スポンサーリンク

ハムスターの歯の長さはどれくらい?歯の見分け方のコツ!

みなさん、
ハムスターの歯について悩んだことはありませんか??

特に長さについて悩んでいたり、

疑問に思う人も多いと思います。

ハムスターの歯の長さは

正確に何センチという風には決まっていません。


長さを測るのも大変ですし、
ハムスターだって嫌がりますよね。


ハムスターの歯は、
上の歯より下の歯が長いのが正常です。


だいたい上の歯より
下の歯が3~4倍長いと言われています。


見てみると分かると思います。

ハムスターの歯が
異常な場合はいくつかあります。

一つ目は片方の歯だけ長いという場合も
正常な歯ではありません。

ハムスターの前歯は上下で二本ずつ生えています。

そのそれぞれ二本のうち、

片方だけ短い場合などのバランスが悪い不正咬合は

異常な歯と言えます。


二つ目に極端に歯が長い場合です。


ハムスターは歯が伸びていく生き物です。

それは、
固い殻の食べ物を食べたりすることもあるため、

歯が発達し伸びていくという風に考えられています。


通常ペットとして飼われているハムスターは、

エサを食べているときに

歯同士が当たって削れて行きます。

そのため
伸びすぎてしまうことがほとんどありません。


伸びすぎてしまうには、

エサが柔らかすぎるという原因があります。


ハムスターの歯は伸びすぎてしまうと、

うまくエサを食べることができず、

栄養が取れなくなってしまいます。


そうなると元気がなくなり弱っていきます。


また、
伸びすぎてしまうことで

お口が開いた状態になって口が乾燥し、

よだれが垂れ流し状態に

なってしまうことだってあります。



このような、
異常な歯の傾向がみられる場合は

どう対処すべきなのでしょうか??



スポンサーリンク

ハムスターの歯の長さが異常??どう対処すべきなのか!

ハムスターの歯が異常な場合を
先ほどお伝えいたしましたが、

はたしてどう対処すべきなのでしょうか。


ハムスターの歯が少し変だなと思ったら、

動物病院へ行くことをおすすめいたします。


まず、
歯のバランスが悪い時や歯が長すぎる場合は

削って調整していきます。


ハムスターは餌を食べる時に、
鼻で餌を認識します。


そのため、
エサ以外のものを口に入れる事には極端に嫌がります。


飼い主さんの
手を噛んでしまったりすることだってあります。


また、
ハムスターの口の中を怪我させてしまい

出血してしまうときもあります。


そのため絶対に自分で

削ったりするようなことがないようにしてください!

動物病院での歯の処置は簡単に行ってくれるので、

比較的金額もかからないと言われています。


ぜひ異常を見つけた場合は、

動物病院に行くことをおすすめいたします。


ここで疑問に思うのが、

その異常に気付くことができるかという点です。


ハムスターの歯に異常がある場合は

どうやったら見分けることができるのでしょうか?


ハムスターの歯の長さが異常??ハムスターの歯が異常な場合の見つけ方はこれだ!!

ハムスターの歯に異常が出ている場合、

特に長すぎる場合に見られるものは

ケージの摩耗がヒントになって気づくことができます。


噛み合わせが悪かったり、

歯の長さが長い場合に

ケージをかじって歯を削る行為をします。


ケージの中にある
プラスチック製品や木などが摩耗している場合は

歯の調整をしているという事なので

そこで見分けるとよいでしょう!


また
ハムスターによっては

歯の噛む専用の木を用意しておくといいです。


歯の噛む専用の木をかじり木とも言いますが、

それによって歯の伸びすぎを工夫して

減らすことができます。


ペレットだけでも歯は削ることができます。

しかし
ハムスターを飼うのが初めての方や

歯の長さ調整がペレットだけでは

十分できない場合等は

用意していると歯の長さをうまく調整できます。



あとは
要観察しいつもよりエサを食べなくなったとか、

口の中に出血が見られる場合等も歯の影響があります。


そういった感じで

ハムスターの歯の異常な場合を見つけていきましょう!


まとめ

今回は
ハムスターの歯の長さについてお伝えしてきました。


ハムスターの歯の長さは

どれくらいとは決まっていません。


そのため、
歯の長さ異常かなと見分ける必要があります。


異常な場合歯は、
長さが違うという不正咬合があったり、

長すぎるというものがあります。


歯が長すぎて
エサをうまく食べることができないという事があるので、

エサを食べなくなった場合は

歯が影響しているという事も視野に入れておくとよいです。


また、
ケージが摩耗しているという場合も

歯を削ろうとしている合図になります。


ハムスターの歯はペレットだけでも、

エサを食べる段階で削れていくので

長すぎることはほとんどないと言われています。


しかし
中には食べるのが苦手なハムスターもいるので、

うまく削れなくて

長くなってしまったというパターンもあります。


そういったことも踏まえて、

かじり木を用意してあげると

うまく長さを調整することができるかもしれません。



それでも、

歯が少し変だなと感じた方は

早めに動物病院へ行って受診した方が良いです。


ハムスターは歯が異常な場合は

ストレスが溜まってしまう事もあります。

すこしでもハムスターが快適に過ごせるように、

これからも観察していきましょう!

ハムスター
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました