体的にどのようなものなのか見てみましょう。



[直接見る検査]

医師が直接見たり触ったりするのが

視診や触診です。

肛門鏡と言って

金属で作られたお尻専用の器具で

肛門を広げて診察します。

痔などはこれで観察できます。

直接見える位置でなくても

指で触ってポリープの有無などを

調べたりすることもあります。


医師が直接患者に触れて診る検査なので

最近では

ほんのすこしの隙間から診察できるような検査着や

カーテン越しに患部だけを出してもらうなど

配慮されている病院がほとんどです。


男性の医師が女性の患者を見る場合は

看護師など女性スタッフが

付き添うことが決められている病院もあります。


検査以外の

「ズボンを下ろしてください」

「横になってください」

と言った指示は女性スタッフから伝えられる

というような対応をしている病院も多いですよ。


恥ずかしいという気持ちに

変わりはないかと思いますが

最大限の配慮をしてくれているので

安心して診察を受けましょう。



[採取して調べる検査]

便潜血検査や

腸内細菌検査と呼ばれるものです。

自分で便を採取して検査するもので

排泄した後

綿棒のようなものに付着させ

専用の容器に入れて提出します。


症状がない時でも

飲食店で働いている方や

文化祭の飲食ブースをやるときなど

”検便”としてやったことのある方も

多いのではないでしょうか。


目に見えないほど僅かな血が混ざっていないか

どの細菌が含まれているのかなどを

調べることが出来ます。


普通に排便するだけで検査ができるので

体に負担がなく

トイレに入って自分で行うことができるので

恥ずかしくないですね。



[内部を見る検査]

内視鏡検査などの呼ばれるもので

肛門から直接

長い管の先についたカメラで観察します。


胃カメラなどと同じように体の内部を直接見ることが

きちんとした診断を出すためには大切なことです。


直接見る検査や採取して調べる検査を経て

必要だと判断されてから内視鏡検査に移ることが多く

初診で病院についてすぐやるということは

ほとんどありません。


安心してくださいね。

一昔前では

痛く苦しいものでしたが

内視鏡は年々進化しています。


入っていることがわからないくらい

細い管で行えるものもあるのです。


力を抜いて横になっているだけで終わっていた

という感想を持つ人もいます。


直接患部を切除するような治療を行う場合も

このような内視鏡が使われます。


見たくない場所だからこそきちんと見て!

肛門という言葉は

口に出すのも恥ずかしいかもしれません。

でもただ排泄の場所だからといって

軽く見るのは禁物です。


女性の診察には
女性スタッフがついてくれることも多いです。


検査器具やプライバシーに関する配慮も

どんどん進化しています。


ぜひ怖がらすに

早めに受診しましょう。

タイトルとURLをコピーしました