スポンサーリンク

ハムスターにトマトは要注意!気をつければメリットも!

この記事は約6分で読めます。

大切なハムスターには

質の良い健康的な食事をとってもらいたい

と思うのは当然のことです。


でも

人間の感覚では健康的な食材が

ハムスターにも良い影響を与えるのか

とても気になります。


栄養と共に水分補給できるトマトは

生のまま食べる事ができ

人間にとっては気軽な食材のひとつです。


夏野菜は水分量が多く

あまり水を飲まないハムスターにあげたいなという方も

多いのではないでしょうか。


結論から言うとトマトは

部位や量を厳密に管理すればあげることができる

食材です。

基本的には

ハムスター用のペレットのような

バランスが考えられた食事をあげることを前提に

ご褒美のつもりで

少しだけあげるくらいがちょうどいいのです。


この記事では

ハムスターにあげることのできる
トマトの部位や量

・ハムスターの夏場の水分補給について
気にしてあげたいポイント

についてみていきたいと思います。


スポンサーリンク

ハムスターにトマトをあげる時は茎、皮、種は完全除去!水分量にも注意!

ハムスターにトマトをあげるときは

完熟トマトを1cm角に切り

皮を剥いた果肉を

週に1回以下で

というのが大前提です。


[あげる部位について]

トマトに含まれる成分の中で

ハムスターにとって危険なのは

”トマチン”という中毒成分です。

これは人間にとっても
量を摂りすぎると危険です。

トマチンは

トマトの茎や葉っぱに多く含まれ

まだ熟していない緑色のトマトにも含まれています。


トマトの緑色は危険

と覚えておくと良いですね。

また

種の部分にはトマチンは入っていませんが

ハムスターには消化できない形状です。


皮は人間でも

苦手な人、子供やお年寄り

噛み切ることができず

喉に張り付いたりする危険がある人など

注意しなければならない部位です。


ハムスターには鋭く強い前歯がありますが

膜状になった皮を噛み切るのは難しいものです。


よって

ハムスターにあげることのできる部位は

果肉のみということになります。


[量について]

ハムスターに必要な水分量は

1日に体重の10〜15%程度です。

これは

ゴールデンハムスターの大人でいうと

10〜30ccです。

30ccって

人間の大人なら一口にも満たない量ですよ。

さらに小さい種類のハムスターなら

摂取量はもっと少なくなります。

対してトマトは

重さの94%が水分でできています。

1cm角に切ったトマトは大体2gくらい。

2ccほどの水分量があるので

10ccしか飲まないハムスターなら

それだけで5分の1になってしまいます。


ハムスターにあげる食事は

乾いたものを!

という注意は本などでも書かれていますが

人間にとっては大したことない量も

ハムスターには

大きな大きな違いなのだなと実感できます。


人間でも

お水をがぶ飲みすれば

お腹が緩くなったりなど影響がありますよね。


ハムスターも下痢などを起こす可能性があるので

水分の摂取量には注意してあげたいですね。


[どうしてもあげたいならドライトマト]

とはいえトマトには

“リコピン”というとっても良い成分も含まれています。


抗酸化作用といって

体が酸化して古くなってしまうのを

抑える働きが期待されます。


これを少しでもハムスターにあげたい場合

何か手立てはないのでしょうか。

実はこうした需要は多くあるようで

小動物用のドライトマト

という商品があるのです。

人間用のものは

甘みが加えられていたり

添加物が含まれていたりするので

ペット用のシンプルなものを選びます。


ドライトマトにすることで

栄養素がぎゅっと凝縮されるので

少ない量でも効率的に栄養素を摂取出来ますよ。


甘みも増すので

もっと食べやすくなるかもしれませんね。


でも

いくら体にいいと言っても

小さなハムスターの体にはほんの少しで十分。


ミニトマトをスライスしたドライトマトなら

週末のご褒美にひとかけら

くらいで抑えておきましょう。


ハムスターにも夏野菜のメリットを。トマトを上手に取り入れて。

ハムスターに

トマトをあげたい理由として

水分補給が挙げられますが

確かにハムスターは暑さは苦手で

夏場の水分補給や体温調節は

かなり重要な問題です。


でも

ハムスターを含めて動物は

暑がっているのか寒がっているのか

なかなか分かりづらいものです。


ここでは

特に夏場のハムスターの体調管理で

注意して観察したいポイントを見ていきます。


[ハムスターの暑いサイン]

ハムスターをはじめ動物の多くはほとんど汗をかかず

人間のように

自分の体温を調節して環境に合わせる

ということが出来ません。


いつもは巣箱に入って寝ているのに

今日は顔を出している

お腹を出して寝ている

床材を避けている

といったしぐさは

ハムスターの「暑い」のサインです。


少しでも冷たい所を探して

体を冷やそうとしているのです。

そのため

おうちでハムスターを飼う場合は

おうちをハムスターの生育環境に合わせる

ことが必要になります。


ハムスターは元々

乾燥地帯の穴の中で生活する生き物で

気温 20℃〜24℃

湿度 40%〜60%

というのが最適な生育環境です。


日本の夏場は

気温も湿度もこれより随分と高くなります。

ですので

ハムスターをおうちで飼うなら

夏場は24時間エアコン付けっぱなし

という状態が必要になるのです。

また

冷たい陶器の巣箱に変える

ケージの周りに保冷剤を置く

といった工夫や

ケージの中に温湿度計を置いて

体感ではなく正確に温度と湿度を把握する

という気配りも必要になります。


[夏場の水分補給]

周りの環境に気配りをしても

気温の感じ方はそのハムスターによって違います。

ハムスター自身で

好きなタイミングで

水分補給ができる環境にしてあげるのも

大事なポイントになります。


あげすぎには注意が必要ですが

トマトをはじめ水分が多い野菜なら

自然に水分補給が出来ます。


給水器のお水も

夏の方が減りが速いことが多いので

こまめに替えてあげるといいですね。


また

気温湿度が高いということは

食材やお水も腐りやすくなるということです。


ハムスターは食べかけの食事を

巣箱に持ち帰ったり

床材の下に埋めて隠したりします。


生のトマトなどペレット以外のものをあげる時は

食べている様子をしっかり観察して

残した時はすぐに回収するようにしましょう。


給水器も

夏場は1日2~3回は交換するようにして

水垢がたまらないようにこまめに洗ってくださいね。


トマトをほおばる姿を見守る至福の時間を大切に。

たまにあげるトマトは

ハムスターにとってもご褒美ですが

人間にとってもご褒美です。


大切なハムスターが

その小さなおててで大きな野菜を抱えて食べる姿は

ハムスターを育てる醍醐味のひとつですよね。


そんなかわいい姿を

いつまでもずっと見ていられるように

トマトをあげる時には

完熟トマトを1cm角に切り

皮を剥いた果肉を

週に1回以下で

をしっかり守りましょう。



そして

気温や湿度、衛生環境にも

気をつけてあげてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました