スポンサーリンク

鼻水が透明でネバネバしているなら副鼻腔炎かも?咳も続くなら受診して。

鼻水が透明なのにネバネバしている

咳も続く時は

副鼻腔炎の可能性も考えて

見てもいいかもしれませんね。


いわゆる”風邪”と言われる症状では

ウイルスの侵入を防ぐサラサラ透明な鼻水

ウイルスの死骸や戦った

白血球が混ざった黄色くネバネバした鼻水

鼻から喉に流れ落ちた痰の絡んだ咳

といった流れをとることが多いのです。


副鼻腔炎は

風邪が発端となり

細菌に感染することで発症することが多いです。


喉に流れ落ち

痰として絡まってしまうと

咳がひどくなることもあります。


普段はそろそろ治る頃なのに

なかなか治らない鼻水は

一度受診しておきたいですね。


発熱などの風邪症状がない鼻水は

耳鼻科でも診てもらうことができます。


この記事では

副鼻腔炎の症状や原因

一般的な治療の流れについて

見ていきたいと思います。


スポンサーリンク

鼻水がいつまでも治らない?透明でネバネバした鼻水は風邪ではないかも。

よく”蓄膿症”と呼ばれるものの

正式名称が副鼻腔炎です。


副鼻腔という場所に炎症が起こる病気を言います。


副鼻腔とは

鼻からつながり目の下や額の方まで広がる

空洞の部分です。


ここに空洞があることによって

加湿など鼻の中の空調を整え

スムーズな鼻通りや

異物の侵入を防ぐ機能が正常に働くようにしています。


副鼻腔に細菌が侵入し膿が溜まると

こうした機能が働かないだけではなく

不快感や頭痛など

日常生活にも影響が出てくるのです。


この細菌

特別なものではなく

普段ならきちんと侵入を防げているものなんですよ。


風邪の時や疲れている時など

体の抵抗力が落ちていると

バリアしきれず侵入を許してしまうのです。



アレルギーや虫歯など

鼻や喉の周りの症状がある時にも

防御の力を十分に発揮できずに

副鼻腔炎になってしまうことがあります。



普段健康な大人なら

熱さえ下がれば風邪をひいていたことなど忘れて

またバリバリ働いてしまいがちですが

鼻水や咳は

まだまだ体の抵抗力が低い証拠です。



ゆっくり休むのはなかなか難しいですが

少しだけ自分の体に目を向けてあげる必要がありますね。



鼻水が日常生活にも影響!ネバネバ臭いのはどう取り除く?

副鼻腔炎は悪化してしまうと

緑色の臭い鼻水が出たり

自分自身で臭いを感じたり

溜まった膿で頭痛が出たりなど

日常生活にも影響が出てきます。



また

鼻が詰まっていると口呼吸が増え

鼻によるウイルスや菌のフィルター機能が

十分に発揮できません。



ウイルスや花粉の侵入を防ぎきれず

風邪をひく回数も増えてしまいます。


そんな副鼻腔炎も

膿が新たに発生することなく

取り除くことができれば

副鼻腔炎を治すことができますよ。


ここでは

副鼻腔炎かも、と思って耳鼻科に行った時

どんな検査をするのか

どんな治療をするのか

について見ていきましょう。



[副鼻腔炎の検査]

副鼻腔炎の検査には

膿の状態の観察

通気量の計測

血液検査

などが用いられます。


膿の状態の観察には

内視鏡やファイバースコープ、CTが使われます。


内視鏡やファイバースコープでは

鼻の中が赤く炎症を起こしていないか

鼻水がサラサラなのかドロドロなのか

鼻茸(はなたけ)と呼ばれるポリープができていないか

などを直接診てもらえます。



CT検査では

内視鏡では見えにくい場所や

全体的な膿の溜まり具合を確認できるので

合わせて用いられることが多いです。



また

副鼻腔炎は細菌に感染することで発症するので

血液検査も行います。



[副鼻腔炎の治療]

副鼻腔炎の治療は

まず投薬や鼻の洗浄で様子を見ます。


副鼻腔炎は細菌が原因なので

抗菌剤

現在炎症が起きている箇所に対して

ステロイド系の点鼻薬

喉に流れ落ちたものをスムーズに流すために

痰切りの薬

などが用いられます。



また

すでに膿として溜まってしまっているものは

副鼻腔炎の治りを遅くしてしまうので

早めに取り除く必要があります。

病院で吸引や生理食塩水による鼻洗浄をしながら

お家では

内服薬や点鼻薬で徐々に治していくのが一般的です。



[改善しない場合は手術も]

投薬や洗浄で改善の傾向が見られない場合

大きな鼻茸がある場合

また

鼻の構造的に特に副鼻腔炎になりやすい場合は

手術という可能性も出てきます。



手術といっても

部分麻酔で日帰りでできる病院が多いです。

また

内視鏡による手術なので

お顔に傷が残ることもほとんどありません。

安心してくださいね。

ただし

鼻の構造的に副鼻腔炎になりやすいという場合は

鼻の中の空洞を

壁を取り払ってひとつにしてしまう

という

ちょっと大がかりなことになります。



不安なことは

事前にしっかりと聞いておきましょう。




地味な症状こそ早めの受診を!

鼻水という症状は

ただの風邪だと放っておきがちです。


でも

手術といった少し大がかりなことになるかもしれない

注意しておきたい症状です。


鼻の違和感は

耳鼻咽喉科で診てもらうことができます。



耳鼻咽喉科って

検索すると結構どの地域にもある身近な存在なんですよ。


熱はないのに内科に行くのはちょっと

という方も

気軽に相談できるのではないでしょうか?

鼻に違和感があると

生活の快適さにまで影響してきますよね。

早めの診察、治療で

QOL(クオリティ・オブ・ライフ)を上げましょう。

健康-育児鼻水
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました