スポンサーリンク

妊婦の便秘マッサージは慎重に!知っておくべき3つの注意点!

この記事は約7分で読めます。

妊娠・出産を経験した女性の体には、

とても大きな負担が掛かります。

少しずつ元の体に戻っていきますが、

なかなか順調に進まず、

様々な体の不調を抱える人が

たくさんいらっしゃるのも事実・・・

中でも今日は、

産後の便秘について見ていきましょう。


なぜ便秘が起こるのか、

そしてその改善法などを詳しくご紹介します!


スポンサーリンク

産後は便秘になりやすい?

産後の体のトラブルで一番多いのは、

腰痛」。


出産時に大きく開いた骨盤の影響で、

妊娠前のように体重を支えることができず、

腰に負荷が掛かってしまうことで起こります。


そしてこの他に、

起こりやすい症状として挙げられるのが、

今日取り上げる「便秘」です。


それでは、なぜ産後に

「便秘」が起こりやすいのか、

その理由を見ていきましょう。


① 出産時の出血

出産時の出血により、

一時的に腸内の水分が少なくなってしまうことで、

便が出にくい状態を作ってしまいます。


② 便意の我慢

会陰切開による傷口が気になり、

「傷口が開いてしまうのではないか…」、

「いきむともっと痛くなるのではないか…」

といった心配から、

便意があっても我慢してしまう傾向にあります。


また、突然赤ちゃんが泣きだしてしまったら、

便意があっても、我慢せざるを得ない場面も

出てくることでしょう。


大腸に留まった便は、水分が徐々に

吸収されて固くなってしまうため、

結果、便秘になってしまいます。


③ 水分不足

母乳はママの血液からできているため、

授乳のたびに水分が

体から出ていくことになります。


また、慣れない子育ての毎日で、

自分の水分補給を忘れてしまったり、

食生活が乱れてしまったりすることで、

便秘になる要因を積み重ねてしまいがち。


④ 骨盤底筋の緩み

骨盤底筋は、骨盤の中にある臓器を守り、

支える役割を担っています。


妊娠・出産によって、これが弱ってしまうと、

便を押し出す力が弱くなってしまい、

便秘を引き起こします。


⑤ 直腸瘤(ちょくちょうりゅう)

直腸と膣は隣接しており、この間は脂肪などの

薄い壁で隔てられています。


出産により、直腸がこの壁を越えて

膣側にせり出してしまうことで、

うまく排便ができない状況になってしまいます。


頑固な便秘に悩む人は、

この直腸瘤になってしまっている可能性も。


産後の便秘はマッサージが効果的?

産後の体は、想像以上の負担が掛かった結果、

妊娠前とは比べ物にならないくらい、

繊細で、もろい状態にあります。


今回ご紹介した「便秘」はもちろん、

腰痛や肩こり、冷え性といった様々な不調が

起こりやすいのも理解できるでしょう。


そんな時に試していただきたいのが、

産後マッサージ」。


日ごとに自然治癒力が働きますが、

慣れない子育てに十分に取れない睡眠、

不規則な食事などが相まって、

自然治癒を促せない日々も多いはず。

新生児を抱えたママに、

そんな優雅な時間を持てる暇はありません!」

そうお思いの方も

いらっしゃるかもしれませんが、

産後マッサージというのは、

ママの体力回復を促進してくれる、

力強い味方なのです。


産後マッサージには、大きく分けて

骨盤矯正」と

全身マッサージ」の

2種類があります。

出産で大きく広がってしまった骨盤を

正しい位置に戻す「骨盤矯正」。


体の要である“腰=骨盤”を

しっかり整えることで、

便秘はもちろん、産後起こりやすい腰痛、

恥骨痛、冷え性、尿漏れなど、

様々な症状を根本的に改善することができます。


そしてもう一方の「全身マッサージ」では、

頭部、肩、腰、足つぼなど、場所は全身に渡り、

施術方法も、もみほぐしや鍼灸などの

種類があります。


血流を促進する効果があるため、

便秘や腰痛以外にも、

睡眠の質の向上や、むくみの改善、

全身の倦怠感の改善にも効果が期待できます。


産後のマッサージで気を付けたいことは?

「善は急げ!退院したら、すぐに通おう!」

「とりあえず近くに整体院があるから、

そこでいいよね?」

ちょっと待ってください!


とても繊細になった体に触れる

「産後マッサージ」ですから、

施術先を安易に決めるのはとても危険なんです。


マッサージを始める際に

必ず注意したいポイントを、

3つご紹介します。


① 産後1~2カ月経ってから!

一般的に産後約6~8週間は、

「産褥期(さんじょくき)」と呼ばれ

体が妊娠前の正常な状態に

戻ろうとする期間に当たります。


子宮が徐々に小さくなっていき、

ホルモンバランスも元の状態に

戻っていきますので、

この期間は、無理をせず、安静に

過ごすことが大切になります。


 
赤ちゃんと揃って、

産後の1ヵ月検診があると思いますので、

その時にお医者さんから、

順調に回復していますね、

という言葉をもらえたら、

マッサージをスタートできると思って

良いです。


ただし帝王切開で出産した方は、

傷口の状態がありますので、

産後2カ月以降と考えた方が安心です。


② 産後ケアを行っている施設へ!

マッサージが受けられる施設としては、

整体院、鍼灸院、リラクゼーションサロン、

カイロプラクティックが挙げられます。


家からの通いやすさも、とても重要ですが、

まず確認したいのは、

産後ケアの施術を日常的に

実施しているかどうか。


何度もお伝えしているように、

産後の体は通常とは

比べ物にならないほど繊細になっています。


産後の体に対する

知識や経験がないままに施術を行うと、

さらなる体トラブルを引き起こしてしまう

可能性も否定できません。


各施設のホームページを確認したり、

電話で相談したり、

身近に出産を経験した人がいる場合は、

話を聞いてみるのもいいかもしれませんね。


③ 最適な施設を探そう!

②でご紹介した通り、

マッサージが受けられる施設は

たくさんあります。

自分の体の状態だけでなく、

立地・費用面での通いやすさなど、

総合的に判断しましょう。

それぞれの施設について、

どのような人に向いているか

ご紹介していきます。


● 整体院

  ・ 症状が比較的軽めの方におすすめ。

  ・ 骨盤や背骨など、骨を矯正することで、
   血流や筋肉の緊張を和らげる。

  ・ 6,000円/1時間ほどで、
   割引のきく回数券を発行している施設もある。

  ・ 国家資格がいらないため、
   整体師によって知識や技術に
   大きな差が出ることがある。


 ● 鍼灸院

  ・ 症状がひどい方におすすめ。

  ・ ハンドでは届かない筋肉の深部まで
   アプローチすることができる。

  ・ 費用は一律の時間制ではなく、
   症状別に変動する施設が多い。
   (目安:5,000円/1回)

  ・ 国家資格が必要なため、
   どの鍼灸院でも一定の技術を持った
   鍼灸師の施術が受けられる。


 ● リラクゼーションサロン

  ・ 症状が比較的軽い方におすすめ。

  ・ アロマによるエステ効果や、
   空間演出などのリラクゼーション効果も
   期待できる。

  ・ 料金は施設によって大きく差があり、
   3,000円台~30,000円程度と開きがある。

  ・ 国家資格がいらないため、
   施術者によって知識や技術に
   大きな差が出ることがある。


 ● カイロプラクティック

  ・ 症状があまりひどくない方におすすめ。

  ・ 整体同様、骨や関節を
   正常な位置に戻すことで新陳代謝を上げ、
   体の不調を整える。

  ・ 整体は東洋医学に基づくのに対し、
   カイロは西洋医学に基づく施術。

  ・ 費用は5,000円/1時間程度が相場。

  ・ 国家資格はないが、民間資格が必要のため、
   カイロプラクターは一定の知識を持っている。


まとめ

いかがでしたか?

産後の弱った体にのしかかる、

たくさんの体トラブル。


赤ちゃんの健やかな成長のためにも、

ママの体ケアは切っても切り離せないもの。

たかが便秘、と軽く見ると、

長期にわたって不調から抜け出せなくなったり、

その他の不調を引き起こす可能性もあります。

「マッサージなんて贅沢!」と拒絶せず、

一度プロの手を借りることも、

今後の自分のため一度検討してみてください。

ママが健康であることが、

お子さまの幸せにも繋がるということ、

自分が子どもだった頃を思い出すと、

スッと腑に落ちるのではないでしょうか?

この記事をお読みいただき、

少しでも自分ケアに目を向けてくださるママが

増えることを願っております。


最後までお読みいただき、

ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました