スポンサーリンク

ハムスターの寿命が長い種類?寿命を延ばすには?

みなさんはハムスターを飼っていますか?

これから
ハムスターを家族として迎え入れる準備をしている方は、

ハムスターの寿命について気になるかなと思います。


ハムスターは

種類によって寿命が違いますが

平均で2~3年と言われています。


ハムスターには

大型と小型に分かれているのですが、

大型ハムスターである

ゴールデンハムスターの平均寿命は3年前後です。


また、
小型ハムスターの

ドワーフの平均寿命は2年前後となっています。


ハムスターはほかのペットに比べると寿命は短いのです。

その理由としては、

ハムスターの心臓の動く速さが関係しています。

人間は1分間のうちに60~90回心臓を動かします。

しかしハムスターは、1分間に500回ほど動かします。


そうなるとハムスターはどんどん衰えていき、

1歳6か月をすぎると老化現状が始まります。

長く生きるハムスターでも

ゴールデンハムスターの3年前後というわけですが、

ハムスターを長く生きるためには

どうすればよいのでしょうか?


今回は
ハムスターの老化や長生きさせる飼い方をお教えします。


スポンサーリンク

ハムスターの寿命は長いのか?!長生きできる飼い方とは?

前半で
ハムスターの平均寿命についてお伝えしましたが、

それでも飼い方によっては

平均寿命よりも短くなってしまう事もあります。


そこで
ハムスターを長生きさせる飼い方についてお伝えします。

一つ目は、
毎日のお世話を欠かさず生活環境を整えるという事です。

ハムスターは日中、寝ています。

夕方頃から起きだして活動を始めるので、

ハムスターの活動する時間帯から

日々のお世話をするとよいでしょう。


日々のお世話する内容は、

フード入れの掃除や給水ボトルの水の交換、

トイレ掃除等があります。


毎日掃除して清潔を保ち、

ストレスを与えないようにすることで

ハムスターの寿命を短くしないようにしましょう。

また定期的に大掃除することも大切です。

二つ目は、毎日の観察です。

ハムスターだけではないと思いますが、

目や口や足、手や体など隅々まで観察しておきましょう。

身体の小さなハムスターにとって、

小さなトラブルでも寿命に大きく関わってきます。

また、
週に一度はブラッシングすることで

皮膚の異常がないか観察できます。

皮膚の病気も、ハムスターの寿命に関係してきます。


三つめは、
栄養バランスに気を付けた食事にすることです。

ハムスターの食事はハムスター用の配合された、

ハムスターフードが適しています。

しかし、
たまにはタンパク質を少量与えると

丈夫な体を作ることができます。

そのため、
茹でた卵の白身や茹でた鶏のささ身、

ミルワームなどの

良質な動物性たんぱく質を与えるのが良いでしょう。

そこで注意してほしい点が、

ハムスター用以外の食事を与える時は、

必ずあげてもよい食材なのか

調べてから与えることです。

一見、
ハムスターが食べても大丈夫そうなものもありますが、

ハムスターの内臓に悪影響な食材もありますので

気を付けましょう。


食事に気を付けることは、

適正な体重を保つことにもつながります。

食事だけでなく、

運動する環境も整えることが大切になります。

人間もそうですが、

太りすぎてしまうと心臓やほかの

内臓機能に負担がかかってしまいます。

そうすると寿命を縮めてしまう事にもつながります。

ケージの中で動き回れないようでしたら、

見られる範囲で家の中のお散歩なんかでもよいでしょう。

毎日のお世話が

ハムスターの寿命が決まってきます。

しかし、
毎日のお世話をしていても老化はやってきます。

ハムスターの寿命が短くなっていくと、

どういった症状が出るのでしょうか?


ハムスターの寿命が長いのか?ハムスターの老化の兆候とは?

ハムスターにも老化があり

人間と同じような兆候がでます。

一つ目に、
歩きにくそうにしているというのがあります。

ハムスターも年を取ると、足腰が弱ってきます。

幼いころと比べると運動をしなくなり、

トイレとごはん以外は起きず寝床にいるなどの

変化がみられることがあります。


二つ目に、睡眠時間が長い事というのがあります。

ハムスターは一日中寝ていることもありますが、

おじいちゃんおばあちゃんハムスターは

数時間ほど寝ている時間が多いようです。


ストレスなく起こすのは難しいとは思いますが、

そっと起こしてあげましょう。

三つ目に固いものを食べなくなったという事も

一つの老化現象です。


これも人間と同じように、

顎が弱ってきて固いものを食べるのが

つらくなってきます。

そんな状態で固いものをたべてしまうと、

歯が折れてしまったりする可能性があります。

柔らかめの餌等もありますので、

そちらで対応していくとよいでしょう。


まとめ

今回は
ハムスターの寿命についてお伝えしてきました。

ハムスターの寿命は長いのかという事ですが、

平均寿命が2~3年ほどと

ほかの動物よりかなり短い生き物です。


ハムスターの種類の中で長い寿命も

ゴールデンハムスターの3年ほどです。

ハムスターの寿命を短くしないためにも、

ストレスを与えない環境づくりや、

毎日の観察などが大切になってくるでしょう。

そんなハムスターも、

人間と同じように老化が始まります。

老化が始まると、

エサを変えてあげるなど今までのお世話よりも

少し慎重にお世話してあげる必要が出てきます。


家族としてハムスターを迎えるのであれば、

色々勉強してお迎えしてあげてください。

ハムスター
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました