スポンサーリンク

ハムスターにいちご?我が家の2つの注意点!

この記事は約5分で読めます。

今回は、
ハムスターにいちごを与えても大丈夫なのか?

という事についてお伝えしていきます!

結論からいいますと、

ハムスターにいちごを与えるのはOKです!

与えても大丈夫という事になっていますが、

与える時の注意点はいくつかあります。


いちごは栄養価が多く美容にも良いと言われています。

しかしいちごは、水分量が多く高カロリーです!

いちごはスイカと同様水分量が多く、

100gあたり90gぐらいが水分となっています。

その為、
いちごは果物・野菜の中でも

上位の水分含有量ということでしょう。

またいちごは糖度が高くカロリーも高めです。

これらのことを考えると、

与え過ぎないようにしなくてはならないです。

いちごを与えすぎてしまうと、

下痢が多くなったり、肥満になってしまいます。

そうすると、
寿命が短くなってしまう事にもつながります。

ですので、
いちごを与える量を特に注意するべきでしょう。

これらが注意点になりますが、

その前に

ハムスターにどのように上げればいいのでしょうか?

いちごには葉がついていますよね。

そのまま与えてもいいのか気になりますよね!

ハムスターにいちごのあげ方というのがあります。

それはどのようにあげるのでしょうか?


スポンサーリンク

ハムスターにいちごをあげても大丈夫?いちごのあげ方とは??

先ほどはハムスターに

いちごをあげる時の注意点についてお伝えしました。


次はいちごのあげ方についてお伝えしていきます!


一つ目は、

いちごについているへたや葉を取り除くという事です。

ハムスターは

いちごのへたや葉を食べること自体は可能です。

しかし、
農薬を使って育てていたり

出荷時に色々な人の手が加わることになるので、

衛生面でもできるだけ取り除いてあげた方が安心なので

やってあげましょう。


二つ目に、よく熟れたいちごを与えることです。

いちごはバラ科に属しています。

そのため、
未熟期のいちごの種に毒性があると言われています。

熟れているかどうか分からないという方は、

赤くなっていれば

熟れているという事になっているので

参考にしてください。


三つ目に、

あげる時のいちごのサイズですが

ゴールデンハムスターのような体が大きなハムスターは

1㎝角くらいにしてからあげましょう。

ジャンガリアンハムスターのような

小さなドワーフハムスターには

5㎜角くらい小さくしてからあげるのがよいです。


四つ目に、あげる頻度をお伝えいたします。

頻度は、週に一度で十分です。

いちごには
いろいろな栄養素があるので良いですが、

主食はペレットになります。

いちごは補助食品としてあげるとよいでしょう。

あげすぎてしまうと、

主食のペレットを食べなくなってしまいます。

いちごを与える頻度は注意しましょう。

これまでが、いちごの与え方になります。

他にも、
ハムスターに与えてよい果物はあるのでしょうか?


ハムスターにいちごは与えてOK!それ以外の果物はどうなの?

前半にはハムスターには

いちごを与えてよいのかという事をお伝えしました。

しかしほかの果物はあげてもよいのでしょうか?

それについてですが、

基本的にはどの果物も上げることは

大丈夫と言われています。


バナナやミカン、リンゴなどがあります。

しかし、
いちごのような葉がついてるものは取り除き、

食べやすくすることは基本になるので

与える時は注意しましょう。

また、
いちご以外の果物も糖分は多く含まれています。

そのため、
果物をあげるペースは一週間に一度でよいでしょう。

ただ、中にはあげてはいけない果物もあります。

それが桃になります。

桃をハムスターに与えてしまうと、

中毒症状が出ると言われています。

そのため、
桃を与える事はやめた方がいいですね。

果物のあげすぎは、

主食であるペレットを

食べなくなる原因となる場合があります。

ハムスターは繊細な生き物なので、

体型変化や食生活、

環境変化で寿命を縮めてしまうことだってあります。

果物をあげる時は注意点を守り与えていきましょう。


まとめ

今回はハムスターにはいちごを与えてもよいのか

ということについてお伝えしました。

ハムスターにいちごを与えても大丈夫です。

しかし注意点があります。

水分量が多く糖度の高いいちごは、

あげすぎると肥満につながり寿命が縮まってしまいます。

また、
食べやすい大きさにしてあげることや

熟したいちごを与えるようにしましょう。

未熟なままのいちごは

毒性があると言われているので、

赤くなっているものから与えるとよいでしょう。

その他の果物に関しても

基本的には与える事は大丈夫と言われていますが、

桃に関して中毒性があると言われているので

やめましょう。

また主食のペレットを食べなくならないように

果物は週に1回以下にしておくとよいでしょう。

ハムスターの基本の食事はペレットで、

果物は人間でいう補助食品になります。

補助でハムスターの健康を補い、

寿命が縮まないようにしてあげると

一緒にいられ時間が増えるのではないでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました