スポンサーリンク

スマートウォッチにスマホ2台接続したい!なんとかする方法を教えます。

スポンサーリンク
スマートウォッチ
スポンサーリンク

スマートウォッチは使っていますか?


メールや電話の通知はもちろん

万歩計や消費カロリーなども計算してくれる活動量計

音楽を再生できたりなど

わざわざスマホを取り出さなくても出来ることが増えて

とっても便利ですよね?



スマートウォッチとスマホは

Bluetooth(ブルートゥース)という電波で繋げて通信しています。


携帯電話の通信料のようなお金はかかりませんが

お互いが10メートル以上離れると、通信が途切れてしまったり

Bluetoothを使って繋げられるのは、一度に1台までだったりなど

少し注意が必要な接続方法です。



そうなると疑問に思うのが

プライベート用とお仕事用で

2台のスマホは繋げられないのかなぁという点です。


どちらの着信も1台のスマートウォッチでみられたら

便利ですよね?


この記事ではこのような

スマートウォッチとスマホとの接続で

こんなことできるのかなぁ?


といった疑問点を見ていきたいと思います。



スポンサーリンク

スマートウォッチはスマホ2台持ちには向かないの?着信だけでも気付きたい!

あなたはスマホ何台お持ちですか?


お仕事でのやりとりにもLINEワークスやteamsなど

スマホでのやりとりが頻繁に使われるようになりました。


プライベート用のスマホと

お仕事用の会社から支給されたスマホと

2台持ち

という方も多いのではないでしょうか?



セキュリティのことを考えると

お仕事用とプライベート用が分かれるのは仕方のないことですが

ただでさえガラケーやちょっと前のスマホと比べて

かなり大きくなっているスマホ

両方ポケットに入れてというわけにはいきませんよね?



しかし

カバンの中に入れて持ち歩いていると

音だけではどちらがなったのかわかりづらいです。


私の場合

マナーモードに設定したスマホをカバンに入れておいて

気づけた試しがありません。


それに

仕事中はプライベート用のスマホは見ない

という方も多いと思います。


そういった場合も

子供の発熱など保育園からの連絡や

家族の緊急事態のお知らせは

すぐに受け取りたい情報です。


こういった場合できたら便利なのが

1台のスマートウォッチで2台のスマホの通知を受け取る

という使い方です。


実は

直接2台のスマホを繋ぐことはできませんが

通知を受け取れるようにするアプリがあるんです。


それが

IFTTT(イフト)というアプリです。


IF、This、Then、Thatの頭文字の組み合わせで

IF(もし)〇〇したら△△を実行する

という命令を好きなように作れるアプリです。



スマホとスマートウォッチの組み合わせ以外にも

家電の操作にも使える高機能なアプリなので

こちらでは簡単に

2台のスマホの通知を1台のスマートウォッチで受け取る

という使い方に限って詳しく説明していきます。



まずこのIFTTTを使って

1台のスマートウォッチで2台のスマホの通知を受け取れる仕組みを簡単に説明します。



スマホ②に着信が来た

IFTTTでスマホ①
スマホ②に着信がありました」
というメッセージを送る


スマホ①に繋がったスマートウォッチに
スマホ①に「スマホ②に着信がありました」という通知が来てますよ」
という通知が表示される。




こうした一連の流れの組み合わせを

アプレット」と呼びます。


スマホ①とスマホ②は

どちらがプライベート用でもお仕事用でも大丈夫です。



ですが

スマートウォッチがApple Watchなら

スマホ①はiPhoneである必要があります。


スマホ①とスマートウォッチが

連携できる組み合わせであることが大切なんですね。


スマートウォッチにスマホ2台繋げるのに料金はかかる?設定方法を詳しく説明します。 

IFTTTには

有料プランと無料プランがあります。


ですが

今回のスマートウォッチへの通知だけなら

無料プランでも充分使えます。


それでは実際に

2台のスマホの通知を受け取れるようにする設定をしていきましょう。


今回は

仕事用 Android

プライベート用 iPhone

スマートウォッチ Apple Watch

という条件で説明します。


まず両方のスマホに

IFTTTのアプリをダウンロードします。

どちらか一方で会員登録をしたら

もう一方でも同じアカウントでログインします。


次にスマホ②で「スマホ①に着信の通知を送る」指示を作ります。

[MyApplets]を開き[+]を選びます。

大きく出てきた

IF This Then ThatのうちThisを選択します。


Android Phone Callを選択します。


[select trigger]というページに移ったら

Any phone call missedを選択します。

(電話に出れなかった時という意味)


またIF This Then Thatというページに戻ってきたら

次はThatを選択します。


Notificationsを選択します。

(通知という意味)


[select action]というページに移ったら

Send a notification from the IFTTT appを選択します。

(IFTTTアプリから通知を送るという意味)


[complete action]というページに移ったら

Missed phone call fromとなっている通知文を

社用携帯に着信あり」など

実際に通知画面に出てきて欲しい通知文に変更します。


入力したら

右上のチェックマークをタップして完了です。


これで一つアプレットができました。


iPhoneには同じアカウントでログインしているので

特に作業は必要ありません。


元々iPhoneとApple Watchが連携されていれば

これでAndroidの通知も

IFTTTを通じてApple Watchに通知されるようになりました。


「とりあえずできたけど、頭では理解できてない」と心配ですよね?


一般に公開されているアプリとはいえ

元々複雑なプログラミングに手を出しているので

そう感じてしまって当然です。


でもこうしたアプレットは

たくさんのユーザーが色々なパターンで作ったものが

たくさん公開されているので

そこから選んで使うということもできるんです。


今回アプレットひとつを使って慣れたら

そうした中から選んでほかの通知も受け取れるようにすると

ますます便利になりますね。


とっても便利なIFTTTですが

ちょっとだけ注意点もあります。


・iPhoneの着信はIFTTTから通知を送ることができない。

直接繋がれたApple Watchにしか通知できないようになっている。

そのため今回のようにApple Watchを使う場合、スマホ②はAndroidである必要がある。


・iPhoneを操作中にAndroidからの通知があったら

iPhoneが通知を受け取るので

Apple Watchには通知されない。


・自分で作れるIFTTTの指示(アプレット)は無料プランなら3つまで。

他の人が作って公開しているアプレットは無制限なので

自分の欲しいアプレットを探して使うなら無料版でも大丈夫。


・完全に英語版のアプリなので

わからないことが起きても、英語を読んで理解しなければいけない。

(日本でもたくさんの方が使っているので

検索すれば解決できることがほとんどです)

IFTTTを使った通知の説明は

作業自体は簡単です。


ですが

あなたのスマホとスマートウォッチの

組み合わせのパターンで使えるかどうか

チェックしてみてくださいね。



ちょっと難しいけどやってみる価値はあり!

いかがでしたでしょうか?


英語のアプリなのと

少しだけプログラミング的な考え方が入ってくるので

ちょっと難しく見えますが

作業はとってもシンプルですよね。


ひとつできるとほかの通知にも応用できて

とても便利な生活になりそうです。


この記事を

ゆーっくり読み進めながら

ぜひ挑戦してみてくださいね!

スマートウォッチ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました