スポンサーリンク

腹痛!原因不明の激痛は躊躇わずに病院へ!お腹の場所により原因は様々です!

お腹は臓器がまとまって入っている場所です。

腹痛は臓器の数だけありますし

実は

全くお腹に関係なくても起きるものなんです。


学校や幼稚園が不安など

子供の頃はそんなことで痛くなることも

ありましたよね。



痛みがさほど強烈ではない時は

どんな痛みか自分でもはっきりしないものですが

よく観察してみると

それぞれちょっとした違いがあるんです。


どのように痛いのか

診察するお医者さんにとっては重要な情報です。


適切な治療を受けるためにも

どのような痛みなのか言葉にしてみましょう。

この記事では

原因別の腹痛の特徴

すぐにでも病院に行って欲しい危険なサインについて

みていきます。


病気の診断ができるのは医師だけです。

自己判断で終わらせることなく

どんな軽い症状でも病院に行くことは

躊躇わないでくださいね。

スポンサーリンク

腹痛って原因不明が多い!下腹部も左右で原因が変わります。

お腹を壊した時の痛み

生理痛の痛み

すきっ腹にドカ食いをした時の痛みなど

あなたにとってよくある痛みなら

あぁこれはあの痛みか

とすぐに分かりますよね。



でも

これはいつもと違うけど

どう違うか自分でもよくわからない

くらいの痛みって困りますよね。


日常生活もままならないような痛みなら

すぐにでも病院に行こうとなりますが

なんとなく痛いけど仕事はできてしまうという痛みだと

どの程度緊急性があるのか逆に困ってしまいます。


病院に行ってもなんて説明したらいいのか

自分のこととはいえ

言葉で表現するのは難しいものです。


ここではそんな腹痛を

原因別に言葉で説明していきます。


[内臓痛]

内臓痛は主に腸などの消化器で起きた

痙攣や伸縮が原因で起こる腹痛です。

下痢や吐き気をともなう風邪などで

起こることが多い痛みです。


内臓痛は

例えばお腹を温めたり安静にしていれば

座ってデスクワークくらいはできるというような

耐えられる、鈍い痛みが続くものです。

しばらく時間が経つと

治っていくことが多いのも特徴です。


[体性痛]

体性痛は痛む場所がはっきりとわかる腹痛です。

症状のある臓器のその場所が痛むことが多いです。

体を突き刺すような鋭い痛みが

起こることもあります。


緊急で治療が必要な疾患で

このような痛みが起こることが多いです。

虫垂炎であれば右下

S字結腸捻転なら左下など

部位によって病気を予測することもできます。


ただし

体の中の臓器は複雑に入り組んでいます。

例えば

腎臓は人体模型で見ると肝臓や胃の後ろにあり

正面からは見えません。

女性であれば

卵巣や卵管は左右どちらにもあります。

ですから

具体的な位置ははっきりと医師に

申告する必要はありますが

そこが直接の原因ではないかもしれない

ということも覚えておきましょう。


[関連痛や心因痛]

関連痛は内臓からの痛みが刺激として皮膚に伝わり

離れた部位が痛いと感じることを言います。

腹痛であってもお腹が原因とは限らないのです。

また

ストレスを感じていると自律神経が乱れ

消化運動を行う命令が適切に出されないことがあります。

この場合

痛みの出どころは消化器ですが

真の原因は自律神経ということになります。

こうしたものを心因痛と言います。


腹痛は診察時間を待ってもOK!原因不明のままではダメ!病院には行きましょう。

腹痛はほとんどの場合

軽度の病気が原因であることが多く

日中の診察時間を待っても大丈夫なことが多いです。


ですが

時には重大な病気が潜んでいることもあります。

また

自分では立てないほどの強い痛みが

起こることもあります。


ここではそんな

急を要する病気など救急車を呼ぶような痛みと

次の診察時間を待っても

いい痛みについてみていきます。


[救急車を呼ぶべき腹痛]

ほとんどの腹痛は

”結果的には”緊急性がなかった

というものがほとんどです。


ですが

・これまで経験したことがないくらい痛い

・いつまで経っても痛みが弱まらない、
もしくは強くなっていく

・お腹に力が入りすぎて硬くなるような痛み

こうした耐え難い痛みは

救急車を呼んでもいいでしょう。

ごくまれに
非常に緊急性の高いものもあるからです。


例えば

心筋梗塞は非常に緊急性の高い病気ですが

その痛みはみぞおち付近に感じることもあり

心臓の疾患が見落とされることもあります。


とはいえ

まさに今痛みを感じているという時に

冷静に痛みを分析している余裕はないですよね。


耐え難い痛みを感じている

でも救急車かどうか判断がつかない時は

まずは#7119に相談してみましょう。


専門のスタッフが症状を聞いた上で

本当に必要な場合は119番に繋いでくれます。


大したことがなかったのに救急車を呼んでしまったと

心苦しくなることもなくなります。


ぜひ積極的に活用しましょう。


[救急外来も選択肢に入る腹痛]

上のようなこれまで経験したことのない痛みでも

タクシーや家族の運転する車で移動できる

安全を確保しながらの移動ができるなら

なるべくそうすることが救急の負担を

減らすことにつながります。


自分で病院に行くことができる

それでもなるべく早く、

日中の診察時間を待つのは危険な場合もあります。


そうした症状は救急外来を受診することができます。


吐き気をともなう腹痛なら

水分が取れるかどうかを判断の基準にします。

繰り返し吐き続け水分が入らないままだと

脱水症状が起きる危険性もあります。

一般的に盲腸と呼ばれる虫垂炎も

数時間単位でだんだん進行していく病気です。

早い段階であれば入院や手術をせずに

治療することができるかもしれません。


[診察時間を待って
早めに受診したい腹痛]

座っていれば耐えられるような痛みや

眠れる程度の痛みが続いていたり

だんだん引いていくような痛みは

次の診察時間まで待っても良いでしょう。


吐き気があっても何回かで治ったり

水分が取れているのであれば待っても大丈夫です。

ただし
上のような強い痛みに変わっていかないかどうか

注意してみておきましょう。


痛みが増していくようなら

救急外来も選択肢に入ってきます。


どこがどう痛いのか言葉にするのが大切。

体の中は複雑に臓器が入り組んでいて

腹痛の原因は分かりづらいものです。

ちょっとした痛みなら

先延ばしにしてしまいがちでもあります。


手や足のように骨折などで使えなくなって

困るような場所でもありませんしね。


でも体を通常通り動かしていくためには

一つの臓器も欠けてはいけません。


どこがどのように痛いのか

きちんと伝えて

適切な治療を受けられるようにしましょう。

健康-育児腹痛
スポンサーリンク
スポンサーリンク
swollaws1をフォローする
スポンサーリンク
価値のある情報を提供。
タイトルとURLをコピーしました